生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

毛玉とり


毛玉のできる仕組み


毛玉は摩擦の多い部分ほど発生しやすいものです。
袖や脇などの着用時に摩擦の多い箇所や、洗濯時の揉み合い、摩擦により、 衣類表面に毛羽立ちが生じ、毛羽同士や他の衣類の毛羽との絡みあいにより毛玉が発生します。

毛羽立ちとは布や紙などの表面がこすれ合う時に、 地の繊維が柔らかい毛のように無数にたつことです。













毛玉の発生しやすいもの


やわらかい製品(アンゴラ・カシミヤ・ラム等)

風合いがよくやわらかい製品は摩擦による毛羽立ちが発生しやすいものです。

ひねりの甘い物(スラブ・ネップ等)

糸は短い繊維を紡いで作ります。風合いをよくするために捻りをあまくすると、
その分毛羽立ちが発生しやすくなります。

繊維が丈夫なもの(アクリル・ポリエステル・ナイロン等)

また毛玉ができても自然とはがれて行けば、外観上それほど問題はありませんが、
アクリルやポリエステルといった比較的丈夫な繊維がふくまれる生地では、
毛玉が発生した時になかなか脱落せずに残りやすいものです。


毛玉とり


毛玉を引っ張らずに一つ一つ丁寧に、はさみか毛玉取り器でカットして行きます。
手でむしりとると、そのあとが毛羽立った状態になるので、 つぎまた毛玉ができやすくなります。


毛玉とり番外編


簡単に毛玉がとれる方法を1つ紹介します。
使うのは、台所によくある裏面が山型ででこぼこしたスポンジです。
山型の部分で毛玉のある部分をやさしくこすることで簡単に毛玉が取れます。

ただしこするというと新たに毛玉が発生しないか気になるところです。
こするなら生地の目に沿ってブラッシングするような感覚でやると 普通にやるよりもだいぶましになるのではないでしょうか。

一番いいのは一つ一つをはさんでカットし、はさみと比べて 失敗の少ない毛玉取り器でしょう。


毛玉を抑える工夫


普段からのお手入れ

ブラッシングは地の目に沿って行い、毛の絡みをほぐしてやります。

連続着用は避ける

1日着たら、1〜2日は空けるようにしましょう。

洗濯時の注意

毛玉を抑える洗濯の仕方は、衣類を裏返してネットに入れ、
手洗いモードで洗濯し、最後に柔軟剤で仕上げます。







text by 2005/11/04
 TOPへ   衣服TOPへ   HOMEへ




洗濯編
洗濯用洗剤の種類
漂白剤の種類
ニット製品の洗い方
ジーンズの色落ち


しみ抜き編一覧
シミの種類と見分け方、対処法について
コーヒーのしみの落とし方
衣服についたしょうゆのシミの落とし方
血液のシミが衣服についた場合の対処法
衣服に付いた口紅の落とし方
衣服に付いた油汚れ・油染みの落とし方
シャツのシミ・黄ばみ


靴編一覧
靴を買うタイミング
運動靴の洗い方
革靴のお手入れ


お手入れ編一覧
ウールコートのお手入れ


その他一覧
毛玉とり
防虫剤のにおいとり
服や髪についたガム
伸びた袖口





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved