生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

ニット製品の洗い方


ニットって何?


ニットとは

撚った(ネジ曲げてリング状にした)糸をループ状に絡めながら縦方向、横方向に編み上げたもの。ループのふくらみや丸みから、やわらかくて伸縮性があるのが特徴です。
縦糸と横糸を交互に組み合わせて布を織り上げる織物と違います。

ニットに使われる素材

ウールやシルク、綿、麻などの天然繊維、 レーヨンやポリエステルなどの合成繊維。

作り方

編んだ布地を裁断して縫製するカットソーと
一本の糸を編みながら製品にする成型の2通りある。

ニット製品

セーターやカーディガン、Tシャツやスカートと行った外着から、下着や帽子、マフラー、靴下など広く用いられています。


ニットの洗い方


絵表示を確認する。

まずは衣類についてる絵表示を確認します。絵表示は適切な洗濯の仕方をあらわしています。

代表的な絵表示
洗濯機で洗え、液温は40度を限度とします。
洗濯機の弱水流、もしくは弱い手洗いで洗い、液温は30度が限度です。
液温は30度が限度で、弱い手洗いで洗います。
(洗濯ネットにいれれば洗濯機でも洗える)
水洗いは出来ない。
ドライクリーニングが出来る。溶剤はパークロルエチレン、または石油系の物を使用。
ドライクリーニングが出来る。溶剤は石油系の物を使用。

中性洗剤を使う。

中性洗剤は弱アルカリ性の洗剤と比べると洗浄力は落ちますが、その分繊維を傷めません。
よっぽどしつこい汚れでなければ洗浄力は十分です。

漬け置き洗いがベスト

手洗い、洗濯機洗いができるものでも、洗濯液に15分ほど漬けておく漬け置き洗いがベストです。
すすぎは数分ほど水に漬けた後、軽く押して水気を切り、それを3〜4回ほど繰り返します。
最後は軽く脱水をして仕上がりです。

洗うときの水温

ウール
30℃以下で洗うようにします。
ウールなどの動物性繊維は30度以上になると繊維同士がくっついて、フェルト状になり、縮みの原因となります。

木綿
木綿や麻は比較的熱に強いので40度ぐらいでも大丈夫です。

プリント物や傷みやすい物

プリントがついたTシャツなどは裏返しにすると、プリントが傷つきにくくなります。
ブラジャーやポロシャツ、ブラウスなど傷みやすい物は、ネットに入れて洗うといいです。

干すときは平干しで

ニット製品は伸縮性があるので、選択後のぬれた衣類をハンガーなどにかけて干すと、含んだ水分の重みで伸びてしまいます。
お風呂のふた、もしくは専用の商品などでの平干しがベストです。




 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




洗濯編


しみ抜き編一覧


靴編一覧


お手入れ編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved