生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

握手の仕方


握手ってもともとは外国式の挨拶?


最近日本でも挨拶といえば握手が一般的になってきてますよね。ですがほんらい日本の挨拶というのはお辞儀だったそうです。握手は日本以外の国々で一般的で逆にお辞儀のほうが世界からしたら珍しいことのようです。ヨーロッパなどでは陸続きなので言葉の通じない方とも頻繁に交流をします。したがってこちらに敵意がないことを相手に示すために利き腕である右手を差し出して握手をするのです。一般的に右利きの方が多いので握手は右手をさしだします。


握手で相手に敵意がないことを示す


しかしそれだけで安心だとはいえません。目は口ほどにものを言うという言葉もあります。目を見れば相手の行動が多少は伺えます。したがって自己防衛で相手の様子をうかがうためにも目を見て握手をするようになったようです。目をそらしながら握手をするのは、それは相手に対して抵抗する意思がないという意思表示であり、国王や国家元首、高僧などの高位の人に対する場合における行為のようです。ただ、今では目を見て握手をするのは互いに意思疎通を図るという意味合いの方が大きいようですが。


握手はしっかりと握る


握手をする際のにぎり方ですが、しっかりと握るようにしましょう。ゆるく握っていては相手にいいかげんで優柔不断な印象や、非好意的なのだと感じさせてしまいます。しっかりと握ることで、こちらからの好意や意欲が相手に伝わるものです。ただ、強く、そして長く握り締めてしまうとかえって不快感を与えてしまうのでちゅういしましょう。また女性に対しては男性への握手よりも優しく握るようにしましょう。


握手を差し出すときは相手との関係をふまえて


それから握手をするときは相手との関係を考えてどちらが先に手を差し出すのかというところに気をつけましょう。目上の人や年上の人から、目下の人、年下の人へと手を差し出すのが普通です。他人から触れられる行為って、ほんらい嫌なものです。握手だって手が触れ合うわけで、そうした行為を目下の人間から目上の人間に対して強いるのは失礼だからです。もちろん握手という行為は挨拶ですから失礼ではないのですが、触れるという点への配慮から目上の人からした方がいいといえるでしょう。それから女性と男性では女性から手を差し出します。これはレディーファーストですね。ただなかなか手を差し出しにくいので男性からの方がうれしいという意見もあるようですが。


堂々と目を見て握手をする


最後に握手をする際は相手の目を見てするようにしましょう。何度もお辞儀をしながら握手をするのはやめた方がいいです。相手が王様や高位の人でもないのに、頭を下げて目をそらすことで無抵抗、恭順の意思を示すのは卑屈なようにも見えます。堂々と目を見て握手をしましょう。







 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ




訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved