HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 野菜料理レシピ > 里芋のにっころがしのレシピ・作り方
野菜料理レシピ
里芋のにっころがしのレシピ・作り方(2人分)

中心食材
里芋
だし汁
しょう油
砂糖
みりん
ゆず
… 500g
… カップ2
… 大さじ2
… 大さじ2
… 大さじ1
… 適量
1 下準備
里芋を流水にさらしながらたわしで丁寧に泥を落とす。 

2 下準備
里芋の天地を包丁で切り落として上から見て六角形になるように皮をむく。 

3 下準備
里芋を塩もみして熱湯をかけてぬめりをだし、流水にさらしながらぬめりを落としていく。

4 調理
鍋にだし汁と里芋を入れて一煮たちさせ、煮たったら砂糖、しょう油、みりんを加えて落とし蓋をし、中火で煮込む。里芋が焦げ付かないようときどきへらでかえす。

5 調理
15分ほど煮て里芋に竹串がすっと入るぐらいにやわらかくなったら火をとめる。

6 調理
皿にもって、せんぎりにしたゆずの皮を散らして出来上がり。10分ほどおいて味を染み込ませてもいいです。
里芋の選び方
里いもは土付きのもののほうが味もよく、日持ちもします。表面の縞模様がくっきりとして平行に並び、丸みを帯びたもの、触ってみて身がしまっているものを選びましょう。くわしくは里いもの見分け方・選び方で解説しています。
里芋は水につけておく
泥つきの里芋は洗う前に水につけておくと、泥が緩み落としやすくなります。
かゆみ対策
里芋の皮をむくときにかゆくなるのが気になる方もいるかと思います。かゆみはおもに里芋のぬめりの成分であるあくが原因ですが、濡れたままの里芋だとそれが余計にひどくなります。里芋は洗ってから少しの間乾かしてむくといいでしょう。
鍋のサイズ
鍋が大きすぎるとだし汁が蒸発するのも早くなるので里芋が焦げやすくなります。鍋のサイズは里芋のスペースが半分になるぐらいの物を選ぶといいでしょう。
煮崩れを防ぐには
里芋やじゃがいも、かぼちゃなどの煮崩れしやすい野菜を煮込むときは、最初に塩みを加えてやると煮崩れしにくくなります。



※参考書籍
いちばんわかりやすい基本の料理
基本の家庭料理 和食篇
材料の下ごしらえ百科
おいしい和食の大事典200
簡単料理コツのコツ


このレシピがお気に入りなら投票お願いします。














Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved