生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー
美容TOP  お肌編  手のケア編  その他  知恵袋投票結果  クイズ!  アンケ(2択)  アンケ(複択) 
HOME > 美容知恵袋TOP > その他 > 便秘によく効く料理や飲み物のレシピ一覧

便秘によく効く料理や飲み物のレシピ一覧


便秘の種類にあった料理や飲み物を


便秘には大きく分けて2種類あります。ひとつはストレスなどが原因の痙攣性便秘で、もうひとつは腸の蠕動運動の低下や便意への刺激の反応の鈍化により起こる習慣性便秘です。便秘の種類についてはくわしくは便秘の種類と原因で解説します。

便秘は種類によって対応も変わってきます。基本は習慣性便秘なら腸内環境を整え蠕動運動を刺激するような食物繊維や善玉菌が豊富に含まれる食品をしっかりと摂取することを心がけ、痙攣性便秘ならあまり刺激の少ない消化のよい食品の摂取が望まれます。便秘の対処法については詳しくは便秘対策、生活習慣や食事内容の改善で便秘を解消で解説します。

ここでは痙攣性便秘、習慣性便秘それぞれに対しておすすめの料理や飲み物のレシピを紹介します。


あると便利なミキサー


便秘解消によくきく飲み物を作る際に、ミキサーが必要となるものも少なくありません。りんごやバナナ、じゃがいもなどを水や牛乳、ヨーグルトなどと一緒にミキサーにかければ、手軽に便秘対策の健康飲料が出来上がります。ないという方もこの機会に購入されてみてはいかがでしょうか。


ココアヨーグルト


食物繊維が豊富なココアと善玉菌のビフィズス菌が豊富なヨーグルトを使った簡単レシピです。善玉菌は腸内の環境を正常に維持する働きと蠕動運動を刺激する働きがあります。食物繊維は腸内環境を整えるとともに、便のかさをまして蠕動運動を促進させる働きがあります。また善玉菌の栄養源にもなります。両者を一度に取れるココアヨーグルトが便秘にはおすすめです。毎朝の食事に加えるといいでしょう。

レシピ(1回分)
ヨーグルト
ココアパウダー
… 150cc
… 小さじ1

ヨーグルトにココアパウダーを加えよく混ぜ合わせます。ココアパウダーが無糖の場合は蜂蜜を適量加えてもいいです。


きなこバナナドリンク


食物繊維には水に溶ける水溶性のものと溶けない不溶性のものの2種類があります。便秘には両方を摂取するとより効果的です。バナナには両方の食物繊維がバランスよく含まれています。さらに少し青っぽいものには善玉菌の栄養となるデンプンも多く含まれています。このバナナに同じく食物繊維の豊富なきなこや善玉菌が含まれるヨーグルトをあわせてミキサーにかけてドリンクにしてのみます。バナナは体を冷やす作用もあるので冷え性の人にはあまり向いていません。のむ場合も1本程度に抑えましょう

レシピ(1回分)
バナナ
きなこ
牛乳
ヨーグルト
はちみつ
… 1本
… 大さじ1
… 100cc
… 100cc
… 適量

材料をミキサーにかけてドリンクにし、お好みではちみつを適量加えて味を調節します。


さつまいものおかゆ


さつまいもも食物繊維が豊富な食品として有名です。さつまいもはじゃがいもの二倍の食物繊維を含みます。そんなさつまいもを使ったレシピです。

レシピ(1回分)

和風だし
さつまいも
ごま塩
… 1/4カップ
… 300cc
… 30g
… 少量

1.米はよくといで30分ほど水に浸けておきます。

2.サツマイモは皮付きのまま1cm角にきります。あく抜きのために水に浸けておきます。

3.鍋によく水を切った米とだし汁をいれ、火にかけ沸騰したら弱火にして20分ほど炊き込みます。冷や飯を使う場合は炊き込む時間は5分ほどでいいです。

4.さつまいもを加えて10〜15分ほどさらに火にかけます。

5.茶碗にもってごま塩を適量かけてできあがりです。


ハブ茶


ハブ茶にはエビスグサの種子が使われます。この種子は中国ではケツメイシ(決名子)ともよばれ、昔から便秘の薬としても使われてきました。以下にハブ茶の作り方を解説します

1.やかんに8分目まで水をいれ、種子を小さじ2杯分いれ火にかける。

2.沸騰したら弱火にして20分〜30分ほど煎じます。外皮が破れて濃い麦茶のような色になったら火をとめます。

3.煎じた汁を毎朝起きたときや、空腹時、食事の前などに飲むとよいです。


アロエの煎じ汁


アロエは腸の蠕動運動を刺激して排便を促す働きがあり、下剤としての作用は古くから知られてきました。生のままかじったり、おろし汁を飲むとより即効性があります。ただし刺激が強いので妊婦や月経中の人、体調の弱っている人は利用は控えたほうがいいです。生だと刺激が強いので煎じたものを利用してもいいでしょう。

レシピ
アロエ
… 4,5枚

1.アロエの葉を4、5枚用意し、両端のトゲを包丁で切り落とします。

2.葉を薄く切り、鍋に入れて、アロエの葉と同量の水を加えて火に書け、半分になるまで煎じます。

3.煎じた汁は冷蔵庫での保存がききます。一回の使用量は大さじ1杯ほどで飲みにくいならはちみつを加えてもいいでしょう。1日の目安は食後に3回です。


センナの煎じ汁


センナの葉はヨーロッパからアジアまで古くから便秘の民間薬として利用されてきたものです。センナの葉に含まれるセンノサイドA・B、マグネシウムはいずれも下剤としての作用の強い成分です。センナの葉は通常煎じてのみますが、葉が薄いので湯飲みに葉をいれ、そのまま熱湯を注いでも成分がにじみ出てきます。効能には個人差があるので、便の状況に応じて使う量や頻度を調節しましょう。

1.センナの葉ひとつまみ(1〜2g)を湯飲みにいれ、100ccの熱湯を注ぐ。

2.さめたらその上澄みをのむ


ノイバラの実の煎じ汁


庭や野原などで見かけるノイバラ(ノバラ(野薔薇)ともいう)は春になると花を咲かせ、花が終わると赤い小さな果実を実らせます。この果実も古くから下剤として利用されてきました。ノイバラの実を煎じたものを利用します。即効性があるのでいきなり多量を使用せず、徐々に量を増やしていくようにしましょう。

1.ノイバラの実5、6粒をコップ一杯の水で煎じ、水の量が半分になるまで煎じます。

2.これを1日に2回に分けて服用します。


りんごとセロリのジュース


りんごもセロリも食物繊維の豊富な食品です。セロリの香り成分にはイライラを沈める作用もあり、ビタミンやカルシウムも多く含まれているので疲労回復にも効果的です。

レシピ(1回分)
セロリ(茎の部分)
りんご

… 1/2本
… 1/2個
… 150cc

1.セロリは筋をとって荒く刻み、りんごは皮をむいて種を取り除いたあと刻みます。

2.りんごとセロリに水を加えてミキサーにかけます。

3.そのまま飲むと食物繊維もしっかり取れますが、繊維が多くてのみづらい場合は、キッチンペーパーかふきんでこしてから飲むといいでしょう。


黒ごま汁粉


痙攣性便秘の場合は便秘が続いた後乾燥した便が出るのが特徴です。そのため腸内を潤す働きのある食事が適していて黒ごまなどが最適です。黒ごまには良質なたんぱく質、脂質、ミネラル類が含まれていて、腸内を潤す働きがあります。黒ごまをすって毎日の食事やおひたしなどに振りかけてもいいですが、黒ごま汁粉を作ってもいいでしょう。作るのにはやや手間がかかります。おやつ感覚でいただくといいでしょう。

レシピ(8杯分)
黒ごま
玄米
蜂蜜

… 約70g
… 70g
… 適量
… 2リットル(10カップ)

1.黒ごまを軽くからいりし、玄米は洗って水を切っておきます。

2.ミキサーに黒ごまと玄米をいれ、水1カップを加えながらミキサーにかけていきます。

3.ミキサーしたものを裏ごしして鍋に入れます。

4.鍋に水9カップを加え、強火で沸騰させたあと弱火にして20分ほど煮ます。

5.だまになりやすいので適度にかき混ぜながら火にかけます。

6.火をとめ冷まし、のめるぐらいの温度になったら湯飲みに入れて、お好みで蜂蜜を加えて混ぜてからのみます。


くるみ茶


くるみにも上質なたんぱく質や脂質が豊富に含まれていて、腸内を潤す働きがあります。くるみと黒ごまで作るくるみ茶を常用することでかたくなった便を柔らかくすることができます。痙攣性便秘には黒ごま汁粉と同様効果的です。くるみには緩下作用があるので、下痢を起こしているときには多食は控えましょう。

レシピ
黒ごま
クルミ
… 60g
… 60g

黒ごまとクルミをすり鉢でよくすって粉末にします。粉末にしたものを小さじ1とって湯飲みにいれ、お湯を注いでのみます。





※ 参考文献
食べて治す医学大事典
じぶんでつくるくすり箱
おばあちゃんの知恵袋


公開日 2016/04/06
 TOPへ   美容TOPへ   HOMEへ




お肌編


手のケア編


その他





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved