生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

簡単なスイカの種取り


種をとりやすくする工夫
夏はスイカのおいしい季節ですよね。エネルギー代謝がよく、水分たっぷりで、利尿作用もあるので暑い季節にぴったりの食べ物です。そんなスイカですが種取りはわずらわしいものです。そこで効率よく種を取り除く方法を紹介します。

スイカの種は維管束と呼ばれる栄養と水分を運ぶ管につながってます。維管束は規則正しく並んでいて、それにつながる種も規則正しい並びになってます。このならびに沿って包丁を入れることができれば、種は切り口表面にのみ集中して、中に残ることがありません。表面の種を取り除けば種無しスイカの出来上がりです。ただしこのきり方でも種が中に残ることがあります。成長段階で並びから外れてしまうことがあるからだそうです。


切り方
では具体的にどのように切ればいいのか説明します。まず最初に縦じまが横になるように置きます。頭と尻の方を少し切っておけば安定します。次に縦に包丁を入れます。切り口表面には放射線状に種がたくさん並んでいると思います。中心から種のならびに沿って、種を半分に切るような形で包丁を入れていきます。同じようにとなりの種のならびも切っていきます。こうすればちょうど、切り口表面に種が集中してくれます。あとは切り分けたスイカの表面から種を取っておしまいです。


種を取りづらいが楽な切り方
なぜ最初に縦じまを横になるように置いたのかというと、縦じまの並びと維管束の並びがほとんど同じだからです。なので、縦じまの間に包丁を入れれば今度は切り口表面に種がでない、見た目綺麗な仕上がりになります。また切るときに固い種に包丁が当らないので、すんなりと切れます。ただし見えないだけで種は中にしっかりと詰まってます。




 TOPへ   お料理TOPへ   HOMEへ




調理のコツ一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved