生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

手土産の選び方・渡し方


手土産ってどんな時に持参するの

初めて相手の家にうかがう際や、相手から招かれた際、あらたまった訪問の際などに手土産を持っていきます。普段の訪問などでは特に手土産は必要ないでしょう。


どんなものが適してるの?

手土産には「飲みもの」、「食べもの」などの「きえもの」を選べば無難でしょう。ただし、好き嫌いの分かれそうなもの、料理に時間のかかるもの、おきもの、ファッション関係のものは迷惑となる場合もあるのであまり好ましくありません。

用意する個数は家族の人数を考慮して決めますが、相手と親しい関係ならば自分を含めてもかまいません。またショートケーキなどを選ぶ際は2、3個多めに頼むと喜ばれます。

手土産をかうお店はなるべくなら相手方の近く出ないほうがいいです。急遽用意したという印象を与えかねません。商品は風呂敷で包むのが正式ですが、買ったお店の紙袋でもかまいません。


渡すタイミング

基本は訪問が玄関ですむ場合には玄関で渡します。部屋に通された場合は部屋の中で正式な挨拶を交わしたあとで手渡します。手土産をふろしきや紙袋から取り出して、正面を相手に向けて言葉を添えて手渡します。謙遜の意味をこめて「つまらないものですが」とよく言われますが、これではつまらない物をよこすのかといった悪い印象を与えてしまいかねないし、何よりせっかくの手土産の価値を下げてしまいます。「ささやかなものですが」とか「近所で評判のものですが」などというとかどが立ちません。

基本は手土産は部屋の中で渡すのですが、アイスクリームのようにすぐに冷蔵庫に入れたほうがいいもの、花などのように水や泥でお部屋を汚してしまいかねないものなどは玄関先で渡しておいた方がよいです。また先客が部屋にいる場合も玄関先で渡しておく方が無難でしょう。







 TOPへ   HOMEへ




訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved