生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

運動靴の洗い方


運動靴の生地


運動靴と一口に言っても素材により様々ですが、キャンバス地やビニール素材なら比較的丸洗いができて便利です。皮革製品だと専用のシャンプーやその後のお手入れなど気を使う部分も出てきます。そこで今回は素材別に運動靴の洗い方についてみていきたいと思います。


キャンバス地


キャンバス地とは丈夫な厚手の粗布のことで素材は亜麻糸、綿糸、絹糸などからなり、運動靴にも良く使われます。

使う洗剤

・弱アルカリ性洗剤か運動靴専用の物。付け置き洗いをしないのなら石鹸でも良い。 白いスニーカーは歯磨き粉を使ってもいい。

ブラシ

・スニーカー用ブラシ

洗い方

汚れ落ちが良くなるので基本は浸け置き洗いがよい。バケツなどの容器に運動靴が浸るぐらいまでぬるま湯(40度ぐらい)を入れ、洗濯用洗剤又は運動靴専用洗剤を溶かしいれます。運動靴であらかじめ汚れがひどい部分には洗剤の粉また原液を塗りつけておき、洗浄液の中に30分ほど浸しておきます。ヒモもはずしておいて一緒に浸しておくと良いでしょう。靴の中をブラシでこするときは洗浄液と一緒に汚れが奥に入り込まないよう、奥から外側へ書き出すようにこすります。

乾燥

洗ったあとはシューキーパーを入れて陰干しします。立てて乾すときはかかとを下にします。ペットボトルにはめて乾かしたり、S字フックにつるして乾かすやり方などもあります。早く乾かしたいときには洗濯機の脱水を利用してもかまいません。その際靴同士がぶつかり合わないよう両底を合わせてバスタオルで包むといいでしょう。


塩化ビニール


合成樹脂(プラスチック)の一種

使う洗剤

・弱アルカリ性洗剤か運動靴専用の物。付け洗いをしないのなら石鹸でも良い。 白いスニーカーは歯磨き粉を使ってもいい。

ブラシ

・スニーカー用ブラシもしくは古歯ブラシ

仕上げ

こちらもキャンバス地の運動靴と同じように水洗いして乾かし、最後に擦りきずなどを革靴用透明クリーナーを使って磨いてやるといいです。白か黒のスニーカーなら靴墨でもかまいません。


皮革製


天然皮革 動物の皮をなめしたもの(スエード・裏側を毛羽立たせたもの)
合成皮革 基布に樹脂などを付着して天然皮革風に仕上たもの。

使う洗剤

・専用のシャンプーで。

ブラシ

・スニーカー用ブラシもしくはスポンジ

洗い方

革製品は基本は水洗いすると収縮硬化してしまいもとの風合いが失われてしまうのでさけるべきですが、内側まで汚れてしまった場合には水洗いしないと仕方がありません。この場合革の硬化を防ぐ柔軟性分の入ったスニーカー用のシャンプーなども市販されているのでためして見てください。

乾燥・仕上げ

洗ったあとは靴の形を整えるシューキーパーかくしゃくしゃにした新聞紙を詰めて陰干しします。乾いたら皮革クリームを塗って陰干しして乾かし、仕上にまた皮革クリームを塗ります。スエード状のものは固めのスエードブラシをかけて起毛させてやり仕上に起毛革用防水スプレーをかけます。


日常のメンテ


まず使わないときはシューキーパーを入れて革の運動靴ならブラシをかけて陰干しします。履くときも直接履かずに靴下を履いたり、中敷きを引いたりして工夫をします。それから同じ靴を毎日履くのもやめましょう。1日履いたら1日は休ませて置くことが大切です。


雨に濡れたら


雨に濡れたら乾いた布で拭いて陰干しします。それから湿気対策に週に1度防水スプレーをかけてもいいでしょう。


下駄箱にしまうときは


下駄箱にしまう前に靴の湿気を十分に取って置くことが大切です。なので脱いですぐに下駄箱にしまうのはやめましょう。下駄箱の中もぎゅうぎゅうにせずに余裕を持って入れましょう。そのほか除湿剤や消臭剤なども入れておくといいです。




※ 参考文献
洗濯・衣類のきほん
住まい汚れスッキリ解消術
ラクラク家事の本


text by 2008/05/23
 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




洗濯編


しみ抜き編一覧


靴編一覧


お手入れ編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved