生活知恵袋
HOME > 野菜を袋なしでそのまま保存 > 大根を袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり

大根を袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり


保存方法をガン無視して保存した大根の画像

はじめに

大根もしっかりと保存方法を実践すれば、鮮度を維持したまま保存できますが、今回あえて何もせずに袋なしでそのまま保存した場合、どうなるかを検証してみました。

そのまま保存した大根の見た目の変化

そのまま野菜室で保存する大根1日目

それでは実際に検証してみることにします。大根を新聞紙で包んだり、袋に入れたりはせず、このまま冷蔵庫の野菜室で保存します。初日はハリつやがあり、表面もなめらかです。

大根をそのまま保存1日目

そのまま野菜室で保存した大根3日目

こちらは3日目ですが、そこまで大きな変化はありません。

そのまま野菜室で保存した大根3日目

そのまま野菜室で保存した大根1週間目

1週間目ですが、表面が乾燥して大分しわが寄ってきています。

そのまま野菜室で保存した大根1週間目

そのまま野菜室で保存した大根10日目

10日目ですが、さらに乾燥してしわが寄り、表面もハリがなくなって柔らかくなってきています。

大根をそのまま保存10日目

初日から10日目までの変化を並べるとこんな感じです。3日目まではそんなに変化がありませんが、1週間もするとだいぶしわが寄りだし、さらに10日目ではかなりしわが寄ってきています。

そのまま保存した大根の1日目と3日目と1週間目と10日目の違い

このように手で少しまがってしまうぐらいに、ハリや固さが弱まって柔らかっくなっています。

ハリがなく柔らかくなってきた大根

そのまま保存した大根の重さの変化

そのまま野菜室で保存する大根の重さ1日目

見た目にはだいぶ変化が見られましたが、重さの方はどうなっているのでしょうか。まずは初日です。重さは1254.6gです。

そのまま野菜室で保存する大根1日目の重さは1254.6gです。

そのまま野菜室で保存する大根の重さ10日目

これが10日たつと重さは1098.6gとなり、初日の1254.6gからは12.5%も減少しています。

そのまま野菜室で保存した大根10日目の重さは1098.6gです。

さらに1日目、3日目、1週間目、10日目の変化はこんな感じです。重さは日数の経過とともに状に減少して行っています。。

そのまま野菜室で保存した大根の1日目、3日目、1週間目、10日目の重さの変化

見た目の変化だけでなく、重さで見てもそのまま野菜室で保存すると、かなりのペースで水分が抜けて乾燥してしまうようです。

新聞紙とポリ袋に入れて保存した大根の変化

新聞紙とポリ袋に入れて保存するきゅうりの変化

比較としてしっかり保存方法を実施して保存した場合はどうなるのかも見ていきます。まずは大根を新聞紙で包みます。これをポリ袋に入れ、口を軽くしめます。これで冷蔵庫の野菜室で保存します。

大根を新聞紙で包んでポリ袋に入れて野菜室で保存

まずは1日目です。このようにハリとツヤがあり、しっかりとした固さもあります。

大根を新聞紙とポリ袋に入れて保存1日目

こちらは10日目です。10日たってもこちらはそこまで大きな変化は見られません。

大根を新聞紙とポリ袋に入れて保存10日目

並べるとこんな感じです。並べて見てもそこまで違いがないのがわかるかと思います。

新聞紙とポリ袋に入れて保存した大根の1日目と10日目の違い

新聞紙とポリ袋に入れて保存する大根の重さの変化

こちらは1日目です。重さは1226.8gです。

新聞紙とポリ袋に入れて保存する大根1日目の重さは1226.8gです。

こちらは10日目です。重さは1204.8gで、初日の1226.8gからは1.8%減少しています。ただそのまま保存した場合の12.5%減と比べると、だいぶ抑えられています。

新聞紙とポリ袋に入れて保存した大根10日目の重さは1204.8gです。

そのまま保存と保存法実施を比較

最後に袋なしでそのまま野菜室で保存した大根と、新聞紙とポリ袋に入れて野菜室で保存した大根の10日目の変化をそれぞれ並べて比較してみることにします。

左はそのまま保存した10日目の大根で、右は新聞紙とポリ袋に入れて保存した10日目の大根です。表面のハリやツヤ、しわの出具合などが全然違うのがわかるかと思います。

10日目のそのまま保存した大根と新聞紙とポリ袋に入れて保存した大根

ちなみに今回の検証については以下の動画でも詳しく取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

まとめ

今回は大根を何もせずに袋なしでそのまま保存したら、どうなるかを検証してみました。結果は1週間もするとかなりしわが寄り始め、10日目ではだいぶしわが寄って、ハリや固さもなくなり、柔らかくなってきました。

重さの方もだいぶ減ってしまいました。一方新聞紙とポリ袋に入れて保存した方は、見た目にはほとんど変化は見られず、重さの減り自体もそんなに減ることもなく、乾燥がだいぶ抑えられているのがわかります。

やはり何もせずに保存した場合は、乾燥が大きく進んでしまうことがわかりました。なので大根を保存する場合はしっかりと乾燥対策をしてから保存するようにしましょう。

※参考書籍
新・野菜の便利帳
からだにおいしい野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
野菜のソムリエ
食の教科書 野菜の基礎知識

公開日 2022/07/07

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の保存方法ガン無視


里芋を袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり
里芋を袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり
大根を袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり
大根を袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり
ピーマンを袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり ピーマンを袋なしでそのまま保存したら乾燥してこんなことに!正しい保存法との比較あり
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved