生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー
マナーTOP  訪問編  結婚編  葬式編  その他  知恵袋投票結果  クイズ!  アンケ(2択)  アンケ(複択) 
HOME > マナー知恵袋TOP > 葬式編 > 通夜・葬式での服装、遺族側、弔問者、会葬者別に解説

通夜・葬式での服装、遺族側、弔問者、会葬者別に解説


遺族側の服装


通夜の遺族側の服装

通夜の服装には正式喪服と略式喪服の2種類があります。遺族(喪家・そうか)側の服装ですが、身内だけで執り行う仮通夜の場合はあらたまった服装にする必要はありません。多くの弔問(ちょうもん)客を迎えるときは略式喪服を着用します。

葬式・告別式の遺族側の服装

遺族や近親者、喪主や世話役代表の場合、葬式や告別式では正式喪服を着用します。

喪服が準備できない場合

急なことで喪服が準備できない場合は、葬儀社などに相談すれば貸衣装を手配してくれます。

喪主と世話役代表とのバランス

喪主が準礼装で世話役代表が正装ではバランスが悪くなります。事前に相談し同格の装いとなるようにしましょう。

遺族・喪家側は喪章をつける

遺族側や世話役などは喪章をつけます。喪章によって弔問者や会葬者が喪章をつけている人が遺族側であるということが一目でわかります。喪章には腕章型のものとリボン型のものがあります。腕章型は左腕にまく黒い布です。社葬の場合は社員も喪章をつけます。

夫婦で和装、洋装合わせた方がいいのか?

喪服には洋服と和服がありそれぞれに正式喪服、略式喪服の格があります。夫婦で洋服と和服と異なっていても格式が同じなら問題ありません。例えば夫が正式洋服で妻が正式和服だとしてもどちらも正式喪服なので格式は同じです。


弔問者・会葬者の服装


会葬、弔問、参列の違い

通夜に参加する場合は弔問といい、葬儀式、告別式に参加する場合は会葬といいます。参列はどちらでも使えます。

喪服はもともとは遺族用

喪服はもともとは遺族が着るものでしたが、死者への礼儀や死を悼む気持ちを表すために弔問者や会葬者も喪服を着るのが今では一般的になっています。

通夜・葬式の弔問者、会葬者の服装

弔問者の場合は通夜の場合急な知らせで駆けつけるので、地味な平服でもかまいませんが、葬式・告別式の場合は略式喪服を着用します。なお平服は男性の場合、T-シャツや派手なネクタイは避け、黒またはダークグレー、濃紺、濃い茶などのスーツにネクタイと靴下を黒にそろえた服装にします。女性の場合は黒っぽいワンピースかツーピース、アンサンブルなどで、髪型や化粧は派手にならないように注意し、アクセサリー類もはずしておきます。

弔問・会葬客は控えめな服装を

弔問客や会葬客は親族側よりも控えめな服装にするのがマナーです。正式喪服ではなくダークスーツや黒っぽいワンピースなど略式喪服を着用しましょう。

正喪服、準喪服、略喪服とは

以下では正式喪服と略式喪服について解説していますが、もう少し詳しく分類すると略式喪服は準喪服、略喪服と分けることができます。例えば男性の略式喪服でもブラックスーツは3つの分類では準喪服となり、ダークスーツは略喪服となります。格式は略喪服よりも準喪服の方が上です。


男性の喪服


正式喪服洋装

男性の正式喪服は洋装の場合、黒のモーニングコートに、黒無地のベスト、白いワイシャツに、光沢のない黒無地のネクタイをつけます。ネクタイピンはつけません。ズボンは地味な縞柄で、ベルトはつかわずサスベンダーを使用、くつと靴下は黒でそろえます。モーニングコートは昼間の正装なので通夜では、準礼装の上下黒のスーツに、白いワイシャツ、黒のネクタイをつけます。最近は昼間でもブラックスーツを着用するのが一般的になってきています。

部位服装
上着黒のモーニングコート、通夜は黒のスーツ、黒無地のベスト
シャツ白いワイシャツ
ズボン地味な縦縞、通夜は黒のスーツ
ネクタイ光沢のない黒のネクタイ
靴下・靴黒の靴下と靴


正式喪服和装

和装の場合は慶事と同じ服装で、黒羽二重の染め抜き五つ紋付の長着に羽織袴のある黒紋服です。袴は仙台平か博多平です。長じゅばんと下着の襟の色は白かねずみ色の羽二重で、帯は地味な色合いの角帯を使います。羽織の紐は白、足袋は正式には白ですが黒が用いられる地方もあります。畳表の草履で鼻緒は黒です。

部位服装
着物と羽織黒羽二重の染め抜き五つ紋付の着物と羽織
長じゅばん、下着白もしくは黒、グレーの羽二重
仙台平か博多平
地味な角帯
羽織の紐
足袋白(黒の地域も)
草履畳表の草履で鼻緒は黒


略式喪服

男性の略式喪服では洋式の場合、ブラックスーツもしくはダークスーツを着用します。ダークスーツとは濃紺かダークグレーなど黒っぽい地味な無地系のスーツをさします。ワイシャツは白、ネクタイと靴、靴下は黒でそろえます。和式の場合は色無地の三つ紋か一つ紋付きの羽織と対の長着、羽織紐と半襟はグレーか黒で、袴は着用しません。

洋装
部位服装
スーツブラックスーツかダークスーツ
シャツ白のワイシャツ
ネクタイ黒のネクタイ
靴・靴下黒の靴下と靴

和装
部位服装
羽織色無地の三つ紋か一つ紋付きの羽織と対の長着
羽織紐グレーか黒の羽織紐
半襟グレーか黒の半襟
着ない


喪主はモーニングコート?

通夜は夜に行われるのでブラックスーツが正式喪服となりますが、葬式や告別式ではモーニングコートが最も格式が高くなります。喪主を務める方はモーニングコートにしないとだめなのかと気になる方もいるかと思いますが、最近ではブラックスーツで喪主を務めるケースも多いようです。しかしながら葬式の規模によってはモーニングコートの方が適している場合もあります。


女性の喪服


正式喪服洋装

女性の正式喪服は洋装の場合、黒無地で光沢のない長袖のワンピース、ス―ツ、アンサンブルとします。夏場も長袖が基本です。スカート丈は膝が隠れるものを選びます。透けるレースや襟の大きく開いたものも避けます。ストッキング、靴下は黒、靴は布製かスエードのような皮製パンプスで飾り気のないものにします。アクセサリーは真珠か黒いものでつける場合も控えめに。バックは光沢がなく、留め金のないものを選びます。

部位服装
上下黒無地で光沢のない長そでのワンピース、スーツ、アンサンブル
ストッキング・靴下
布製かスエードのような革製パンプス
バック光沢がなく留め金のないもの、色は黒、布製・革製どちらでもよい


正式喪服和装

和装の場合は黒羽二重で染み抜きの五つ紋付き長着を着用します。夏は五つ紋付きの黒無地で、6月と9月は単衣(ひとえ)、7月と8月は絽が正式といわれています。帯は黒無地の丸帯で縫い目を下に締めます。半襟、下着、襦袢(じゅばん)、足袋はいずれも白でそろえます。草履は黒で布製のものを選びます。

部位服装
着物黒羽二重で染み抜きの五つ紋付き長着、夏は五つ紋付きの黒無地
ストッキング・靴下
帯・帯揚げ・帯閉め
半襟
襦袢、下着
足袋
草履黒で布製


略式喪服

女性の略式喪服では洋式の場合、紺かグレー、紫のワンピースかスーツですが、略式喪服を着る場面でも黒のワンピースやスーツを着る方も増えてきているので黒でも構いません。黒か紺、ブラウン、ベージュのブラウスと黒のスカートを着用します。夏場は半袖でもかまいません。靴やハンドバック、靴下は無光沢な黒でそろえます。和式の場合は無地の一つ紋、三つ紋に黒帯、地味な小紋に黒の一つ紋の羽織が正装です。帯は黒、草履やハンドバックは黒で皮製のものを選びます。

洋装
部位服装
上着黒か紺、グレー、紫のワンピースかスーツ、黒か紺、ブラウン、ベージュのブラウス
スカート黒のスカート
ストッキング・靴下
黒の靴

和装
部位服装
着物無地の一つ紋、三つ紋
羽織地味な小紋に黒の一つ紋の羽織
黒帯
草履


化粧について

化粧は薄化粧で済ませ、口紅やマニキュア、ネイルは使用しないのが正式です。かつては片化粧と言って紅は付けないしきたりがありました。口紅つける場合は鮮やかな色のものは避けナチュラルカラーの物にしましょう。髪飾りも光る金具のついているものはさけ、黒のリボンかバレッタなどにします。香水は使用しないのが基本で、つける場合はごく微量に抑えます。

アクセサリーについて

アクセサリーは黒いものもしくは真珠なら可能です。結婚指輪や婚約指輪はアクセサリーとはみなされないのでつけていてもかまいません。また悲しみの涙を表すパールやブラックオニキス、黒曜石のネックレス、イヤリングならつけてもよいとされています。また不幸ごとが重なることを連想させるので二連のネックレスも避けましょう。

タイツはOK?

冬場は寒いのでストッキングではなくタイツをはきたいという方もいるかもしれませんが、本来であればストッキングの方が望ましいです。タイツを履くとしても肌が透ける程度の厚さのモノにしましょう。あまりに厚いタイツではカジュアルに見えてしまいます。防寒対策ならパンツスーツを着用するというのも一つの方法です。


その他小物やコートなど


ハンカチは黒か白のモノを選びます。男性の胸ポケットのハンカチはアクセサリーになるので入れない方が無難です。入れる場合でも黒か白などおとなしめのものにしておきましょう。腕時計は金ぴかのモノは避けましょう。コートは毛皮や革製のモノ、ファー付きのモノは避け、色は黒か濃紺のものを選びます。着丈は膝が隠れる程度のものになります。雨の日は傘も派手な色だと目立ちます、黒か紺など控えめな色のものを選びましょう。


学生・子供の喪服


学生は男女とも制服が黒であれば制服が喪服になります。制服がない場合は女子であれば黒のワンピースか黒か紺、グレーのブレザーにスカート、白のブラウス、男子であれば黒か紺、グレーのブレザーにズボン、白のシャツを着ます。靴は男女とも黒靴で、靴下は黒か白です。スニーカーはカジュアルすぎるので避けましょう。


まとめ


通夜や葬儀式、告別式での服装は遺族側か、弔問者、会葬者側かで喪服は異なります。通夜の場合遺族側は略式喪服を着用し、弔問者側は平服か略式喪服を着用します。葬儀式、告別式では遺族側は正式喪服を着用し、会葬者側は略式喪服を着用します。喪章は遺族側を表すものなので遺族側のみつけます。





※ 参考文献
決定版冠婚葬祭マナー事典
すべてがわかる冠婚葬祭マナー大事典
大人のマナー便利帳
社会人のためのマナーとルール
さすが!と言われる図解ビジネスマナー
三越伊勢丹の最新儀式110番


最終更新日 2016/11/04
公開日 2004/02/04
 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ




訪問編一覧


結婚編一覧


葬式編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved