生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

カーペットの掃除


カーペットのお掃除
カーペットのお掃除も掃除機をサーとかければはいおしまい、これで十分と思っている方も多いかもしれませんが、十分にとりきれていないこともしばしば。カーペットの毛足のあいだに入り込んだチリや埃は簡単には取り除けないものです。

汚れをそのままにしておくとどうなるでしょうか。食べかすやフケ等の汚れはダニのえさとなり、たまったホコリでホコリ焼けが生じてしまえばカーペット自体の寿命をも縮めてしまいます。これらはしっかりと取り除きたいものです。そこで今回は上手なカーペットの掃除機の掛け方と湯拭きの仕方について紹介します。


掃除間隔の目安
生活での利用度などに応じて各家庭での掃除の間隔もことなる事とは思いますが、汚れてから掃除と言うのでは、どうしても先延ばしになりがちです。なるべくなら定期的に行うようにするといいでしょう。大体の目安は掃除機がけで週1回、湯拭きで1〜3ヶ月に1回程です。


掃除機の掛け方
1
基本
掃除機の掛け方は「かるく・ゆっくり・短く」が基本です。とり残しがないようゆっくりと掃除機をかけ、あまり長くしてヘッドが反り帰さないようにストロークも短めにします。また力加減も掃除機がしっかりと風を吸い込めるよう押し付けずに軽く当てます。詳しくは「掃除機の掛け方のコツ」をご覧ください。

2
毛足にからんだゴミ
毛足にからんでなかなかとれないゴミには、回転ブラシの付いたヘッドを利用するとさくさくとれます。回転ブラシがない時は隙間用ノズルを細かく動かしながら毛足を起こして吸引するといいでしょう。ほかにも固めのブラシを使ってかきだして掃除機をかけるといった方法もあります。どちらもすこし手間がかかりますが、回転ブラシのないときの代替案として活用してください。

3
髪の毛には
髪の毛やペットの毛は掃除機ではなかなか取りにくいものです。そんなときはガムテープでとったほうが早いでしょう。市販のコロコロなどを利用してもいいです。変わったところではゴム手袋を利用すると言うのもあります。ゴム手袋をはめてカーペットをこすれば髪の毛やゴミなどが次第にまとまって固まりとなり、後はつまんでゴミ箱に捨てるというものです。


湯拭きの仕方
カーペットも繊維製品なのでできれば掃除機だけでなく、拭き掃除もこなして起きたいところです。そこでぞうきんの登場です。ぬらして固く絞ったぞうきんを用意してカーペットを拭いて行きます。ぞうきん表面が汚れてきたらきれいな面にかえて拭いて行きましょう。拭くときは「の」の字のフォームで拭いていくと毛足の奥のホコリや髪の毛まででてくるので効果的です。なお拭き掃除は晴れて乾燥した日に部屋の風通しを良くしやるようにしましょう。





※ 参考文献
シンプルライフをめざす基本のそうじ+住まいの手入れ
おばあちゃんの知恵袋


text by 2007/02/23
 TOPへ   お掃除TOPへ   HOMEへ





リビング編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved