HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 肉料理レシピ > 棒棒鶏(バンバンジー)のレシピ・作り方
肉料理レシピ
棒棒鶏 (バンバンジー)のレシピ・作り方(2人分)

中心食材
鶏もも肉
長ネギの斜め薄切り
しょうがの薄切り
きゅうり
トマト
… 1枚300g
… 4枚
… 4枚
… 1本
… 1/2個

下味


… 大さじ1
… 少々

タレ
芝麻醤
砂糖・酢
しょう油
豆板醤
長ネギのみじん切り
しょうがのみじん切り
… 大さじ1・1/2
… 各大さじ1
… 大さじ1・1/2
… 小さじ1/2
… 大さじ1
… 小さじ1
1 下準備
鶏もも肉の皮の付いてる方を下にして黄色い脂身の塊を包丁でそぎ取ります。

2 下準備
鶏もも肉に下味がしみ込みやすくなるよう、皮の上からフォークで数箇所さして穴を開け、酒、塩を振り掛けます。

1 調理
鍋に鶏もも肉と長ネギの薄切り、しょうがの薄切りをいれ、鶏もも肉が半分浸る程度の水を入れて中火にかけます。

2 調理
煮立ってきたら弱火にしてふたをして7〜8分煮込み、火からおろして、ふたをしたまま冷まします。

3 調理
きゅうりに軽く塩を振りまな板の上で転がした後、皮むき器で皮をむき、両端のへたを切り落として、4cmほどの長さに細切りにします。

4 調理
トマトは縦半分に切り、端から薄切りにします。

5 調理
ボールに芝麻醤、砂糖、酢、豆板醤を入れてよく混ぜた後、しょうゆを加えてさらに混ぜ、最後に長ネギとしょうがのみじん切りを入れてよく混ぜます。

6 調理
冷ました鶏肉を鍋から取り出し、皮を上にしてまな板の上にのせ、すりこ木でたたいて肉を少し崩します。

7 調理
皮をはいで、鶏肉を繊維にそって食べやすい大きさに裂きます。皮は裂いた鶏肉の大きさに合わせて細切りにします。

8 調理
器に鶏肉ときゅうり、トマトを盛り合わせてタレをかけて出来上がりです。
芝麻醤とは?
芝麻醤(チーマージャン)とは中華調味料の1つで、白ゴマをいってすりつぶし油でのばしたものです。なければ練りゴマでもかまいません。
トマトの選び方
トマトはへたは青々とみずみずしく、実は色むらのない鮮やかな赤色のものを選びましょう。さわってみたときに重量感が有り、柔らかすぎず適度な弾力のあるものが鮮度がいいです。へたの反対側の実の先の部分から白い線が放射状に延びているものほど良品です。見分け方について詳しくは以下のページを参照してください。

トマトの見分け方
きゅうりの選び方
きゅうりは全体の太さが均一で色も濃い緑で張りのあるものを選びます。触ってみて重量感があり、水分がつまって張りのあるものを選びましょう。

きゅうりの見分け方
汁に入れたまま冷ます
鶏肉は蒸し汁の中に入れたまま冷ますと、肉がパサパサせずしっとりと仕上がります。
切り分けるのは冷めた後
蒸した鶏肉は熱いままだと切り分けたときに肉汁が流れ出てしまうので、粗熱をとって冷ました後に切り分けます。
きゅうりの板ずり
きゅうりの板ずりとはきゅうり1本に付き塩を小さじ1/4程まぶしてまな板の上で軽く押しながら転がしてやることです。こうすると味の浸透や色のでがよくなります。
調味料を加える順序
タレを作るときは先に芝麻醤にしょうゆを加えると、だまになってよく混ざり合わないので、砂糖と酢を加えてよく混ぜた後に加えるとなめらかなタレになります。



※参考書籍
おいしさのコツが一目でわかる 基本の料理
家庭でつくる基本の料理大事典
おいしい和食の大事典200
基本の家庭料理 和食篇
基本の中華
いちばんわかりやすい基本の料理

このレシピがお気に入りなら投票お願いします。














Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved