生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

洗面ボウルや椅子の汚れやカビを落とす


汚れを浮かせて落とす


洗面ボウルや椅子などの洗面器具の汚れでは、まず最初に浴室用中性洗剤を吹きつけて30分ほど置いておきます。その後スポンジで汚れをこすり落とします。頑固な汚れにはキッチンペーパーを上からかぶせて中性洗剤を吹きつけて湿布しておき、汚れを浮かせてから洗い流します。

一部プラスチック製品では洗剤を長時間添付しておくと変色することが有ります。その場合は微粒子タイプの浴室用クレンザーを使うといいでしょう。プラスチック製品は傷が付きやすいので微粒子タイプがおすすめです。


汚れが付きやすい場所


洗面ボウルや椅子などの洗面器具で床と接している部分は乾きにくいので汚れが付きやすい場所です。掃除のときは見落としに注意しましょう。浴室にフックがあれば洗面器具をかけておくといいでしょう。


いすの裏側のカビ


いすの裏側や底は特にカビが繁殖しやすい部分です。カビにはカビ取り剤を添付してキッチンペーパーをはって10分ほどおいておき、そのあときれいに洗い流します。カビ取り剤は手につくと荒れることがあるので作業はゴム手袋やゴーグル、マスクなどをつけてするといいでしょう。またカビ取り剤は汚れなどと反応して少しづつ塩素ガスを発生させることがあるので、換気のよくして作業するようにしましょう。


カビが繁殖しやすい環境


カビは湿度70〜80%、温度20〜30度の環境で繁殖しやすいものです。また浴槽にはカビの栄養となる皮脂やせっけんカスなどもそろっているのでカビが繁殖するにはうってつけの環境です。そのため普段からのお手入れでカビが繁殖しにくい環境を維持することが重要となってきます。


日ごろのお手入れ


浴室の汚れはカビ(黒ずんでいる)や湯あか(皮脂や分泌物が変化したもの)、石鹸やシャンプーの残りかすなどが主だったものです。これらは高温多湿の環境で放置しておくとさらにこびりついて落ちにくくなります。頑固な汚れは掃除も大変ですので、入浴後はさっと汚れを荒い流し、水シャワーで浴室の温度を下げ、換気扇を回して湿気を取り除いておくといいでしょう。




※ 参考文献
ラクラク家事の本
掃除・収納のきほん
いちばんわかりやすい家事の基本大事典
一人暮らしの裏ワザ・隠しワザ
暮らしまる払い!コツと基本120


最終更新日 2015/11/03
公開日 2012/03/21
 TOPへ   お掃除TOPへ   HOMEへ




浴室編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved