生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

換気扇の掃除


油をこそげ取る


しつこい汚れで手のかかる換気扇ですが、掃除の仕方でキレイに汚れを落とすことができます。まずは掃除がしやすいように分解しましょう。ファンに付いた油汚れはへらか割り箸でこそげ落としておきます。割り箸は先をへらみたいに削っておくと便利です。使い古しのテレホンカードでも代用できます。


しつこい汚れにはつけおきが効果的


次にシンク(流し)に2枚重ねのごみ袋を敷き、50〜60℃ぐらいのお湯を入れて酸素系漂白剤と台所用中性洗剤を溶かします。浴槽2/3ぐらいのお湯に酸素系漂白剤コップ2/3、台所用中性洗剤小さじ2杯を入れ、部品やファンをつけおきします。ねじなどはなくならないよう網に入れておくとよいです。20分から30分ほどつけておけば汚れがうきでてきます。


洗剤の使用には注意が必要


酸素系漂白剤や台所用中性洗剤に含まれるアルカリ性分は、濃度が高くなるほど浸透力が増し、汚れも落ちやすくなるのですが、あまりに濃度が高くなってしまうと部品の素材が痛んでしまうので、高濃度にしすぎないよう注意してください。またアルミ製の部品は酸素系漂白剤につけておくと黒く変色するので変わりに中性洗剤で強力なものを使いましょう。


取り外せない部品は


取り外せない部品はつけおきできませんので、お湯に洗剤を溶かしてキッチンペーパーを浸け、それを部品に貼り付けてください。20〜30分ほど貼り付けておけば汚れは浮き出てきます。あとは布でふき取ります。


塗装された部品は


塗装された部品の中にはつけおきや貼り付けをすると、塗装がはげてしまうものもあります。その場合は直接洗剤を塗装面にはつけずに、布やティッシュに染み込ませてふき取るようにしてください。


汚れをブラシでこする


つけおきから取り出した部品は汚れが浮き出て落としやすくなってます。ブラシでよくこすって、最後に水でキレイに洗い流します。使い古しの歯ブラシなんかがあれば隙間の汚れもキレイに落とせます。


汚れないように工夫する


換気扇用のフィルターやパックをはめておけば汚れの大部分はそちらにつきます。掃除をするときもフィルターを取り替えるだけでいいので、とっても簡単で手間もかかりません。他にも柔軟仕上げ剤や、自動車用のワックスを換気扇に薄く塗っておけば汚れがつきにくくなり掃除も楽になります。







 TOPへ   お掃除TOPへ   HOMEへ




キッチン編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved