生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー


衣類乾燥機の電気代節約術の効果を検証



該当知恵袋 >>こちら


節約知恵袋、全部試せば1年間で合計、
1536円の節約!!
(金額については参考程度にご了承ください。実際に実施された場合においても、必ずしもこのような金額になるとは限りません。)



まとめて乾燥



80%の容量がもっとも効率がいい。半分の場合と比較すると15%も電気代に差がつく。

洗濯機の場合と同じく、一度に処理する洗濯物の量が多いほどかかる電気代も当然安く済ませることが出来ます。ただしつめすぎても今度は乾燥効率が下がるので80%ぐらいがちょうどいい目安となります。

節約効果は、1回に付き7.5円の節約となります。


節約効果
7.5円 60円 720円
(7.5円×8日)(60円×12日)

総合評価 ==




脱水はしっかりと



脱水が徹底してる分、乾燥時間が短くなり電気代も節約。

乾燥機の容量や種類にもよりますが、最近のものだと6kg容量のもので1回の乾燥にかかる電気代は約50円ほどが平均です。(2.4kwh(一回の消費電力) ×23円(1kwh当たりの電気代)=55.2円)この金額をもとに節約効果を見ていきます。

節約効果は約10%程なので1回に付き5円の節約とします。月の電気代ですが、洗濯機は2日に一回としました。乾燥機は4日に1回とします。半分は日干しで乾かすとします。ということで1ヶ月の使用回数は8回としました。もちろん人によって使用回数に差が出てくるものと思われます。


節約効果
5円 40円 480円
(5円×8日)(40円×12日)

総合評価 ==




フィルターはこまめに掃除を



乾燥力も維持でき電気代の無駄な出費を防げる

扇風機でも長く使ってると誇りがはねやカバーについて冷風向かもガクンと落ちますよね。同じように乾燥機でも使い続けているうちに誇りや毛くずなどが付いてきて乾燥効率がグンと下がってしまいます。電気代にすると7%ぐらいのロスです。

ということで節約効果は、1回に付き3.5円の節約です。


節約効果
3.5円 28円 336円
(3.5円×8日)(28円×12日)

総合評価 ==




天日干しと乾燥機を併用する



乾燥機の使用時間を大幅に減らせる。

乾燥機というのは天候や洗濯場所の制約を受けずに乾燥が出来るというのが大きなメリットなので、天日干しと併用できるようなひとはそもそも乾燥機自体を使わないような気もしますが、まあそれでも天日干しにはないふっくらとした仕上がりが乾燥機のメリットでもあるので、それを体感したい人にはこのような使用法もありかもしれませんね。

総合評価 ==





達人フローチャート


1、脱水はしっかりと

2、まとめて乾燥

3、フィルターはこまめに掃除を







 TOPへ   光熱費節約TOPへ   HOMEへ





光熱費の極み一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved