HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > にんじんの見分け方・選び方

にんじんの見分け方・選び方




にんじんの画像


はじめに


まずはにんじんの旬やにんじんの種類、にんじんに含まれる栄養素やその効果的な摂取の仕方を解説します。そのうえでにんじんの形や見た目、触った感じや色などにんじんを見分ける際のポイントについて解説していきます。さらににんじんの保存方法についても取り上げます。



にんじんを旬で選ぶ


123456789101112
にんじんは1年中出回っています。秋から冬にかけて出回る秋冬ものは北海道や青森、千葉、茨城、愛知などで生産されます。秋冬物の旬は11月から12月にかけてです。春から夏に出回る春夏物のにんじんは千葉や徳島、愛知などで生産されます。春夏物の旬は4月から7月にかけてです。春夏物は収穫までに日数が短いので、軸の部分が緑がかったものが新鮮です。

新にんじんは生食で

3月から5月に出回る新にんじんは甘みが強く柔らかいのでサラダなどの生食に特に適しています。


にんじんの栄養素について


β-カロテンが豊富

にんじんにはβ-カロテンが豊富に含まれます。β-カロテンは免疫力を高め、皮膚や粘膜の健康を維持するほか、がんや心臓病、動脈硬化の予防効果もあるとされる栄養素です。このほかビタミンCやカリウム、カルシウムなども豊富です。

にんじんの皮の下に特に豊富

β-カロテンはニンジンの表皮の下の部分に特に多く含まれるので、調理の際はなるべく皮はむかないか、薄くむくことでより多くのβ-カロテンを摂取できます。皮を千切りにしてきんぴらなどにしてもいいでしょう。また油でいためるとβ-カロテンの吸収率も高まるので油を使った調理もおすすめです。β-カロテンは体内でビタミンAへと変わるためプロビタミンAとも呼ばれます。β-カロテンについてはビタミンAの多い食品・食べ物と含有量一覧でも詳しく解説しています。

にんじんの画像、別角度


にんじんを種類で選ぶ


にんじんはアフガニスタン北部が原産地で10世紀ごろに西へと伝わったものがヨーロッパ産と呼ばれる品種になり、シルクロードを通って東へと伝わったものがアジア産と呼ばれる品種になりました。日本にはまず江戸時代初期にアジア産が入り、江戸時代後期になってヨーロッパ産が流入しました。栽培しにくいことから現在ではアジア産の品種のにんじんの生産は少なく、大半はヨーロッパ産の品種となっています。

西洋ニンジンでは長崎で生まれた五寸ニンジンなどが有名です。アジア産では唯一実用栽培されているのが金時ニンジン(京人参)です。このほか10僂曚匹両型種であるミニキャロットや中国系とかけあせた黄色い人参である金美にんじん、沖縄の原産種で黄色くごぼうのように細長い島ニンジンなどがあります。

種類見た目味とあう料理主な生産地
西洋にんじんにんじん特有の赤みがあって張りがある肉質が緻密で甘みが強い
金時にんじん細長く鮮やかな赤色肉質は柔らかい、煮崩れしにくいので煮物などにも関西
金美にんじん見た目は西洋ニンジンに似ていて色は黄色くせがなく肉質は柔らかい
島にんじんごぼうのように細長くて黄色い 沖縄
ミニキャロット10僂曚匹両型種サラダや付け合わせなどに


にんじんの見分け方・選び方


見た目をチェック

表面にはつやがあり、でこぼこが少なくてなめらかな物を選ぶ。表面が荒れているものは甘みも少なく味も落ちます。 色が濃く鮮やかなものを選びます。赤みが強い物ほど、カロテンが多く含まれます。

→カロテンとは(by 姉妹サイト・ビタミネ)

形をチェック

形は太めで全体に丸みがある物を選ぶ。先のとがった物は避ける。

触ってチェック

実がしまっていて、重量感のある物を選ぶ。

葉付きのものは取れたて

葉付きのものは収穫してそれほど時間がたっていないものです。葉付きのにんじんを購入する場合は、買った後すぐに葉を切り落としましょう。そのままにしておくと葉に栄養をどんどんと奪われてしまいます。

葉がついていた部分の断面をチェック

葉がついていた部分の断面がにんじん全体の大きさに対して細いものほど、その先の芯も細く繊維質も少ないのでやわらかいです。栄養価で見ても断面が太いものほど、葉に養分を取られてしまっているので栄養価も少なくなります。 また葉を切り落とした断面が黒いものは、古くなっているので甘みや味が落ちます。



色だけでなく他の要素も

にんじんは色鮮やかで赤みの強いものほどよいと書きましたが、本来にんじんは肉質を守るために半透明の薄皮で覆われています。人参は色鮮やかなものほど良質なので市販のにんじんはこの薄皮部分がブラッシングされむかれているものが多いです。本来なら薄皮がついたままのほうが鮮度を保つ上ではいいのですが、そうなるとむいてあるものよりは色みが薄れてしまいます。色味だけで判断するのではなく断面の芯の大きさや色、持った感じの重量感などもあわせてチェックするようにしましょう。


チェックの大まかな流れ


まずは全体的に鮮やかな赤みかをチェックし、手にとってみて身がしまって重量感があるかどうかを確認します。そのまま葉の断面の部分を確認し、断面が大きすぎないか、色味は茶色から黒味がかってないかを確認します。


にんじんの保存方法


野菜は育った状態そのままの方が長持ちするので冷蔵庫でも土の中と同じように立てて保存します。土付きならそのまま土付きで保存した方がいいです。また水分が付くと痛みも早くなるので調湿作用のある新聞紙に包んで保存してもいいです。カットしたものは断面から水分が流出しやすいのでしっかりとラップをして保存しましょう。カットしたものを固ゆでして冷凍保存することもできます。保存の目安は冷蔵庫なら2週間ほど、冷凍保存なら1か月ほど可能です。他にも天日干しにして保存したり、ピクルス漬けにして保存することもできます。どちらも1か月ほど保存できます。保存方法について詳しくはにんじんの保存方法、長持ちのコツで解説しています。




※参考書籍
野菜のソムリエ
野菜の基礎知識
からだにおいしい 野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
料理の裏ワザ便利帳
調理以前の料理の常識











最終更新日 2017/02/04
公開日 2004/03/02



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved