生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー
マナーTOP  訪問編  結婚編  葬式編  その他  知恵袋投票結果  クイズ!  アンケ(2択)  アンケ(複択) 
HOME > マナー知恵袋TOP > 結婚編 > 結婚のお祝い品は現金と品物どちらがいい、贈り物の選び方や金額の相場は?

結婚のお祝い品は現金と品物どちらがいい、贈り物の選び方や金額の相場は?


結婚のお祝い品・贈り物について


結婚へのお祝い品は現金がいいのか品物がいいのか、気になる方も多いのではないでしょうか。まずはどちらがいいのかについて解説し、お祝い品に品物を送る場合はいつ送るといいのか、贈り物の金額の相場はいくらぐらいなのか、さらにどのような商品を選ぶといいかなどについて詳しく見ていくことにします。



お祝いは現金、品物どちらがいいの?


どちらでもよいが現金が好まれる


本来結婚へのお祝いには品物が送られてきました。なので結婚式へのお祝いで品物を選んでも問題はありません。しかしながら現在は披露宴当日に受付で現金を渡す方が主流となっています。現金であれば結婚式にかかる費用や料理代に充てたり、これからの結婚生活の生活費に回すこともできます。また品物であれば重複してしまうリスクもありますが、現金の場合はそのような心配もありません。多くのアンケートやランキングでも結婚式でもらって一番うれしいのは現金とあります。ですから形式的には現金でも品物でも構わないのですが、現金の方が好まれる傾向にあるようです。

品物を送っては失礼か?


現金が好まれる事情もあり、品物では失礼になるのではないかと思われる方もいるかもしれませんがそんなことはありません。相手の記念になるものを真剣に考えておくるのですから、失礼なことではありません。また物を送るというのが本来の結婚祝いの形でもあります。

品物と現金の両方を送る


親しい親戚や友人などに対し、結婚祝いに現金だけではなく記念となる品物も送りたいという方も多いようです。その場合通常の祝い金・ご祝儀の相場にプラスして品物を送るという形が多いようです。例えば祝い金3万円にプラスして数千円から1万円程度の品物を送るというようなケースです。こうすれば結婚式代や生活費にも充当でき、記念となる品物も送ることができます。本来なら祝い金を渡すのであればそれで十分で、品物まで送る必要はありません。

それでは次にお祝い品を送る場合はいつ送るといいのかについて見ていきます。現金を送る場合の渡すタイミングや金額の相場などについては結婚へのお祝い金・ご祝儀の渡し方、金額の相場についてで詳しく解説します。


お祝い品を送る時期、タイミングは?


遅くても挙式1週間前までに持参する


お祝い品として品物を送る場合は、結婚式への招待状が届いてから遅くとも挙式1週間前までの吉日の日に直接先方のお宅まで持参します。結婚式挙式当日に受付まで品物を持参するのはマナー違反なのでやめましょう。式場での品物の置き場にも困りますし、当日両親や身内、当人など品物を持って帰る人にも負担となります。まずは先方に連絡を取り訪問日を決めてから伺うようにします。吉日が理想ですが先方の都合を優先します。

吉日とは


吉日とは「大安」「一粒万倍日」「天赦日」などです。大安は6日に1度、一粒万倍日は月に4〜7回、天赦日は1年に4〜5回あります。

六曜、大安の画像

訪問時間は?


訪問時間は正午までに伺うのが理想です。これは午前中に伺うことで先方が正午からの予定を入れやすいという配慮から、祝い事での訪問では午前中がよいとされてきたからです。現在では午後2時ぐらいまでならOKだとされています。

訪問時のお祝いの言葉は?


訪問時には「ご結婚おめでとうございます。本日はお祝いのしるしに、心ばかりの品をお届けに参りました。どうぞお納めください。」もしくは「ご結婚おめでとうございます。これは私からのお祝いの気持ちです。新居で使っていただければと思って選びました。」などと挨拶をするといいでしょう。

直接デパートからの配送も


挙式前は準備等で何かとバタバタしているものです。ですから直接デパートから配送してもらうの相手への気遣いの一つだといえます。この場合事前に相手に配送してもらうことを相手に連絡しておき、別便でお祝いの言葉を添えた手紙を送るといいです。

事前に届けている場合の当日の受付は


すでに郵送または持参によりお祝い品を相手に届けずみの場合は、当日の披露宴受付では「お祝いは前もって差し上げてございます」と伝えて芳名帳に記帳するだけでいいです。

間に合わない場合は目録を持参


品物が一週間前までに間に合わいそうにないなら、品物ではなく現金を当日持参しましょう。どうしても品物を送りたいという場合は挙式当日、目録(奉書紙に書く)を持参し、後日とどけるか送るようにしましょう。

目録の書き方の画像


お祝い品の金額の相場は?


奇数が好まれる


お祝い品を送る場合の予算はどの程度が相場でしょうか。まずは金額の数字として好まれるのは奇数の1、3、5、7です。偶数は割り切れるので避けられますが、2は「一対・ペア」という意味から最近では問題なくつかわれます。4は「死」、9は「苦」という意味が連想されるので縁起が悪いため避けた方がいいです。

お祝い品の予算の平均額は?


お祝い品にはお祝いの気持ちだけでなく披露宴での料理代という意味も含まれています。お祝いの気持ちは相手との関係から、料理代は式場の格式などが考慮されます。お祝い品の予算額はこの2つから判断されます。平均的には3万円が多いです。夫婦で参加する場合は2人分で6万円が大体の相場です。あくまでこれは目安です。相手との関係や年齢により金額は変わります。以下の図は相手との関係と平均金額の相関図です。

結婚祝いの金額の目安
贈り先20歳代30歳代40歳代50歳代
勤務先の同僚・上司30,00030,00030,00030,000
兄弟・姉妹50,000100,000100,000-
おい・めい-30,00050,000100,000
いとこ30,00030,00050,000-
友人、知人30,00030,00030,00030,000

式に参加できない場合のお祝い品は


都合でどうしても式に参加できない場合にお祝い品を送りたいときには、その金額の相場はいくらぐらいでしょうか。大体参加した場合の金額の1/3から半額が相場になります。参加した場合で3万円なら不参加なら1〜1.5万円がお祝い品の金額の相場となります。

高額の品を送りたいなら数人で出し合う


お祝い品として高額の品を送りたい場合は、参加者数人で出し合って贈り物を選ぶといいでしょう。それだけ予算も増えまたそれぞれの参加者で贈り物が重複する心配もありません。


お祝い品に適した品物は?


まずは事前に希望を確認


相手が親しい間柄なら事前に連絡して予算を伝え、希望を聞いておくと重複の心配もなく安心です。相手に聞く場合はより具体的にブランド物ならブランド名やメーカーの名前まで聞いておくとよりベストです。そうでない場合は生活必需品か現金が無難です。

割れ物、切れ物はタブー?


本来ハサミや包丁、ナイフなどは「縁が切れる」「仲を切り裂く」などを連想させ、また陶器やガラス、鏡なども「二人の仲が割れる」などを連想させるためタブーだとされてきました。しかしながら最近では結婚のお祝い品のランキングの上位に食器やワイングラスなどもよく見かけるようになり、そうしたこだわりも少なくなってきているようです。相手がそうした格式を重んじるような方でないのであればあまり気にしなくてもいいでしょう。包丁やハサミなども相手が希望するのであれば特に問題はありません。

割れ物と切れ物の画像

食器セットやティーカップセット


食器セットやティーカップセットは結婚のお祝い品ランキングでも上位でよく見かける定番の贈り物です。実用性も高く相手の満足度も高いようです。ただしほかの人とも重複しやすいので事前に確認しておいた方がいいでしょう。

その他の定番の贈り物


結婚の贈り物として食器セットやティーカップセットについで上位でよく見かけるのが時計やアルバムです。ただしこちらも重複しやすい商品です。他にもペアカップ・ペアグラス、キッチン用品、バス・トイレタリーセット、鍋・ケトル、商品券・ギフト券なども定番です。炊飯器やホットプレート、掃除機などの家電製品や家具も人気ですが、こちらもまずは相手の要望を聞いてからの方が重複を避けれるので無難です。





※ 参考文献
決定版冠婚葬祭マナー事典
すべてがわかる冠婚葬祭マナー大事典
大人のマナー便利帳
社会人のためのマナーとルール
三越伊勢丹の最新儀式110番
正しいマナー&こんな時どう言う事典


公開日 2017/11/29
 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ





訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved