生活知恵袋
HOME > 食品を上手に冷凍保存・解凍する方法 > きゅうりは生で冷凍保存しちゃダメ!実際に検証してわかった事実とは?正しい保存法も解説!

きゅうりは生で冷凍保存しちゃダメ!実際に検証してわかった事実とは?正しい保存法も解説!

きゅうりの冷凍保存、生はダメ!

はじめに

きゅうりを冷凍保存する場合は、生ではなく、薄切りにして塩もみしてから冷凍した方がいいです。今回は実際にきゅうりを生で冷凍保存してみて、どのように味や食感が落ちるのかみていきます。

また薄切りにして塩もみしてから冷凍保存すると、味や食感はどのように違うのかも併せて見ていきます。

きゅうりを生のまま冷凍保存

きゅうりを薄切りにして冷凍保存

それでは実際にきゅうりを生のまま冷凍保存してみることにします。まずはきゅうりを薄切りにします。

きゅうりを薄めの輪切りに

これをそのまま冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存します。

きゅうりを生のまま保存袋に入れて冷蔵保存

冷凍保存した生のきゅうりを流水解凍する

こちらは冷凍保存して2週間たった生のきゅうりです。こちらを流水解凍します。生のきゅうりを流水解凍する理由は、生の場合は流水解凍が最も効率がいいからです。

冷凍した生のきゅうり

ちなみにきゅうりの解凍方法については冷凍したきゅうりの解凍方法、自然解凍、流水解凍、氷水解凍のどれがいいのか検証してみたでも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。

それでは実際に冷凍した生のきゅうりを流水解凍します。ポリ袋に入れてしっかり空気を抜いてから締め、容器にいれます。あとはこの上から水を流して流水解凍します。

冷凍したきゅうりを流水解凍

水温は25度ほどで約10分で解凍できました。

こちらが解凍したものです。生のきゅうりも冷凍して解凍すると、見た目が大分しなっとしています。

解凍した冷凍の生のきゅうり

並べるとこんな感じです。左は生のきゅうりで真ん中はそれを冷凍したもの、右はそれを流水解凍したものです。冷凍前と解凍後ではかなりしなっとしているのが わかるかと思います。

生のきゅうりと冷凍した生のきゅうりと解凍した生のきゅうり

流水解凍した生のきゅうりを食べた感想

食べた感想はポリポリとした食感はありますが、少し弱いです。味は水っぽいきゅうりといった感じです。

きゅうりを塩もみしてから冷凍保存

きゅうりを塩もみしてから冷凍保存

生のまま冷凍すると解凍したときにポリポリとした食感が弱まり、味も水っぽかったので、今度は塩もみしてから冷凍保存してみることにします。

まずは薄切りにしたきゅうり1本分にたいして小さじ1/3の塩をふりかけよく揉みます。

薄切りにしたきゅうりに塩をふる

30分ほど置いておくとこのように水気が出てきます。

塩もみしたきゅうり

あとは汁ごと冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存します。

塩もみきゅうりを汁ごと保存袋に入れて冷蔵保存

冷凍保存した塩もみきゅうりを流水解凍する

こちらは冷凍して2週間たった汁ごと冷凍保存した塩もみきゅうりです。これを流水解凍します。

冷凍した塩もみきゅうり(汁あり)

流水解凍するとこのようになりました。

解凍した冷凍の塩もみきゅうり(汁あり)

並べるとこんな感じです。左は塩もみしたきゅうりで真ん中はそれを冷凍したもの、右はそれを流水解凍したものです。見た目は冷凍する前と比べてだいぶしなっとしています。

塩もみしたきゅうりと冷凍した塩もみきゅうり(汁あり)と解凍した塩もみきゅうり(汁あり)

流水解凍した塩もみしたきゅうりを食べた感想

ただ見た目に反してしっかりとポリポリとした食感があります。また味の方も塩味がきつすぎることもなく、適度に塩味がついていておいしいです。

生のきゅうりと味を比較

生で冷凍保存して解凍したものと比べてみるとこんな感じです。見た目は塩もみしたきゅうりの方がしなっとしています。

解凍した生のきゅうりと塩もみしたきゅうり

ただポリポリとした食感は塩もみした方が全然あります。また味も水っぽい生のきゅうりよりも塩もみしたきゅうりの方が適度に塩味が効いていておいしいです。

味や食感の特徴をまとめるとこんな感じです。

解凍した生のきゅうりと塩もみしたきゅうりの味や食感の違い

ちなみに今回の検証についてはこちらの動画でも取り上げているので、よかったら合わせて参考にしてみてください。

まとめ

今回はきゅうりを生のまま冷凍保存するとどうなるのかを検証しました。きゅうりは生のまま冷凍保存すると、解凍したときにポリポリとした食感がかなりなくなってしなっとしてしまいます。また味も水っぽい味になります。

一方塩もみしてから冷凍したものは、同じように解凍してもポリポリとした食感はしっかりとあり、また味も適度に塩味が効いておいしかったです。なのでキュウリを冷凍保存するなら生ではなく、塩もみしてから冷凍することをおすすめします。

※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
野菜の基礎知識
野菜のソムリエ
料理の裏ワザ便利帳
もっとおいしくながーく安心
農家が教える加工・保存・貯蔵の知恵
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
簡単ベジスットクで夕飯も安心!野菜のおいしい使いきり
もっとおいしく!攻めのフリージング術
一生モノの冷凍保存 節約おかず366品
いちばんわかりやすい基本の漬けもの
はじめての漬け物と梅干し

公開日 2022/11/23

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の上手な冷凍保存


オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!
きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた
ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた
ピーマンは生で冷凍保存しちゃダメ!検証してわかった驚きの事実とは?正しい保存法も解説!
ピーマンは生で冷凍保存しちゃダメ!検証してわかった驚きの事実とは?正しい保存法も解説!
ブロッコリーの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた ブロッコリーの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた


その他の食品群の上手な冷凍保存


食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved