HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 豆・豆腐料理レシピ > おから(卯の花)のレシピ・作り方
豆・豆腐料理レシピ
おから(卯の花)のレシピ・作り方(2人分)

中心食材
おから
にんじん
しょうが
こんにゃく
干ししいたけ
ねぎ
… 100g
… 20g
… 1/4片
… 1/8枚
… 1枚
… 1本

煮汁
だし汁

みりん
砂糖
しょうゆ
… 150ml
… 大さじ1
… 小さじ1
… 小さじ2
… 大さじ1
1 下準備
おからを水で洗い、目の細かい布巾に包んで絞って水切りします。 にんじんは皮を向いて2cm幅に短冊切り、こんにゃくは細切りにしてさっと湯がき、しょうがは皮をむいてみじん切りにします。ねぎは刻んでおきます。

2 下準備
しいたけをお湯で戻してやわらかくし、石づき部分を切り取り1cm角に切る。戻し汁はそのままとっておく。 石づきとはきのこの根元部分のことで、硬いのでとってやります。

3 調理
鍋に煮汁、にんじん、こんにゃく、しいたけを入れて強火にかけ、煮立ったところであくを取り、しょうがを入れて再び煮立てます。 火をとめ煮汁と具材を分けておきます。

4 調理
油を引いた鍋を熱し、中火にしておからを木ベラで混ぜながら、5〜6分ほど炒めます。水分が飛んでさらっとしてきたら煮汁を加えて、よくなじませ、続いて具材も入れます。

5 調理
煮立ったら、弱火で6〜7分ほど炒め、刻みねぎを加えて軽く炒めて出来上がりです。
おからは買ったその日のうちに調理
おからは非常に鮮度が落ちやすく、買った翌日には傷みはじめます。
冷蔵庫に入れていても翌日には大きく味が落ちます。 ただ冷凍保存すると1週間程度は日持ちするそうです。 基本は買ったその日に使うことです。
具は同じ大きさで切る
具は同じ大きさできると見た目もきれいに仕上がります。
炒め加減が大事
煮汁を加えて炒めるときは、煮汁を飛ばしすぎると出来上がりがぱさぱさした食感になります。びしょびしょしない程度でしっとり加減が少し残っているぐらいがちょうどいい頃合です。
おからとは
大豆をすり潰して搾り取った汁(豆乳)に、にがりを加えて作るのが豆腐で、 このときの残りかすがおからです。 ビタミン・ミネラル、食物繊維など栄養が一杯詰まった健康食品です。



このレシピがお気に入りなら投票お願いします。














Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved