生活知恵袋
HOME > 食品を上手に冷凍保存・解凍する方法 > ピーマンは生で冷凍保存しちゃダメ!検証してわかった驚きの事実とは?正しい保存法も解説!

ピーマンは生で冷凍保存しちゃダメ!検証してわかった驚きの事実とは?正しい保存法も解説!

ピーマンは生で冷凍保存しちゃダメ

ピーマンの保存方法

ピーマンを冷凍保存する場合は、生ではなく、茹でたりレンジで加熱してから冷凍した方がいいです。今回は実際にピーマンを生で冷凍保存してみて、どのように味や食感が落ちるのかみていきます。

また茹でたりレンジで加熱してから冷凍保存すると、味や食感はどのように違うのかも併せて見ていきます。

ピーマンを生のまま冷凍保存

ピーマンをカットして冷凍保存

それでは実際にピーマンを生のまま冷凍保存してみることにします。まずはピーマンを半分に切って種とへたを取ります。

ピーマンのへたと種を取り除く

このまま冷凍用保存袋に入れ、冷凍保存します。

生のピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

冷凍保存した生のピーマンを氷水解凍する

こちらは冷凍保存して2週間たった生のピーマンです。こちらを氷水解凍します。生のピーマンを氷水解凍する理由は、生の場合は氷水解凍のほうがハリや食感がいいからです。

冷凍した生のピーマン

ちなみにピーマンの解凍方法については冷凍したピーマンの解凍方法、自然解凍、流水解凍、氷水解凍のどれがいいのか検証してみたでも詳しく解説しているので、併せて参考にしてみてください。

それでは実際に冷凍した生のピーマンを氷水解凍します。冷凍したピーマンをポリ袋に入れます。ポリ袋に入れる際はなるべく中の空気を抜いたほうが、ピーマンが水に触れる面が増え、その分解凍時間も短くなります。

この時ストローがあると便利です。ストローをこのようにポリ袋の中に入れ、吸ったときに中に空気が入らないように、ポリ袋をしぼめて指でギュッと押さえます。

空気が抜けないように指で押さえながらストローで中の空気を抜く

あとはストローで中の空気を吸いだします。2、3回吸うのを繰り返すとしっかりと空気を抜けます。あとは指で押さえたままさっとストローを抜きます。

ポリ袋をねじってからしっかりと締めます。これでこのように密閉することができます。

密封したピーマン

これを水と氷を入れた容器に浸します。このまま氷水解凍します。氷が減ってきたらその都度氷を追加します。

冷凍したピーマンを氷水解凍

35分ほどで解凍できました。低温での解凍だと結構時間がかかりました。

生のピーマンも冷凍して解凍すると、茹でたピーマンのように少ししなっとなります。

氷水解凍した冷凍した生のピーマン

並べるとこんな感じです。左は生のピーマンで真ん中はそれを冷凍したもの、右はそれを氷水解凍したものです。冷凍前と解凍後ではかなりしなっとしているのがわかるかと思います。

生のピーマンと冷凍したものとそれを氷水解凍したものとを比較

氷水解凍した生のピーマンを食べた感想

食べた感想はシャキとした食感はありますが、若干水っぽいです。また味も結構薄味に感じます。

冷凍保存した生のピーマンを加熱解凍する

次は冷凍保存した生のピーマンを加熱調理で冷凍のまま使ってみることにします。まずはフライパンに冷凍のまま生のピーマンを加えて加熱します。焦げないように弱めの中火で火にかけました。

冷凍したピーマンを加熱解凍

こちらが炒めた冷凍した生のピーマンです。

加熱解凍した冷凍した生のピーマン

並べるとこんな感じです。左は生のピーマンで真ん中はそれを冷して流水解凍したもの、右はそれを冷凍して加熱解凍したものです。

生のピーマンと冷凍したものを氷水解凍したものと加熱解凍したものとを比較

加熱解凍した生のピーマンを食べた感想

加熱解凍したものは氷水解凍したものよりも少し食感がしゃきっとしていました。また味も少し濃くなっていました。

ピーマンを茹でてから冷凍保存

ピーマンを茹でてから冷凍保存

生のまま冷凍すると解凍したときにハリや食感がよくなく、味も薄かったので、今度はピーマンを茹でてから冷凍保存して見ることにします。

茹でる場合は鍋に水を入れ沸騰させ、ピーマンを入れて1分ほど茹でてから取り出します。

細切りにしたピーマンを茹でる

あとは粗熱が取れるまで待ち、表面の水気を軽くキッチンペーパーで拭いてから冷凍用保存袋に入れます。これを冷凍保存します。

茹でたピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

こちらは冷凍して2週間たった茹でたピーマンです。

冷凍した茹でたピーマン

冷凍保存した茹でたピーマンを流水解凍する

これを流水解凍します。水温は27度ほどで10分ほどで解凍できました。

冷凍したピーマンを流水解凍

解凍するとこのようになります。

流水解凍した冷凍した茹でたピーマン

並べるとこんな感じです。左は茹でたピーマンで真ん中はそれを冷凍したもの、右はそれを流水解凍したものです。こちらも解凍すると冷凍前の茹でた状態に比べ、しなっとしています。

茹でたピーマンと冷凍したものとそれを流水解凍したものとを比較

流水解凍した茹でたピーマンを食べた感想

食べた感想はシャキッとした食感があり、味もしっかりとピーマンの味がします。

冷凍保存した茹でたピーマンを加熱解凍する

次は冷凍保存した茹でたピーマンを加熱調理で冷凍のまま使ってみることにします。こちらもフライパンで加熱解凍します。

こちらは炒めた茹でたピーマンです。

加熱解凍した冷凍した茹でたピーマン

並べるとこんな感じです。左は茹でたピーマンで真ん中はそれを冷して流水解凍したもの、右はそれを冷凍して加熱解凍したものです。

レンジで加熱したピーマンと冷凍したものを流水解凍したものと加熱解凍したものとを比較

加熱解凍した茹でたピーマンを食べた感想

こちらもハリやシャキシャキ感はしっかりとあり、味は流水解凍したものよりもさらに濃くなっている感じがします。

ピーマンをレンジで加熱してから冷凍保存

ピーマンをレンジで加熱してから冷凍保存

今度はピーマンをレンジで加熱してから冷凍保存してみます。カットしたピーマンを耐熱容器に入れ、上から軽くラップをのせます。これをレンジで加熱します。

細切りにしたピーマンをレンジで加熱

加熱時間はピーマン100gなら600Wで1分30秒、500Wなら1分50秒です。加熱したら冷めるまで待ち、冷凍用保存袋に入れます。あとは冷凍保存します。

レンジで加熱したピーマンを保存袋に入れて冷凍保存

こちらは2週間冷凍保存したレンジで加熱したピーマンです。

冷凍したレンジで加熱したピーマン

冷凍保存したレンジで加熱したピーマンを流水解凍する

これを流水解凍します。流水解凍するとこのようになりました。

流水解凍した冷凍したレンジで加熱したピーマン

並べるとこんな感じです。左はレンジで加熱したピーマンで真ん中はそれを冷凍したもの、右はそれを流水解凍したものです。

レンジで加熱したピーマンと冷凍したものとそれを流水解凍したものとを比較

流水解凍したレンジで加熱したピーマンを食べた感想

食べた感想はこちらもシャキッとした食感で、水っぽさもありません。味は茹でた物よりもより一層ピーマンの味が濃厚でした。

冷凍保存したレンジで加熱したピーマンを加熱解凍する

次は冷凍保存したレンジで加熱したピーマンを加熱調理で冷凍のまま使ってみることにします。こちらもフライパンで加熱解凍します。

こちらは炒めた冷凍したレンジで加熱したピーマンです。

加熱解凍した冷凍したレンジで加熱したピーマン

並べるとこんな感じです。左はレンジで加熱したピーマンで真ん中はそれを冷して流水解凍したもの、右はそれを冷凍して加熱解凍したものです。

レンジで加熱したピーマンと冷凍したものを流水解凍したものと加熱解凍したものとを比較

加熱解凍した茹でたピーマンを食べた感想

こちらもハリやシャキシャキ感はしっかりとあります。味は流水解凍したものも濃厚でしたが、こちらはさらに濃厚な感じがします。

保存方法ごとの解凍結果を比較

流水解凍した結果を比較

最後にそれぞれの保存方法ごとの解凍結果を並べるとこんな感じです。まずは流水、氷水解凍での結果です。見た感じはそんなに差はないです。

食感はどれもしゃきっとしていましたが、生はやや水っぽかったです。味は生は薄めで茹では普通、レンジは最もピーマンの味が濃厚でした。

冷凍して流水解凍した生のピーマンと茹でたピーマンとレンジで加熱したピーマンの味や食感の違い

加熱解凍した結果を比較

それぞれの保存方法ごとの加熱解凍した結果を並べるとこんな感じです。こちら見た感じはそんなに差はないです。

食感はどれもしゃきっとしていましたが、やはりこちらも生のものは少し水っぽかったです。味もこちらもレンジが最も濃厚で、次いでピーマン、薄味だったのが生のピーマンでした。加熱調理で使う場合もピーマンをレンジで加熱してから冷凍したものがおすすめです。

加熱解凍した生のピーマンと茹でたピーマンとレンジで加熱したピーマンの味や食感の違い

ちなみに今回の検証についてはこちらの動画でも取り上げているので、よかったら合わせて参考にしてみてください。

まとめ

今回はピーマンを生のまま冷凍保存するとどうなるかを検証しました。ピーマンは生のまま冷凍保存して解凍すると食感はやや水っぽく、味も少し薄味になります。

一方茹でてから冷凍保存すれば、解凍後も食感はシャキっとしていて、味もいいです。さらにレンジで加熱したものは茹でたものよりもさらに味が濃厚です。なのでピーマンを冷凍保存するならレンジで加熱してから保存することをおすすめします。

※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
料理の裏ワザ便利帳
野菜の基礎知識
調理以前の料理の常識
食材図典生鮮食材篇
材料の下ごしらえ百科
農家が教える野菜の収穫・保存・料理
もっとおいしくながーく安心 食品の保存のテク
野菜おかず作りおきかんたん217レシピ
野菜の保存&使いきりレシピ

最終更新日 2022/10/20

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の上手な冷凍保存


オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
オクラの冷凍保存、生、茹でのどれが正解なのかを検証してみたら驚きの結果に!
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
かぼちゃの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
カリフラワーの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!
きゅうりの冷凍保存は塩もみが正解?生で保存したきゅうりと比較検証してみた!
きゅうりは生で冷凍保存しちゃダメ!実際に検証してわかった事実とは?正しい保存法も解説!
きゅうりは生で冷凍保存しちゃダメ!実際に検証してわかった事実とは?正しい保存法も解説!
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
きゅうりを生のまま1本丸ごと冷凍・解凍したら味や食感はどうなる?検証したら驚きの結果に!
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ゴーヤ(にがうり)の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
さやいんげんの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
そら豆の冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
とうもろこしの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
トマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ミニトマトの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
パプリカの冷凍保存と失敗しない解凍のコツ、活用レシピも紹介
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
ピーマンの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方
ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた
ピーマンの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた
ブロッコリーの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた ブロッコリーの冷凍保存、生、茹で、レンジのどれが正解なのかを検証してみた


その他の食品群の上手な冷凍保存


食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved