HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 豆・豆腐料理レシピ > 高野豆腐の含め煮のレシピ・作り方
豆・豆腐料理レシピ
高野豆腐の含め煮のレシピ・作り方(4人分)

中心食材
高野豆腐
だし汁


砂糖
薄口しょう油
… 4枚(60g)
… 3カップ
… 大さじ2
… 小さじ2/3
… 大さじ4
… 小さじ2
1 下準備
お湯で戻して使うタイプの高野豆腐ではまずバッドに70度〜80度のお湯をたっぷり入れ、高野豆腐を入れて落としぶたをします。

2 下準備
十分に戻ったら水にとり、水の中で両手のひらで挟んで押して放してを繰り返して洗います。何度か水を交換し濁った水が出なくなったら、ざるに上げてしっかりと水気を絞ります。

3 調理
調味料を加えた煮汁を一煮立ちさせ、重ならないように高野豆腐を入れます。ふたたび煮立ったら弱火にして紙ふたをし20分ほど煮ます。

4 調理
火を止めてそのまま味を染みこませ、食べやすい大きさに切って盛り付けてでき上がりです。
名前の由来
高野豆腐は高野山で作られたのがその名の由来といわれ、凍らせて作る事から「凍り豆腐」とも呼ばれます。
加工の仕方で調理法も異なる
高野豆腐はまずは冷凍して、解凍し水分を出し、スポンジ状に乾燥させて作るまでは同じですが、戻しやすいようアンモニアガスを含ませたものと、重曹で加工したのものとがありそれぞれで調理法が異なります。アンモニアガスを使った物はお湯で戻して調理しますが、重曹を使ったものはそのままだし汁や煮汁に入れて調理します。最近では調理が簡単な重曹の物が市販されていることが多いようです。
すぐにひっくり返す
高野豆腐をお湯で戻すときは、1個ずつ入れてすぐにひっくり返すとそり返る事なく均一に戻ります。
戻す時間は商品ごとに異なる
戻す時間は商品ごとに異なるので包装の表示を参考に。全体的に押してみて硬いところがなければしっかりと戻っています。特に中心部分が戻りにくいので注意を。



※参考書籍
基本の家庭料理
おいしい和食の大事典200
調理以前の料理の常識2
たのしい調理 -基礎と実習-
材料の下ごしらえ百科
簡単料理コツのコツ


このレシピがお気に入りなら投票お願いします。














Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved