HOME >> 旅行宿泊予約サイト >> 宿泊予約サイトを賢く使う >> ホテル・宿が祝祭日よりも平日が安い理由、平日限定プランもお得
特集企画

ホテル・宿が祝祭日よりも平日が安い理由、平日限定プランもお得



平日限定プランを実施する理由


ホテルや宿で特に宿泊客が多いのが金曜や土曜など休日前の2日間や祭日の前日、連休期間などです。こうした期間はホテルも繁盛期なので、無理に限定プランなどを実施して宿泊客を呼び込む必要はありません。一方翌日が平日である日曜や月曜から木曜は通常休日前よりも宿泊客は少なめです。こうした期間の宿泊客を呼び込むために、ホテルによっては平日限定のプランを実施しているところも少なくありません。



どうして日曜も含まれるの?


以下の図は楽天トラベルでのあるホテルの当日限定プランでの価格表です。空き部屋がある場合に部屋数と価格が表示されています。ホテルが用意する多くの平日限定プランではなぜか日曜日も部屋数表示がなされています。本来日曜は祝日であり平日ではありません。しかしながら翌日は平日である月曜なので、多くの方は仕事が控えています。そのため日曜はホテルに泊まるのではなく、自宅に帰り翌日の仕事に備えるという方が多いのです。

むしろ翌日が日曜日や祭日であれば、仕事の心配はないので気兼ねなくホテルに泊まることができます。祝日の前日から宿泊し、翌日は思いっきり休日を満喫するという利用のされた方が多いのだと思われます。したがって日曜は祝日ですが案外宿泊客は多くはないのです。このため平日限定プランに日曜も含めるホテルが多いのだと考えられます。




金曜日が含まれないのはなぜ?


平日といえば金曜日も含まれますが、なぜか金曜日が含まれていない平日限定プランも少なくありません。これにはいくつか理由が考えられます。企業によっては週休二日制のところも少なくなく、こうした企業では日曜だけでなく土曜も祝日という場合がよくみられます。土曜も祝日なので前日の金曜日からホテルに宿泊されるという方の需要も多いのだと考えられます。上の図のカレンダーでは金曜日も平日プランに含まれていますが、他の曜日と比較しても宿泊価格が割高に設定されています。それだけ需要が高いので価格も割高に設定しているのだと思われます。



平日限定プランのメリットは


基本的には通常のよりも料金が割安に設定されていることが多いです。このほかポイントが2倍になったり、QUOカード1000円分が付いたり、朝食が無料になるなどの付加サービスをつけるプランもあるようです。



平日限定プランの探し方


キーワード検索ができる宿泊予約サイトなら平日限定と入力すれば平日限定プランを探せます。まずはキーワードで平日限定プランを探した後に希望のエリアを絞っていくといいでしょう。



まとめ


ホテルは繁盛期であれば宿泊費は高くなり、閑散期はお客さんを呼び込むために料金を安くするものです。ホテル代を安くしたいなら平日を狙うのもおすすめです。祝日前は宿泊客の需要も高いため、土曜の前日である金曜や日曜の前日である土曜日は特に料金は高めに設定されています。意外な穴場は日曜です。日曜は翌日が平日なのでそれほど宿泊客は多くはありません。平日限定で特別料金を設定している場合もあるので宿泊予約サイトなどで平日限定と入力してキーワード検索をしてみてもいいでしょう。




おすすめコンテンツ

国内旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
国内のホテルや旅館の予約をするなら宿泊予約サイトが便利です。その特徴とメリット、選ぶ際のポイントを解説します。


海外旅行ホテル宿泊予約サイト比較一覧
海外のホテルを予約したいなら日本語でも予約が出来る海外ホテル宿泊予約サイトが便利です。特徴やメリット、選び方のコツを解説します。








公開日 2016/10/29






メニュー
旅行宿泊予約サイト
宿泊予約サイトの選び方
宿泊予約サイトの特徴
宿泊予約Q&A
宿泊予約サイトを賢く使う
各宿泊予約サイトのサービスを検証
国内宿泊予約サイト一覧
海外宿泊予約サイト一覧
ツアー販売サイト
航空券販売サイト

since 2004/05/07
Copyright(C)2004 kain All Rights  Reserved