生活知恵袋
HOME > 食品を上手に冷凍保存・解凍する方法 > ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた

ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた

ピーマンを生、茹で、レンジで加熱してから冷凍保存

はじめに

ピーマンは冷凍保存しておくことで、鮮度を維持したまま長期保存が可能です。ただ冷凍保存は生のまま冷凍保存するのか、茹でてから冷凍保存するのか、レンジで加熱してから冷凍保存するのか、どれがいいのかよくわからないという方も多いかと思います。

そこで今回は実際にそれぞれの方法で保存してみて、どう違うのかを検証してみることにします。

ピーマンの冷凍保存の仕方

ピーマンをそのまま冷凍保存

それではピーマンの冷凍保存の仕方を解説します。ちなみにピーマンは冷凍保存しておけば1か月は保存が可能です。まずはピーマンを半分にカットし、へたと種を取り除きます。

ピーマンのへたと種を取り除く

次にピーマンを細切りにしたら、これをそのまま冷凍用保存袋に入れ、金属トレイを下にしいてから冷凍保存します。

生のピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

ピーマンを茹でてから冷凍保存

もう一つはピーマンをゆでてから冷凍保存します。こちらもピーマンを細切りにします。

鍋に水を入れて沸騰したらピーマンを入れ、1分ほど茹でます。

細切りにしたピーマンを茹でる

こちらが茹でたピーマンです。

茹でた細切りピーマン

ざるに上げてから冷めるまで待ち、キッチンペーパーで軽く水けをふき取り、冷凍用保存袋に入れます。金属トレイを下に敷いてから冷凍保存します。

茹でたピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

ピーマンをレンジで加熱してから冷凍保存

もう一つはピーマンをレンジで加熱してから冷凍保存します。こちらもピーマンを細切りにします。これを耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジにかけます。

細切りにしたピーマンをレンジで加熱

加熱時間はピーマン100gなら600Wで1分30秒、500Wなら1分50秒加熱します。加熱する時間はピーマンの量によって加減します。例えばピーマン200gなら600Wで3分、500Wなら3分40秒になります。

こちらがレンジで加熱したピーマンです。

レンジで加熱した細切りピーマン

ざるに上げてから冷めるまで待ち、キッチンペーパーで軽く水けをふき取り、冷凍用保存袋に入れます。金属トレイを下に敷いてから冷凍保存します。

レンジで加熱したピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

冷凍保存したピーマンを流水解凍、氷水解凍する

冷凍した生のピーマンを氷水解凍する

それでは冷凍したピーマンを実際に解凍してみることにします。茹でたピーマンとレンジで加熱したピーマンは流水解凍で、生のピーマンは氷水解凍します。

なぜ生のピーマンだけ氷水解凍なのかというと、生のピーマンの場合酵素などの影響を受けて10度以上で解凍すると鮮度が落ちやすいからです。

詳しくは冷凍ピーマンの解凍方法、自然解凍、流水解凍、氷水解凍のどれがいいのか検証してみたで解説しています。

では実際に生のピーマンを氷水解凍してみることにします。まずはこちらが冷凍した生のピーマンです。

冷凍した生のピーマン

これをポリ袋に入れて氷水解凍します。ポリ袋に入れる際はなるべく中の空気を抜いたほうが、ピーマンが水に触れる面が増え、その分解凍時間も短くなります。

ポリ袋の中にストローを差し込む

この時ストローがあると便利です。ストローをこのようにポリ袋の中に入れ、吸ったときに中に空気が入らないように、ポリ袋をしぼめて指でギュッと押さえます。

あとはストローで中の空気を吸いだします。2、3回吸うのを繰り返すとしっかりと空気を抜けます。あとは指で押さえたままさっとストローを抜きます。

空気が抜けないように指で押さえながらストローで中の空気を抜く

ポリ袋をねじってからしっかりと締めます。これでこのように密閉することができます。

密封したピーマン

容器に水を入れ氷を加えて冷やしてから生のピーマンをポリ袋に入れたまま浸けます。

冷凍したピーマンを氷水解凍

ピーマンが浮いてこないように、上から皿などをのせておくのもいいです。

水を入れた計量カップを重石に

解凍するとこのようになります。シャキッとした食感はありますが、若干水っぽいです。味は結構薄味に感じます。

氷水解凍した冷凍した生のピーマン

並べるとこんな感じです。左は冷凍する前の生のピーマンです。真ん中は冷凍した生のピーマン、右は冷凍して氷水解凍した生のピーマンです。

生のピーマンと冷凍したものとそれを氷水解凍したものとを比較

生のブロッコリーもいったん冷凍してから解凍すると、見た目は少し茹でたピーマンのようにしなっとした感じになっています。

冷凍した茹でたピーマンを流水解凍する

つぎは冷凍した茹でたピーマンを流水解凍します。まずはこちらが冷凍した茹でたピーマンです。

冷凍した茹でたピーマン

この冷凍の茹でたピーマンをポリ袋に入れ、容器に入れて上から水を垂らし続けます。これで10分ほど置いておけば解凍できます。解凍は触ってみて柔らかくなってるかどうかで判断します。

冷凍したピーマンを流水解凍

こちらが流水解凍した茹でたピーマンです。食べた感想はシャキッとした食感もあり、水っぽい感じもしません。味もしっかりとピーマンの味がします。

流水解凍した冷凍した茹でたピーマン

並べるとこんな感じです。左は冷凍する前の茹でたピーマンです。真ん中は冷凍した茹でたピーマン、右は冷凍して流水解凍した茹でたピーマンです。

茹でたピーマンと冷凍したものとそれを流水解凍したものとを比較

並べてみると、こちらも冷凍する前と冷凍してから解凍した後で、見た目にそこまで大きな差は見られません。

冷凍したレンジで加熱したピーマンを流水解凍する

最後に冷凍したレンジにかけたピーマンを流水解凍します。こちらが冷凍したレンジにかけたピーマンです。

冷凍したレンジで加熱したピーマン

こちらも茹でたピーマンと同じようにポリ袋に入れてボウルなどに入れ、上から水を垂らし続けます。こちらも10分ほどで解凍できます。

こちらが流水解凍したものです。食べた感想はこちらもしっかりとシャキッとした食感があり、水っぽさもありません。味は茹でた物よりもより一層ピーマンの味が濃厚でした。

流水解凍した冷凍したレンジで加熱したピーマン

並べるとこんな感じです。左は冷凍する前のレンジにかけたピーマンです。真ん中は冷凍したレンジにかけたピーマンで、右は冷凍して流水解凍したレンジにかけたピーマンです。

レンジで加熱したピーマンと冷凍したものとそれを流水解凍したものとを比較

こちらは冷凍する前と比べると、解凍したものは少ししなっとした見た目になっています。

3つを食べ比べた感想

3つのやり方で冷凍したピーマンを流水・氷水解凍してみましたが、見た目はレンジにかけたものが少ししなっとしている感じがします。

ただ食べ比べてみた感想は茹でたピーマンもレンジにかけたピーマンもシャキっとした食感でした。生のピーマンも食感はシャキッとしていたのですが、少し水っぽい感じがしました。

保存方法別に流水・氷水解凍したピーマンの食感を比較

味に関してはレンジにかけたものが最もピーマンの味が濃厚で、ついで茹でたピーマン、最も薄味になっていたのが生のピーマンでした。

保存方法別に流水・氷水解凍したピーマンの味を比較

なのでしっかりとピーマンの味を味わいたいなら、レンジで加熱したピーマンを冷凍するのをおすすめします。ピーマンの味が苦手な方は、むしろ薄味になっている生のピーマンを冷凍したものの方が食べやすいかもしれません。

冷凍保存したピーマンを加熱解凍する

冷凍した生のピーマンを加熱解凍する

今度は冷凍したピーマンを冷凍のまま加熱解凍します。まずは冷凍した生のピーマンです。フライパンに冷凍した生のピーマンを入れて火にかけます。焦げないように中火で加熱しました。

冷凍したピーマンを加熱解凍

こちらがフライパンで加熱解凍した生のピーマンです。こちらは氷水解凍した生のピーマンよりも少し食感がしゃきっとしています。

加熱解凍した冷凍した生のピーマン

加熱することで水分が飛んで少し水っぽさも改善しています。またピーマンの味も少し濃くなっています。

並べてみるとこんな感じです。左は生のピーマンで、真ん中は氷水解凍した生のピーマン、右は加熱解凍した生のピーマンです。見た限りでは解凍後もそこまで大きな違いは見られません。

生のピーマンと冷凍したものを氷水解凍したものと加熱解凍したものとを比較

冷凍した茹でたピーマンを加熱解凍する

次は冷凍した茹でたピーマンを加熱解凍します。生のピーマンの時と同様フライパンに入れ、中火で炒めます。

こちらが炒めた茹でたピーマンです。ハリやシャキシャキ感もしっかりとあります。味に関しては流水解凍したものよりもさらに味が濃くなっている感じがしました。

加熱解凍した冷凍した茹でたピーマン

並べてみるとこんな感じです。左は生の茹でたピーマンで、真ん中は流水解凍した茹でたピーマン、右は加熱解凍した茹でたピーマンです。

茹でたピーマンと冷凍したものを流水解凍したものと加熱解凍したものとを比較

炒めたことで火が通って少し色は変わっていますが、ハリやみずみずしさに関してはそれほど差はなさそうです。

冷凍したレンジで加熱したピーマンを加熱解凍する

今度は冷凍したレンジで加熱したピーマンを加熱解凍します。こちらもフライパンに入れ、中火で炒めます。

こちらが炒めたレンジで加熱したピーマンです。こちらもハリやシャキシャキ感はしっかりとあります。味は流水解凍したものも濃厚でしたが、こちらはさらに濃厚な感じがします。

加熱解凍した冷凍したレンジで加熱したピーマン

並べてみるとこんな感じです。左はレンジで加熱したピーマンで、真ん中は流水解凍したレンジで加熱したピーマン、右は加熱解凍したレンジで加熱したピーマンです。

レンジで加熱したピーマンと冷凍したものを流水解凍したものと加熱解凍したものとを比較

炒めることで少し色味は変わっています。ハリに関してはそこまで差はなさそうです。

3つを食べ比べた感想

3つのやり方で冷凍したピーマンを加熱解凍してみました。以下の画像でわかる通り、こちらも見た目に関してはレンジで加熱したものが少ししなっとしている感じがします。

食感に関しては、どの方法で冷凍したものでも比較的シャキッとした食感がありました。ただこちらも生のピーマンは少し水っぽい感じがしました。

保存方法別に加熱解凍したピーマンの食感を比較

味はレンジで加熱したピーマンが最も濃厚で、ついで茹でたピーマン、薄味だったのは生のピーマンでした。

保存方法別に加熱解凍したピーマンの味を比較

加熱調理で使う場合でもやはりしっかりとしたピーマンの味を味わいたいならレンジで加熱したピーマンがおすすめです。ピーマンの味が苦手な方は薄味な生のピーマンでもいいかもしれません。

ちなみに今回の検証については以下の動画でも詳しく取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

冷凍したピーマンを使ったレシピ

ピーマンのトマトケチャップ炒め

ピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

それでは冷凍したピーマンの細切りを使ったレシピを一つを紹介します。今回はピーマンのトマトケチャップ炒めです。使う材料は以下の通りです。

レシピ(4人前)
  • ピーマン … 8個(250g)
  • ベーコン(厚切り) … 100g
  • オリーブ油 … 小さじ2
  • 粉チーズ … 小さじ1
  • 調味料
    • トマトケチャップ … 大さじ3
    • ウスターソース … 小さじ2

まずは厚切りベーコンを細切りピーマンと同じ太さにカットします。

次にフライパンにオリーブ油を引いてから熱し、ベーコンを加えて色が変わってくるまで炒めます。

ベーコンを炒める

次いでピーマンも加えて炒めます。

ピーマンを加えて炒める

調味料も加えてよく炒め合わせたら火を止め、粉チーズをふりかければ完成です。

調味料を加えて混ぜ炒める

ピーマンと厚揚げのみそ炒め

ピーマンと厚揚げのみそ炒め

次はピーマンと厚揚げのみそ炒めを紹介します。使う材料は以下の通りです。

レシピ(4人分)
  • ピーマン … 300g
  • 厚揚げ … 150g
  • ごま油 … 大さじ1
  • 調味料A
    • みそ … 大さじ2
    • 酒 … 大さじ2
    • 砂糖 … 大さじ1
    • みりん … 大さじ1

まずは厚揚げを沸騰したお湯に2分ほど付けて油抜きをします。少し冷ましてから手で一口大にちぎります。

厚揚げを油抜きする

つぎにボウルに調味料Aの材料を入れ、よく混ぜ合わせておきます。

調味料を混ぜ合わせる

フライパンにごま油をひいて強火にかけ、厚揚げを入れて炒めます。

ちぎった厚揚げを入れて炒める

焼き色がついてきたらピーマンを加えて炒めます。

ピーマンを加えて炒める

ピーマンが少ししんなりしてきたらボウルに入れておいた調味料Aを加えて炒め合わせます。全体によくなじんだら出来上がりです。

調味料を加えて炒め合わせる

まとめ

今回はピーマンを冷凍するなら生のままと茹でた物、レンジで加熱した物のどれがいいのかを検証してみました。流水解凍、氷水解凍して使う場合でも加熱調理で直接冷凍のまま使う場合でも、味に関してはレンジで加熱してから冷凍したものの方がよかったです。

生のまま冷凍したにんじんは流水解凍の際も加熱解凍の際も、やや水っぽい食感があり、また味も茹でた物やレンジで加熱したものよりも薄味になってしまいました。

ピーマンの味が苦手で薄味の方がいい方ならいいかもしれませんが、そうでないならレンジで加熱してから冷凍することをおすすめします。

※参考書籍
もっとおいしくながーく安心食品の保存テク
節約&かんたん冷凍保存大事典
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ
作りおき野菜おかず357
かんたん!ラクチン!作りおきの野菜おかず205
まるごと使いきってムダなし!野菜の保存&使い切りレシピ
とりあえずこの料理さえつくれば1 基本の和食

最終更新日 2022/06/12

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の上手な冷凍保存


オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!
きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方


その他の食品群の上手な冷凍保存


食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved