生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

結婚式のスピーチを頼まれたら


スピーチとは


スピーチはふたりのこれからの新生活へのお祝いと、励ましの言葉がメインです。全体として明るく楽しい話題で構成しましょう。


スピーチの流れ


1.お祝いの言葉(本日はおめでとうございますなどシンプルなものでよい)
2.自己紹介(新郎・新婦との関係)
3.新郎新婦の人柄・エピソード
4.はなむけの言葉
5.結びの言葉(お祝いの言葉で締めくくるのも良い)


スピーチの中身


明るくほほえましい話題を選びましょう。
異性関係の話題や暴露話、下品な話や、ダジャレなどはマナー違反です。
新郎新婦両家の両親や親族が聞いて、嬉しくなるような話題を選びます。
仲間内だけで通じるような話題は控えましょう。
言葉遣いはきちんとした敬語を用いて、わかりやすい言葉で表現します。
新郎・新婦の名前は呼び捨てにしないように。
スピーチは1人2〜3分が目安です。
長くても5分以内に。原稿用紙で1.5枚から2枚程度です。
エピソードは1つに絞りましょう。


話し方のコツ


話す時は背中を丸めずに、背筋を正して話します。
マイクは口に近づけすぎずに、10cm程離してしゃべりましょう。
はやすぎず、遅すぎずでテンポよく話しましょう。
内容はしっかりと頭に入れて。自信がなければ要点を簡単にまとめてそれを見ながらスピーチするのもひとつの手です。
視点はいってんに置かずに、Z字、または円を描くような形で移すと良いです。


忌み言葉、重ね言葉の使用は厳禁


忌み言葉や重ね言葉の祝いの席での使用には、特に注意が必要です。注意しないと知らず知らずのうちに使ってしまいがちで、聞く側に不快感を与えてしまいます。スピーチ内容にこれらの言葉が混ざっていないかよく確認してください。

忌み言葉
切る、終わる、壊れる、破る、別れる、離れる、涙、死ぬ、失う、苦しい、去る、出る、帰る、返す、枯れる、衰える、飽きる、薄い、割れる、倒れるなど

重ね言葉
返す返すも、重ね重ね、たびたび、またまた、繰り返す、再び、再三など







 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ





訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved