生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

衣服に付いた口紅


汚れは早めに対処しましょう


口紅などの油性の汚れはついてしまうとなかなか落ちません。それに時間の経過とともに取れにくくなります。汚れは時間の経過とともに、「付着段階→吸着段階→粘着段階→染着段階」といった具合で素材との結びつきを強めていきます。それで時間が立てばたつほど落ちにくくなるというわけです。口紅はただでさえ落ちにくくできているのでついた時はその日のうちに対処しましょう。

衣服の汚れの進行段階


油性の汚れは溶剤を使って移し取る


まず、口紅がついた部分の表面に布かタオルをあてます。つぎにベンジンやアルコールなどの溶剤をガーゼに染み込ませてそれで反対側から汚れを叩き、表面側に敷いた布に移し取って行きます。何度か繰り返しやって、汚れが下に染み込まなくなればもう大丈夫です。あとは水で汚れた部分をもみ洗いするか普通に洗濯すればきれいになります。

なお合成繊維を使用した衣類などではこの方法だと、色褪せたり生地が痛んだりするかもしれません。心配な方はクリーニングを利用するのが無難でしょう。また使用する溶剤類も安いものだとやはり生地も痛みやすいようです。ベンジンは揮発性の高いものがよいそうです。


溶剤は何を使ったらいい?


溶剤にはベンジンやシンナー、マニキュアの除光液などがありますが、衣服に付いた口紅などのシミには比較的刺激の少ないベンジンがおすすめです。ベンジンは揮発性が高いのですくに揮発して、汚れの成分が大きく変性せずにすみます。シンナーや除光液は強力な溶剤で、しみを落とすのには効果的ですが、生地へのダメージも大きいです。こうした溶剤はなるべくなら避けたほうが無難でしょう。ベンジンは絹や毛糸などデリケートな素材でも使えます。

溶剤全般に言えることですがは基本的にはまず最初に生地の目立たない部分で使ってみて、脱色したり傷んだりしないか確認してからつかうといいでしょう。



※ 参考文献
洗濯・衣類のきほん
科学的に正しい暮らしのコツ
ラクラク家事の本
いちばんわかりやすい家事の基本大事典
暮らしまる洗い!コツと基本120
住まい汚れスッキリ解消術
新品みたいに長持ち! お手入れの教科書
大事な服のお手入れおしゃれ帳
洗濯上手こつのコツ





最終更新日 2016/06/04
公開日 2004/03/02
 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




洗濯編


しみ抜き編一覧


靴編一覧


お手入れ編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved