生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

コンロのガス代節約1


強火よりも中火のほうがお得


ガスコンロの火加減は強火のほうが早く料理ができるので、それだけお得だと思っている方もいるかと思いますが、そうとは限りません。ここで問題なのは、ガスコンロの炎をいかに無駄なく利用できるかです。炎が鍋外の枠からはみ出てしまうと、その分のエネルギーが無駄になってしまいます。なべ底の大きさにあった火加減になるよう調節すれば、効率的にガスを利用することができます。一般的な鍋なら中火程度が鍋枠からはみ出さない調度いい火加減なので、ガス代も安くなります。


なべ底は平たく大きなものを


上でも述べたとおりなべ底から火がはみ出さないようにする点がポイントでしたが、なべ底自体が大きければそれだけ火力も強くすることができ、経済的になります。また平たいものほど熱伝導がいいそうです。

そもそもなぜ本来コンロの火力は強いほど、ガス代は安くなるのでしょう。火力が弱いと暖めると同時に鍋やコンロの熱の放射も起きるので、再度暖めるのにエネルギーを消費することになります。ですから弱火で長くよりも、強火で短いほうがガス代は安くなるのです。ですが、強火にしすぎると返って鍋からはみ出た炎の方が無駄になってしまうので、中火が最適と書きましたが、それがないなら強火のほうがいいのです。なべ底が広ければそれだけ強火にできガス代も安くなるというわけです。


鍋やフライパンの水滴をふき取る


洗ったばかりの鍋やフライパンを、すぐに料理に使うときには、よく拭いてから利用しましょう。些細なことですが、その分熱効率がよくなり、ガス代の節約になります。


ガスコンロは続けて使う


ガスコンロの炎は鍋だけでなく、バーナー自体やコンロ周りを暖める際のエネルギーとしても消費されています。はじめからその部分が暖かくなっていれば、熱エネルギーが鍋を暖める部分に最大限に利用されます。そこで最初の調理は仕方がないとして、続けて調理すれば、鍋周りも熱いままで、熱エネルギーを十分に鍋を暖めるのに利用でき、その分ガス代も安くなります。したがって複数調理をする際は間を空けずに同じコンロで続けて料理をするようにしましょう。


こまめにコンロを掃除する


コンロのバーナーが目詰まりしてると、コンロの火力が弱くなります。またほこりや汚れで、熱効率が悪くなり、エネルギーのロスが大きくなります。

コンロ周りの汚れも不衛生なだけでなく、熱効率の面から見てもマイナスです。汚れは調理後でまだコンロ周りが熱い段階のほうが落ちやすいので、キッチンタオルなどでさっとふき取れば、労力も少なくてすみます。







 TOPへ   光熱費節約TOPへ   HOMEへ




知恵袋一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved