生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

革靴のお手入れ


新品の革靴では


新しい革靴は油分が比較的少ないので一度履いただけでも汚れや傷が付くことがあります。これを防ぐにはまず一度履く前にクリームを薄く塗ってやることです。油分の不足によるシワの予防にもなりますし、汚れや傷を防ぐ保護膜にもなります。もちろん最初だけでなく日々のお手入れも長持ちさせるには欠かせません。それから同じ靴を続けて履くのも靴の傷みが早くなる原因となるので避けた方が無難です。毎日に履くなら2足以上を用意して交互に履き変えるようにしましょう。


靴の手入れ道具


靴ブラシ
豚毛、馬毛などがあり、ほこり落としやつやだしに用いる。

靴クリーム
布にとって塗るクリームタイプとふたをはずしてそのまま塗れるワンタッチタイプがある。色は黒・茶色・透明など。色は靴の色より薄めの物を選ぶとよいでしょう。このほか汚れ落とし用のクリームも別途必要。

靴磨き布
靴の仕上げ磨きに使う。

防水スプレー
湿気や水分から革靴を守る。汚れやしみもつきにくくなる。使用は屋外で。


日々のお手入れが大事


革靴は日々のお手入れが長持ちの秘訣です。できれば履いたその日は簡単なお手入れをし、1週間に1回は靴クリームを塗るといいでしょう。そんなに履かない靴なら間隔はもう少しあけても構いません。


その日のお手入れ


履いた革靴のその日のお手入れの仕方です。
ブラシをかける。靴底や革と革の境目も丁寧に。
汚れ落としクリームをやわらかい布に塗って、汚れを拭き取る。
から拭きか、靴磨き布で仕上げ磨きをする。
<PR>バイヤーがこだわって選んだ靴がここにある


週1のお手入れ


週1回のお手入れでは靴クリームで革の油分を補給してやりましょう。
汚れ落としクリームを布につけて拭き、古いクリームや汚れを落とす。
靴クリームを薄くムラなく塗る。塗りすぎには注意。
靴磨き布で仕上げ磨きをする。このあと防水スプレーをかけておくとなおよい。


スエードの靴の手入れ


スエード(裏皮を毛羽立たせたもの)の靴は汚れが付きやすいものです。専用のブラシが便利ですが通常の靴ブラシでも構いません。毛足の中には入りこんだほこりや汚れを軽くブラッシングして取り除きます。それでも取れない汚れには専用のクリーナーやスエード専用消しゴムを使いましょう。最後に防水スプレーをする事で、水をはじくだけでなく、汚れやほこりもつきにくくなります。履く前にあらかじめ拭きかけておいてもいいでしょう。


濡れた靴の対処法


革靴は水分には非常に弱い製品でくわしくは皮革製品のお手入れで解説していますが、このため濡れたままだと型崩れや乾いたときにごわごわして元の質感が損なわれてしまいます。したがって革靴が濡れた場合は以下の手順で手入れをしましょう。
下に新聞紙を引き柔らかいタオルで靴の外側・内側の汚れや水分をよく吸い取る。
新聞紙を丸めてつま先まできっちり詰める。新聞紙は何度か取り変える。新聞紙のかわりに乾燥
剤(靴専用のものもある)を使ってもいい。
風通しの良い日陰でゆっくりと乾かす。
乾いたあとはクリームを塗る。
靴磨き布で良く磨く。


乾かしたら粉を吹いた


革靴を乾かしたら表面に白い粉のようなものが吹いた状態になることがあります。これは塩吹きと呼ばれ、革にしみ込んでいた汗などの塩分や油分が水に濡れて浮き出てくるのが原因です。これもちゃんとした処置をすればきれいにすることが出来ます。
塩分や油分、汚れを落とすローションタイプの汚れ落としを布に塗って、白くなった部分を拭きとる。
クリームを塗る。
防水スプレーをかける。


靴をしまうときは


靴をしまうときは履きぐせや履きジワがそのまま残らないよう靴の形を保つシューキーパーを入れておくことが理想です。また保管する前に紙パックに入った乾燥剤を入れて、一日履いてたまった靴の湿気をとることもおすすめです。




※ 参考文献
洗濯・衣類のきほん
いちばんわかりやすい家事の基本大事典
ラクラク家事の本
その道のプロが教える〈裏ワザ〉特選!
おばあちゃんの知恵


text by 2009/06/12
 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




洗濯編


しみ抜き編一覧


靴編一覧


お手入れ編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved