生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

浴室の鏡の水あか


水あかの原因


水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルは、酸素や二酸化炭素と結びつくと炭酸マグネシウムや炭酸カルシウム、ケイ酸などの固形物となります。これが水の蒸発とともにこびりつき水あかとなります。浴室の鏡は絶えず水がかかっては乾きを繰り返すので、白く曇った水あかができやすい環境にあります。



クエン酸や酢で落とす


酢やクエン酸などの酸には水あかの原因である炭酸カルシウムを溶かす働きがあるので、頑固な水あか対策に使えます。白くなってまだ日の浅い水あかなら水とスポンジ類だけでも落とせますが、落ちない場合はクエン酸を使いましょう。クエン酸をスプレーしてフキペット(化織の極細繊維布)やアクリルたわしなでこすって落とします。

鏡に付いた水あかは水でぬれると透き通って見えにくいので、表面につめを立てたり指先を使ったりしてカルシウムのざらつきやひっかかりを探り、感じた部分を重点的にこすります。あとは水で洗い流して乾く前にタオルでふき取ります。

しつこい水あかにはトイレットペーパーを貼り付けてクエン酸を上からスプレーし、3時間ほど放置してからこするといいでしょう。鏡の止め具のあたりなどは水あかがたまりやすいので歯ブラシでこするといいでしょう。


研磨スポンジを使う


頑固な水あかは炭酸カルシウム類だけでなく他の雑多な汚れも混ぜ込んでこびりついている場合もあり、酸だけではなかなか落ちにくいものです。こんなときには研磨スポンジ(メラミンスポンジ)を使うといいでしょう。研磨スポンジは極細な繊維で研磨することで汚れを落とすもので、使うごとにけずりかすがでて小さくなって行きます。使うときは小さな円を描くように磨いていくといいです。他にもクエン酸や研磨剤が入っている水あか用洗剤を使ってもいいです。


水あかを防ぐには


水あかを防ぐには、使った後に水でさっと流し、拭くかスクイジー(車のワイパーのようなもの)で水気を取るといいでしょう。




※ 参考文献
シンプルライフをめざす基本のそうじ
科学的に正しい暮らしのコツ
住まい汚れスッキリ解消術


text by 2013/01/28
 TOPへ   お掃除TOPへ   HOMEへ




浴室編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved