HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 野菜料理レシピ > ふろふき大根のレシピ・作り方
野菜料理レシピ
ふろふき大根のレシピ・作り方(4人分)

中心食材
大根
昆布
米粒
… 1/2本(600g)
… 10cm角2枚
… 大さじ1

あわせみそ
白みそ(西行みそ)
赤みそ
砂糖

… 50g
… 50g
… 大さじ2
… 1/4カップ

ゆずみそ
白みそ(西行みそ)
赤みそ
砂糖
みりん
だし汁
ゆずの皮
… 50g
… 50g
… 大さじ1
… 大さじ2
… 1/2
… 約小さじ1/2
1 下準備
大根を3、4cmに輪切りにし、皮を厚めにむきます。切り口の角を包丁で切り取り(面取り)、片面に包丁で十文字に切込み(かくし包丁)を入れます。

2 調理
鍋に大根がかぶるくらいの水とかくし包丁を入れたほう下にした大根と米粒を入れて、強火で煮立たせ、煮立ったら弱めの中火にして約1時間煮込みます。

3 調理
大根を水洗いし、鍋に並べて大根がかぶるくらいの水とこんぶを入れて強火で煮立たせ、弱めの中火で20〜30分煮ます。

4 調理
大根をゆでている間、別の鍋に合わせみそもしくはゆずみその材料を入れ、弱火にかけ、こがさないようによく混ぜながら柔らかくなるまで20分ぐらい練ります。

5 調理
器に隠し包丁を入れたほうを下にして大根を盛り、練りみそをかけて出来上がり。
中央の部位を使う
大根の中央の部位は太さも均一でみずみずしいので、おでんやふろふき大根などの煮物にむいています。首の部分は堅く甘みがあるのでサラダなどに、先端部分は辛味が強く筋も多いので大根おろしや漬物などに使うといいです。
秋冬ものを使う
1年中出回っている大根ですが出回る時期でも味の違いがあります。夏に出回るものは辛味が強いのが特徴で、秋冬に出回るものは水分が多く甘みが強いのが特徴です。ふろふき大根で使うなら秋冬物が特に適しているでしょう。
面取り
角を切り取ってなだらかにする(面取り)をすることで煮崩れしにくくなります。
かくし包丁
かくし包丁をすることで火の通りや味のしみこみがよくなります。
米でえぐみ取り
米を入れて煮る事で大根のえぐみやくせを取ることができます。米のとぎ汁を使ってもいいです。
みそはお好みで
合わせみそかゆずみそかはお好みで。ゆずみそはゆず以外の材料で火にかけ、火からおろしたあとにゆず皮のすりおろしを混ぜ合わせます。
煮汁につけておく
米を入れて煮る事で大根のえぐみやくせを取ることができます。米のとぎ汁を使ってもいいです。
余った大根は?
大根は1本が大きいので1回でなかなか使いきれるものではありません。余った分は冷蔵庫で保存します。大根は乾燥に弱いので新聞紙やラップに包んで保存します。料理用にカットしてから固ゆでて冷ましたものを冷凍保存もできます。大根おろしにして冷凍保存もできます。詳しくは以下で解説しています。

大根の保存方法、長持ちのコツ



※参考書籍
基本の家庭料理 和食篇
材料の下ごしらえ百科
家庭でつくる基本の料理大事典
簡単料理コツのコツ


このレシピがお気に入りなら投票お願いします。














Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved