生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

鼻血の対処法


鼻血の原因


鼻血の出血箇所は毛細血管が多く粘膜も薄いので、異常に興奮したり、のぼせたり、粘膜が傷ついたりすることで出血します。鼻血はそれ以外にも高血圧疾患、赤血球増多症、肝臓病、動脈硬化による血管壁の脆弱化、珍しい例では腸チフスなどの病気が原因で起こることもあります。鼻血が頻繁に続くような場合は、こうした病気が原因の場合もあるので一度医師の診断を受けてみることをおすすめします。


鼻血が出る場所


鼻は骨や軟骨からなる鼻中隔とよばれる敷居により左右にわけられていて、前方の鼻の入り口に近い部分は軟骨で形成されていて、ちょうどその辺りが「キーゼルバッハ」と呼ばれる部位になります。目頭から鼻を指でつまみ、下にスライドさせていき、骨を触れなくなる部分がキーセルバッハの辺りです。ここは血管が密集していて、血管が透けて見えるほど粘膜が薄い部分で出血しやすい箇所となっています。



鼻血の対処法


鼻血が出たときは顔をやや下に向け、ちょうど小鼻(鼻翼)の部分を親指と人差し指でつまみ、5分以上圧迫すると止血できます。出血がひどいときは上からティッシュやガーゼをかぶせてつまむといいでしょう。鼻の穴にガーゼかティッシュペーパーをつめるやり方もありますが、固いティッシュだと粘膜を傷つけることもありますし、またうまく出血箇所を圧迫できない場合もあるので、より効果的なのは小鼻の部分をつまんで圧迫する方法になります。

眉間を氷や濡れタオルで冷やすのも効果的です。眉間には鼻へと向かう動脈があるので、冷やすことで血管も収縮し、血液も凝固しやすくなります。


間違ったやり方


よく耳にするやり方として頭を上にそらすといった方法がありますが、これは鼻血が下に垂れてこないようにする一時的な方法ではありますが止血効果はありません。また鼻血がのどにまわって、吐き気をもよおすこともあるのでよくはありません。首の後ろをたたくという方法も医学的な根拠があるわけではありません。




※ 参考文献
医者以前の健康の常識
知って得!正しい医学知識
ここ10年で、これだけ変わった!最新医学常識99
薬いらずの家庭の医学


text by 2014/03/12
 TOPへ   健康TOPへ   HOMEへ




怪我編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved