生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

名刺交換の仕方


名刺は自分の分身


名刺は自分の分身とも言えるものです。名刺交換は自分の分身と相手の分身とを交換するぐらいの気持ちで丁重に行わなければいけません。当然汚れた名刺 や角が曲がった名刺は相手に失礼になります。名刺は常にきれいな状態で維持できるよう名刺入れに入れて持ち歩くといいでしょう。


名刺交換の仕方


基本の渡し方

名刺交換は立場が下のものから差し出すのが基本ですが、訪問した場合は原則訪問者から差し出します。また名刺交換は立って行うのが基本です。テーブルがある場合は回り込んで相手の前に立って行います。相手に文字が見える向きにして両手で持ち、胸の高さに構えて、足を一歩前に出して渡します。



名刺の受け取り方

名刺を差し出すときは「○○会社、△△部、××と申します。よろしくお願いします」といいます。受け取る側は相手の名刺の名前に指がかからないよう両手で名刺の両端を持ち「××様ですね。ありがとうございます」といい、受け取ったあと相手の会社名、部署、氏名を確認します。



名刺を同時に交換する場合

名刺を差し出したときに、相手も同時に差し出してきた場合は、右手で自分の名刺を差し出し、左手で相手の名刺を受け取ります。訪問者(下の立場)の名刺をやや下に下げるのが礼儀です。



名刺の置き方

受け取った名刺は名刺入れの上に乗せ、机の上に置いておきます。複数いる場合は名前を間違えないようしばらくは座っている順に並べておきます。上から資料を載せたり落としたりしないよう注意しましょう。



PR:フルカラー名刺100枚320円。


名刺交換でのタブー


お尻に敷く

自分の分身をお尻に敷く行為は、自分を卑下することにもなりますし、渡す相手にも失礼になります。ズボンやスカートのポケットではなく、男性なら上着のポケット、女性ならバックのポケットなどすぐに取り出せる場所に入れておきましょう。

名刺を切らす

面会の約束があるのに名刺を切らすのは大変失礼です。相手の信頼を失うのはもちろんのこと、その後のビジネスチャンスも逃してしまいます。名刺交換したことで後々のビジネスチャンスにつながることもよくあることです。相手とのアポが取れたときにきれいな名刺の残りがあるかどうかを確認する習慣をつけておくといいでしょう。どうしようもない場合には「名刺を切らしておりまして」と謝罪したのち、相手からの名刺は丁寧に受け取り、改めて持参、もしくは帰社後に詫び状を添えて郵送しましょう。

名刺を重ねておく

相手が複数の場合はテーブルの上に名刺を並べますが、重ねて並べると大変失礼です。


こんなときどうする


読み方がわからない

相手の名刺の読み方がわからない場合は「なんとお読みしますか」とその場で確認するといいです。

渡す相手が複数いる

渡す相手が複数いる場合は、役職の高い人から順に渡していきます。こちらも複数いる場合は役職の高い人同士からはじめていきます。わからないときは上司や先輩の渡す順番を見習うといいでしょう。







※ 参考文献
社会人のためのマナーとルール
すべてがわかる冠婚葬祭マナー大事典
さすが!と言われる図解ビジネスマナー

text by 2012/02/12
 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ




訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved