生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 通信・郵送 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 旅行・交通 マナー

お風呂の水節約

お風呂の画像


お風呂の水はどのくらい使う?


お風呂の生活用水に占める割合

日常使う生活用水においてお風呂が占める割合はどの程度でしょうか。東京都水道局の平成27年度の調査では、生活用水に占めるお風呂の割合は40%だとしています。約半分がお風呂で使う水で占めているのです。次いでトイレや炊事、洗濯などが続きます。お風呂の水を節約することができれば生活用水全体でも大きな節水効果が期待できるといえます。

家庭での水の使われ方

使用水量を把握して節水意識を高める

毎日お風呂で実際どの程度の水を使用していて金額にするとどの程度なのかを把握しておくことも大切です。具体的な数字が見えると節水への意識も変わってくるものです。それでは実際お風呂は1日にどのくらいの水を消費するでしょうか。一般にお風呂の浴槽に70%ほど水をためたとして使う水の量は150〜200リットルほどです。金額にして20円から26円ほどです。これは2リットルのペットボトルの75本分から100本分の量になります。お風呂で使う水の量がいかに多いかがわかるかと思います。お風呂の水の使用量については詳しくはお風呂の水使用量で解説しています。


節水タイプのシャワーヘッド


洗浄力を左右する要因は水の量と水圧です。水圧が高ければ少ない水でもキレイに洗い流すことができます。車を洗う時でもホースの先をつまんで水圧を上げれば汚れ落ちも全然違ってきますよね。節水タイプのシャワーヘッドもこれと同じで、シャワーの穴の大きさを通常タイプよりも小さくして水圧を高くするよう工夫してます。勢いよくお湯が出てくるのでお湯の量も通常の40%カットですみます。さらに節水を意識した商品なので、流しっぱなしによる、水の無駄を防げるよう、手元で水の出し占めの切り替えができるスイッチ付きのものも少なくありません。


シャワーはこまめにとめる


シャワーも気持ちいからといっていつまでも浴びていると、当然水道代の無駄につながります。1分間流しつづけると12リットルも消費してしまいます。シャワーはなるべく短く済ませるようにしましょう。


湯船にペットボトルを


お風呂は湯船にたっぷりとお湯をためて、肩までしっかりつかりたいものですよね。もちろん半身欲のほうが気持ちいいというかたもいるでしょうけど。洗濯やトイレの水として再利用する場合は別ですが、そのまま捨ててしまう場合にはたくさん水を張れば張るほど無駄になる水の量も当然多くなります。少ない水で肩までつかるにはどうしたらいいのか。そんなときにはペットボトルを利用します。ペットボトルで水かさが増えれば、少ない水でも肩まで疲れます。ただし、注意するのは中の水はこまめにかえること、ずっとつけてると表面に湯垢がつくのでこまめに洗い流すこと、たくさん入れすぎると今度は自分が入るスペースがなくなるので注意することなど、いろいろと面倒は多いです。


シャンプーは、流す前に手でしごきとる


シャンプーし終わったら、手で泡をしごきとって、排水溝のあたりにでも飛ばしておけば、その後のすすぎに使うお湯もずいぶんと違ってきます。床屋でもやっている方法だそうです。


石鹸のついたタオル


石鹸のついたタオルをすぐに洗面器の中に入れて何度もすすぎをするのではけっこうなお湯を使います。まずタオルについた泡をある程度手でしごき取ります。そしてそのあと体を流すわけですが、下らへんにタオルをおいておくことで流れ落ちた水がタオルについた石鹸をある程度落としてくれます。もちろんこれだけでタオルの石鹸が全部落ちるわけではありませんが、これをするのとしないのではその後の洗面器でのすすぎにかかるお湯の量もずいぶんと違ってきます。


洗濯機で再利用


洗濯の水にお風呂の残り湯を使うと水道代の節約になるのはもちろんのこと、電気代の節約にもなります。温めのお湯だと洗剤の溶けもよく、汚れ落ちもずいぶんと違ってきます。その分洗濯にかかる時間も短縮できるので電気代の節約につながるというわけです。ただし自動くみ取り式のタイプだとそれに電気代がかかるので、お湯の時間短縮効果による電気代の節約分と、自動くみ取り器にかかる電気代、比べてみたら案外よけいにかかるなんてこともあるかもしれません。バケツで汲み取ればそんな心配もないですね。まあただし、電気代はどっこいどっこいでも、水道代の節約にはなるわけで、電気代にさほど差がないのなら、手間のかからない自動くみ取り器を利用するのもありかもしれません。

それから、すすぎの水としての利用はあまりおすすめできません。すすぎは真水で洗い流す方が好ましいです。入浴剤などを使うこともあるかと思います。そのあと洗濯で利用してもかまわないと表記している入浴剤もありますが、何も書いてない場合は使用しないほうがいいです。イオウや生薬、塩等配合などの入浴剤も使わない方がいいです。


トイレで再利用


お風呂の残り湯、洗濯機の排水を利用してトイレの水を節約しましょう。お風呂のお湯は温かいままだとタンク内で雑菌の繁殖が進んでしまうため冷ましてからタンクに貯めます。タンクでなく便器に直接流してもかまいませんが水圧が弱いので汚物やトイレットペーパーの量が多い時には詰まることも考えられます、なるべくタンクに貯めて利用したほうがいいです。量が少なかったり、小の場合は直接流してもかまいせん。


お湯だし、出始めの冷たい水も無駄なく利用


蛇口をひねってお湯を出す際、最初の数秒は冷たい水が出てきます。程なくお湯になるのですが、その間の冷たい水って流しっぱなしですよね。バケツを用意してためておけば、キレイな水ですので、いろいろと再利用することができます。直接湯船に足すという方法もあります。確かに少々の水ならそれほど湯船の温度も変わることはないかもしれません。でも何となく、あったかいお湯が冷めるような気がして、心理的には抵抗がありますよね。やはりバケツが一番無難かと思います。







最終更新日 2017/08/04
公開日 2004/03/07
 TOPへ   水道代節約TOPへ   HOMEへ




水道代節約の基礎一覧


場面別節水術一覧


節水用具編一覧


水使用量一覧








PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved