HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > きゅうりの保存方法、長持ちのコツ

きゅうりの保存方法、長持ちのコツ




・きゅうりの保存方法


・保存環境


※マークの見方
 常温保存  冷蔵庫保存  冷凍庫保存

水けをしっかりと取る

きゅうりとは水気に弱い野菜で、表面に水分がついているとそこから腐り始めてしまいます。保存するときはよく水分をふき取りましょう。きゅうりはそれほど日持ちのいい食べ物ではありません。きゅうりはその大半が水分から構成されるので、日がたち水分が抜けていくと、味や食感が極端に落ちます。常温なら1、2日、冷蔵庫でも4、5日が限度です。

新聞紙で包んで保存

新聞紙できゅうりを包んで保存するとよいです。ビニール袋でもかまいませんがその場合は、密封せずにふたを開いて保存します。きゅうりは水分を多く含んだ野菜です。密封した環境では、きゅうりから放出された水分は逃げ場がないので、再びきゅうりの表面に付着します。そうするとそこから腐り始めてしまいます。

立てて保存する

きゅうりはへたの部分を上にして立てて保存します。縦に伸びる野菜では、土の中では横の状態から縦になろうとエネルギーを消費するものです。同じように横にして保存すると、上に立ち上がろうとして無駄に水分と糖分を浪費してしまい、その結果しおれるのが早くなります。立てて保存する時は、牛乳の空き箱やペットボトルを二つに切ったものなどを利用すると便利です。

低温障害

きゅうりはもともと温かいところで栽培されるもので、低い温度で保存されると低温障害を起こしてしまいます。低温障害にもいろいろあって、みずっぽくなる、やわらかくなる、くぼんだ斑点ができる、黒褐色になるなどありますが、きゅうりの場合は5℃以下になると、白く濁った汁がにじみ出てきてそこから腐り始めてしまいます。また中心部の周りに茶色の斑点ができてしまうこともあります。これはきゅうりに含まれるポリフェノールという成分が酵素の働きで酸化することで生じる現象です。変色の場合は食べても問題ありませんが味は落ちます。きゅうりにもっとも適した温度は10℃前後です。

余ったきゅうりはピクルスに

たくさん購入してきゅうりが余りそうな場合は、ピクルス漬けにしておいてもいいでしょう。きゅうり二本ならピクルス液は酢1カップ、水1/4カップ、砂糖大さじ2、塩小さじ1/2、赤唐辛子1本、お好みでローリエや粒胡椒なども入れます。これらを鍋に入れ一煮立ちさせ、冷ましておきます。きゅうりは4cmほどの長さに切り分け、塩もみしたあと清潔なビンにいれ、ピクルス液を十分に浸るまで注いで冷蔵庫で保存します。半日から1日ほどで食べれます。保存は2週間ほど可能です。



・保存方法まとめ


買ってきたきゅうりは表面に水分が付いていたらしっかりとふき取り、乾燥しないように新聞紙で包むか、ビニール袋に入れてて口を閉めないで密封せずに保存します。冷蔵庫の野菜室にへたの部分を上にして立てて保存します。牛乳の空き箱やペットボトルがあると立てかけるのに便利です。

きゅうりはみずみすしさが命で水分が多いため、日がたち水分が抜けると味や食感が一気に落ちます。そのため早めに使い切るのが基本で、野菜室での保存でも4、5日が限度です。長く保存したいならピクルス漬けにしてもいいです。




※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
野菜の基礎知識
野菜のソムリエ
料理の裏ワザ便利帳



きゅうりの見分け方・選び方











最終更新日 2016/03/17
公開日 2004/03/02



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved