HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 卵料理レシピ > 厚焼き卵のレシピ・作り方
卵料理レシピ
厚焼き卵のレシピ・作り方(2人分)

中心食材

だし汁
砂糖
しょう油

サラダ油
… 3個
… 大さじ3
… 大さじ2
… 小さじ1
… 少々
… 適量
1 下準備
だし汁、砂糖、しょう油、塩を混ぜ合わせます。別のボールでは溶き卵を作ります。両者を合わせて混ぜ合わせます。

2 調理
卵焼き器に油を引いて中火でよく熱しておきます。そこに1/3程溶き卵を入れて、平面になるようよく慣らします。焼く際の気泡は箸でさして潰してやるといいです。

3 調理
卵が半熟になってきたら、手前に折り重ねていきます。油を引いて卵を奥に移動させ、残った部分にも油を引きます。そして1/3溶き卵を流していきます。奥の卵を少し箸で浮かせればその下にも卵が行き渡ります。

4 調理
半熟状になったらふたたび巻いていきます。そして残りの1/3の溶き卵を加えて半熟加減まで火を通し、同じように巻いていきます。あとは少し火を通せば出来上がりです。
卵を溶くときは切るように
卵を溶くときに泡立ててしまうと空気が入ってしまい、コシがなくなって固くなってしまいます。切るように混ぜてやるのがポイントです。
やわらかめの食感
少しやわらかめに仕上げたいときは、だし汁の量を少し多めに入れてやるといいです。ただしだし汁を入れすぎると巻くときにやわらかくなりすぎて、うまく返せなくなります。
砂糖でふんわり
溶き卵に砂糖を加えることでたんぱく質の凝固温度が上昇して、ふんわりした仕上がりになります。
油の引き型
キッチンタオルに油をしみ込ませて置けば、簡単に油をまんべんなく引け、繰り返しの作業でも手間なく油を引けて便利です。
返すコツ
卵焼きを返すコツは、簡単なことですが、少しフライパンを持ち上げてやるといいです。
火加減に注意
火加減が強すぎるなと思ったら、すこし弱めてもかまいません。調節が難しいので何度か挑戦して加減をつかむといいでしょう。



※参考書籍
家庭でつくる基本の料理大事典
いちばんわかりやすい基本の料理
調理以前の料理の常識
基本の和食


このレシピがお気に入りなら投票お願いします。














Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved