生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

重なったコップの外し方


間の空気の層の圧力を上げる


ガラスのコップを重ねていると、外れなくなることがあります。 ガラスなのではずすのに力を入れすぎて、過って割ってしまっては一大事です。 そこで安全に取り外す方法を紹介します。

まずは重なったコップをお湯を張ったボウルの中に立てておきます。しばらくして取り出せば簡単に取り外すことができます。理由について説明します。まずコップとコップが密閉した状態で中の空気が冷やされると空気の圧力が低下し、コップ同士を引き付ける力が強くなります。そこで再び間の空気を温めてやることで空気の圧力が高まり、コップを引き付ける力が弱まるので重なったコップがするりと抜けるようになるわけです。

冬など寒い時期に暖かいお湯で食器類を洗い、重ねて乾燥させておいたところ、お椀やコップなどが重なって外れなくなってしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか。これは乾燥中に中の空気が冷えて圧力が下がってしまうことが主な原因です。

■参考図
重なったカップが取れなくなる理由


容器の膨張率を利用する


上記のやり方でも取れない場合は容器同士の膨張率を利用する方法もあります。まずは重なったコップをお湯を張ったボウルの中に立てておき、内側のコップの中には冷水を注ぎます。 こうすることで外側のコップはお湯により膨張し、内側のコップは冷水によって収縮するのでコップの間にすきまができ、するりとはずすことが出来ます。

■参考図
膨張率を利用してカップを外す


熱いお湯は避ける


ガラス製のコップ以外にも陶器や木製の食器などにも利用できる方法ですが、
お湯加減には注意が必要です。

ガラスや陶器の場合、熱伝導率が低いので急激に温めると表面は温められて膨張するのに対し、内部ではまだ十分に熱が伝わらないで膨張していない状態になるため、ゆがみが生じて割れることがあるからです。内側のコップは冷水でなく水にしてもいいでしょう。


中性洗剤を使う


上の方法は少し手間がかかるので、わりと手軽にできる方法を紹介します。
コップのすきまに中性洗剤を数滴たらしてすべりをよくしてはずすというものです。




※ 参考文献
その道のプロが教える〈裏ワザ〉特選!


最終更新日 2016/12/09
公開日 2006/02/02
 TOPへ   住まいTOPへ   HOMEへ




修繕編一覧


消臭編一覧


湿気編一覧


その他一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved