HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食品の数え方・単位の大百科 > チャーシュー(焼き豚)の数え方・単位は1枚、1切れ、1塊?

チャーシュー(焼き豚)の数え方・単位は1枚、1切れ、1塊?




焼き豚の画像


はじめに


ラーメンなどのトッピングでもよく目にするチャーシュー(焼き豚)ですが、カットした薄切りの状態と、カットする前の塊の状態では数え方はどう違うのかを詳しく見ていくことにします。




カットしたチャーシュー(焼き豚)の数え方・単位は?


チャーシュー(焼き豚)は通常、塊状のものをスライスして使います。カットしたチャーシューは1枚2枚、もしくは1切れ、2切れ、1片、2片と数えます。下はカットしたチャーシュー(焼き豚)の画像です。数え方は1枚、1切れ、1片のチャーシュー(焼き豚)です。

カット済み焼き豚1枚の大きさ

チャーシュー(焼き豚)の数え方と読み方
1枚(いちまい)、1切れ(ひときれ)、1片(いっぺん)



塊のチャーシュー(焼き豚)の数え方・単位は?


カットする前の塊状のチャーシュー(焼き豚)は1塊、2塊、または1個、2個と数えます。ちなみに下の画像は1塊のチャーシュー(焼き豚)です。

焼き豚の大きさ

チャーシュー(焼き豚)の数え方と読み方
1塊(ひとかたまり)、一個(いっこ)



チャーシュー(焼き豚)の重さは?


カット済み焼き豚1枚の重さは15.3g

ちなみにチャーシュー(焼き豚)1枚の重さは15.3gです。チャーシュー(焼き豚)の重さについては焼き豚(チャーシュー)の重さは1枚、1塊で何グラム、大きさやカロリーは?でも詳しく解説しています。



チャーシュー(焼き豚)の紹介


焼き豚というのは豚肉をたれにつけてから焼いたものです。チャーシューとも言います。厳密にはたれをつけた焼いた中国でいう叉焼と呼ばれるものと、ラーメンの具材などに使われるしょうゆなどの調味料で煮た煮豚があります。上記の切り身の画像は煮豚で、固まり状の画像は叉焼になります。ちなみに叉焼は中国語でチャーシューと読みます。





参考書籍
数え方の辞典 小学館




葉物野菜の数え方・単位



根菜野菜の数え方・単位



野菜の数え方・単位



果物の数え方・単位



その他食品の数え方・単位









公開日 2019/11/08











食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved