HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 肉料理レシピ > 肉じゃがのレシピ・作り方
肉料理レシピ
肉じゃがのレシピ・作り方(2人分)

中心食材
牛薄切り肉

だし汁
サラダ油
じゃがいも
たまねぎ
さやいんげん
しらたき
砂糖
しょう油
みりん

… 100g
… 大さじ1/2
… カップ1
… 大さじ1/2
… 2個
… 1/2個
… 50g
… 半パック
… 大さじ2
… 大さじ2
… 大さじ1
… 大さじ1
1 下準備
カップに水を入れ5cm角の昆布を浸して30分置いておく。牛肉は一口大に切る。じゃがいもは皮をむき、4つ割りにして10分ほど水につけておく。たまねぎは半分に切って3cm幅に薄切りにする。さやいんげんはすじをとって半分に切る。しらたきさっとゆでてざるに取り水切りして8〜10cmに切る。

2 調理
なべに油を引き牛肉を重ならないように入れ弱火で火にかける。肉が白くなってきたらほぐしてお酒を入れ、続いてだし汁を入れて強火にして、浮いてきたあくを取ります。

3 調理
たまねぎと水気を切ったじゃがいも、しらたきを加えて、調味料をまずは砂糖から、砂糖がよく溶けたらみりん、お酒、しょう油の順に入れていきます。そして弱めの中火にして15分ほど煮込みます。

4 調理
さやいんげんを加えて煮込み、やわらかくなったら強火にして少し残る程度まで煮汁を飛ばして出来上がりです。
メックイン、ホッカイコガネを選ぶ
肉じゃがにはデンプン質が少なく粘質で煮崩れしにくいメークインやホッカイコガネなどの品種のじゃがいもがよくあいます。男爵いもやキタアカリなどの品種はデンプン質が多いので荷崩れしやすく、肉じゃがにはあまり向いていません。品種についてはくわしくはじゃがいもの見分け方・選び方で解説しています。
調味料を入れる順番
調味料ではしょう油などの辛いものほどしみ込みやすく、素材をしめてしまうので、先に砂糖を加えることで甘みの効きが良くなります。
じゃがいもは水に浸す
じゃがいもは水に浸すことで表面のでんぷんが落ち、べたつきや煮崩れを防げます。



※参考書籍
いちばんわかりやすい基本の料理
調理以前の料理の常識
簡単料理コツのコツ
材料の下ごしらえ百科
家庭でつくる基本の料理大事典
基本の家庭料理 和食篇


このレシピがお気に入りなら投票お願いします。














Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved