生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

結婚式招待への返信


返信はなるべく早くに

結婚式へのご招待のお手紙をいただいたときには、なるべく早くに返事をかくようにしましょう。相手方からすれば、披露宴の料理や、引出物の数など、参加人数を早めに把握できれば、その分早くに発注の手続きを取ることができます。あまりに遅いと発注した後といったことにもなりかねず、欠席の場合などはその分無駄な出費となってしまいます。その日の予定がはっきりせずにどうしてもすぐには返事をだせない場合などには、とりあえず電話をしておいて、お誘いへのお礼、お祝いの言葉を述べ、期日までにはきちんと返事を出すようにしましょう。


敬称部分は2本線で消す

ご招待の手紙には大抵、返信用のはがきが添付してあります。あらかじめ記載されている名前や住所、出欠の確認などの記述に用いられている、敬称の部分は2本線で消しておきましょう。1文字の場合は斜線2本、数文字の場合は縦線2本で消します。

返信はがきの表面<

宛名の「山田 一郎 行」の行の部分を斜線2本で消し、その横に様と書きます。

返信はがきの裏面

「御出席」、「御欠席」の選択した方の御の字を斜線2本で消して、出席、欠席の2文字をまるで囲みます。もういっぽうを縦線2本で消します。「御住所」、「御芳名(氏名)」の御の字と御芳の字を、斜線2本、縦線2本でそれぞれ消します。  


余白のスペースにメッセージを

出欠の返事だけでなくて、余白スペースなどに簡単なメッセージを添えるとよいです。

出席する場合

出席の際は、余白スペースにお誘いへの感謝の気持ち、お祝いの言葉などを書きます。楽しみにしてますなどの待ち焦がれる気持ちなどを書いてもよいです。

欠席する場合

欠席の際は、まず最初に電話をして、お祝いの言葉、欠席の理由を告げた後に、改めて欠席の返信はがきを送る方が丁寧です。もちろん手紙だけでもかまいません。返信はがきですが、欠席する理由をお祝い、お詫びの言葉とともに書き添えましょう。なお、弔事などの不幸な出来事が理由で欠席する場合は、その旨をはっきりと伝えるのではなくて、「他に所用があって」「やむをえない事情で」など、曖昧な表現を使うようにしましょう。また欠席する場合でも祝電などを送ればよろこばれます。申し込み翌日から10日以内でしたら到着日を指定できますので、披露宴の始まる前に届くようにしておけばよいでしょう。


代理出席はOK?

こちらの都合などで急遽いけなくなった場合でも、代理出席をするのは基本的にはマナー違反で失礼に当たります。電話などで連絡した際に、招待者側から「代理出席を御願いします」といわれてはじめて検討するようにしましょう。代理出席をする場合には、あらかじめどなたが代理で参加されるのか伝えておくようにしましょう。







 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ




訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved