HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 魚料理レシピ > いわしの梅煮のレシピ・作り方
魚料理レシピ
いわしの梅煮のレシピ・作り方(2人分)

中心食材
いわし
梅干
しょうが


しょうゆ
みりん
砂糖
… 4尾
… 2個
… 1かけ
… 1カップ
… 1/4カップ
… 大さじ2
… 大さじ2
… 小さじ1
1 下準備
いわしのうろこを包丁の先でこそげとる。 そして頭を切り落とす。

2 下準備
腹を三角に切り落とします。 内臓を包丁の先でかきだし、中を水でよく洗います。 キッチンペーパーで水気をふき取ります。 しょうがは千切りにしておきます。

3 調理
水、酒、しょうゆ、みりん、砂糖を鍋に入れ、ひと煮立ちさせる。

4 調理
いわしを並べ入れ、ちぎった梅干の果肉、梅干のたね、 千切りにしたしょうがを加えて、強火で煮立てます。

5 調理
煮立ったら、落としぶたを水でぬらして上からかぶせ、 中火で10分ほど煮立てます。

6 調理
梅干のたねを取って、皿に盛って出来上がりです。
ぬれた新聞紙を引く
調理の際にまな板にぬれた新聞紙を引いておくと、 まな板も汚れず、内臓などをそのまま包んで捨てれるので、 手間がかかりません。
いわしは表を上にする
いわしを並べ入れるときは表が上になるようにします。 こうすることできれいに煮上がります。 表は頭が左、腹が下の位置に来たときに上になる面です。
上下をひっくり返さない
煮込む際に上下をひっくり返すと煮崩れしてしまいます。
煮込み具合の判断
いわしに十分に中まで火が通ると、尾っぽの部分から 皮がはがれてくるので、目安になります。
煮汁を上からかける
煮つめる最後の方で、落としぶたを取って、何度が煮汁を上からかけてやると、 色つやよく煮上がります。



※参考書籍
いちばんわかりやすい基本の料理
たのしい調理 -基礎と実習-


このレシピがお気に入りなら投票お願いします。

















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved