生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー

風邪の引き始めには


風邪に負けないための栄養管理


風邪薬は基本的にはウイルスと戦うためのものというよりも、風邪によりしょうじた症状を和らげるためのものです。ウイルスや細菌と直接戦うのは体の免疫機能です。 風邪の引き初めにはこれからしっかりと細菌やウイルスと戦うために、免疫物質のもとになるたんぱく質や、鉄・亜鉛・銅などのミネラル分をしっかりと取ることが大切です。 また白血球の活性促進や、ウイルス攻撃するナチュラルキラー細胞の活性を促進させるのビタミンCの摂取も心掛けたいものです。




風邪の兆候が見られたら


風邪の兆候が見られたらなるべく軽くすませるようにしたいものです。そのためには夜更かしや激しい運動、過労、深酒を避け、早く寝て安静に務めることが大事です。


水分を補給する


風邪をひくと発熱で汗をかくので、水分が不足しがちです。それと同時にナトリウムやカリウムなどの栄養分も失われるので、脱水症状を引き起こしやすくなります。ですからスポーツドリンクなどで栄養分と水分の両方を補給することが大事です。またのども炎症を起こしていますので水を飲むことで炎症を抑えることができます。たんがでる場合は切れもよくなります。


ビタミンCを補給する


ビタミンCは、細胞の接着剤として丈夫な組織を作るのに不可欠なコラーゲンを合成するのに必要な成分です。コラーゲンの働きにより肌のはりやつやもよくなり、傷の回復、とりわけかぜの場合はあれた粘膜の回復に力を発揮します。他にもビタミンCにはウイルスの増殖を抑えるインターフェロンの生成を増加させる働きもあります。インターフェロンはウイルスに感染した細胞から放出され、感染していないその他の細胞の抵抗性を高めるとともに、強力なウイルス除去作用のあるキラーT細胞を活性化させる働きがあります。


発熱も大事な防衛機能


発熱時にむやみやたらと解熱剤を飲むのはあまり好ましくありません。発熱もウイルスの活動を弱めるために必要なもので、のどの痛みも体がウイルスと戦っているからこそおこる症状です。またせきは風邪やウイルスなどを体外に排出しようとして起こります。くすりで症状おおさえて、一時的によくなったとしてもウイルス自体は身体に残ってしまいがちでかぜの治りが遅くなってしまいます。もちろん発熱やせきがひどい時は別ですが、症状が軽いうちからすぐに解熱剤に頼るのはよくありません。


汗をかいたら肌着を取り換える


発熱で体温が上昇し汗をかいたら、汗が染みこんだ肌着などは、そのままだとしみ込んだ汗が蒸発して体温も奪われてしまいます。体が冷めないように部屋を暖かくしてから、熱いお湯につけて絞ったタオルで汗を拭きとり、水分が残らないように乾いたタオルでふき、新しい肌着へと着替えます。


風邪には風寒型と風熱型がある


漢方の世界では風邪も風寒型、風熱型と2種類にわけてとらえています。風寒型とはゾクゾクっと寒気がするもの、風熱型はのどがカラカラして熱っぽいものと分けられてます。風寒型と風熱型ではそれぞれ対処の仕方が異なってきます。ひとつづつ見ていく事にします。


風寒型


風寒型はおもに寒気を伴うもので、症状には次のようなものがあります。 ゾクゾクっと寒気がする、背すじが寒い、手足が冷える、頭痛がする、首すじや肩がこる、 薄い水のような鼻水が出る。 風寒型では体を温める必要があります。また十分に温めたあとは汗を流すことで放熱を促すことも大事です。放熱ですが、あくまで自然に熱が上がって発汗するのが理想で、サウナや運動などで無理に汗を出そうとするのはかえって逆効果になります。それでは体を温めるのにはどのような方法があるのか見ていきます。

葛根湯を飲む

葛根湯には体を温める効果があるので、風寒型には効果的です。もともと葛根とは葛(くず)の根の深さ30儖幣紊良分をよく洗い、乾燥させたものです。市販のくず粉で作るくず湯にも体を温める作用があります。くず湯の作り方は小さじ1のくず粉を少量の水で溶き、そこにカップ一杯の熱湯を注ぎ、透明になるまでかき混ぜます。お好みで砂糖やおろししょうが、はちみつを加えてもいいでしょう。

足湯をする

風寒型の場合は体が冷えて熱を求めていますので、お風呂に入って体を温めるのも効果的です。ただし湯ざめしてしまうとかえって悪化してしまうので注意してください。お風呂に入るよりも手軽で意外に効果が高いのが足湯です。42度〜45度程のやや熱めのお湯に10分ほど足をつけておきます。末端から暖まりますので暖まった血液が全身にくまなく行き渡り、体の芯から温まります。湯冷めの心配もないので安心です。

食べ物で体を温める。

昔から玉子酒やしょうが湯などが風邪にいいとよく言いますが、確かにお酒やしょうがには体温をあげる働きがあるので風寒型の風邪には効果的です。新陳代謝を高めて発熱を促す食材というのが重要なのですが、とりわけしょうがには大きな発熱、発汗作用があります。他にも牛肉・豚肉・鶏肉、かぼちゃ、にんじん、唐辛子、りんごやまぐろ、いわしなどの食材が有効です。

卵酒をのむ

卵酒についてもう少し詳しく解説します。卵は栄養価の高い食品なので風邪をひいたときの栄養補給にも向いています。卵酒の作り方はまず鍋に酒を入れて沸騰させ、そこに卵を加えてすぐに火を止めかきまぜます。しょうがのすりおろしを加え湯のみに移して出来上がりです。お好みで砂糖を加えてもいいでしょう。卵酒は引き初めで微熱の時などに効果的ですが、熱が高いときはかえって悪化を招くこともあるので避けた方がいいでしょう。また卵アレルギーの方にもむいていません。


風熱型


風熱型はのどが乾燥してからからし、体が熱っぽくなるのが特徴です。おもな症状は、体が熱っぽい、寒気はあまり感じない、のどが痛い、のどが渇く、黄色いネバったたん、鼻水がでるなどです。風熱型はのどのはれ、炎症が症状の中心です。体内にたまった熱を外に逃がして炎症を鎮める必要があります。間違っても入浴や葛根湯などで、体温を上げてはいけません。炎症がさらにひどくなります。それから発汗もよくありません。発汗によって体内の水分が減少してしまうとさらに乾燥して炎症がひどくなります。発汗に気をつけるとともに、のどの潤いを保つためこまめに水分補給することも大事です。それでは具体的にどのような方法があるのか見ていきます。

わきの下に冷たいタオルをはさむ。

おでこに氷のうや水につけてよく絞ったタオルをつけるのが一般的ですが、わきの下には太い血管が通っているので体を冷やすのにはより効果的です。

のどの炎症にはねぎシップ

ねぎにはのどの発熱、腫れ、痛みなどの炎症性の症状を抑える働きがあります。ねぎシップのつくり方ですが、まずねぎの白い部分を10cmぐらいにきったものを3、4本用意します。それを軽く火であぶってしんなりさせます。あとはそれをカーゼかタオルで包んでのどにまきつけます。ねぎの成分がのどに浸透して炎症を静めてくれます。

だいこん湯

だいこんにはのどの渇きやのどの痛みを抑える働きがあるので、だいこん湯がおすすめです。作り方はコップにだいこんおろしを1/4いれ、おろししょうがを少々を加えて出来上がりです。おこのみではちみつやレモンのしぼり汁を入れてもいいでしょう。

食べ物で体を冷やす

体温を冷やしてくれる食材にもいろいろありますが、新鮮な野菜や果物は体温を下げるとともに水分補給でのどの潤いを回復させる働きもあります。中でも梨やリンゴは効果的で、熱によるのどの渇きを満たす働きがあります。他の食材では、かにやタコ、アサリやカキなども体温を下げるのによいです


風邪とは何か?


風邪とは、細菌やウイルスが呼吸器系(鼻、のど、気管)などに侵入して感染し、急性の炎症を伴う病気を総称したもので、正確には風邪症候群といいます。風邪薬ですが、ウイルスそのものを撃退するというよりも、風邪による症状をやわらげるということで利用されています。かぜを治すのはあくまで身体に備わっている免疫力です。風邪をひいたときは体力の回復に努め、免疫力を高めるようにすることが大事です。




ウイルスとは


風邪の原因の中でもその90〜95%はウイルスだといわれています。ウイルスは非常に小さい物質で、人の病気の原因となる微生物の中では最も小さいものです。そのため自分が生きていくための物質を独力で作るだけの機構を備えていないため、ほかの細菌や動物の細胞に寄生して増殖していきます。

ウイルスは200種類以上存在していて、中でも風邪の原因として多いのがエコーウイルスやライノウイルスです。ライノウイルスやそのほかのRSウイルスと呼ばれるウイルスでは、大人だと風邪の症状で治まることが多いですが、子供がかかると気管支炎などにまで進む場合もあります。


風邪はどうやってうつるのか


ウイルスは風邪をひいている人がくしゃみをしたり、話をしたりして出た飛沫(ひまつ:飛び散るしぶき)かしばらく空気中を飛散したのち、それを吸い込むことでうつります。これを飛沫感染といいます。この飛散中のウイルスは温度や湿度によって影響を受けることがしられています。湿度が40度以下の空気中ではウイルスの活性が比較的長く維持されます。


風邪の症状


ひとくちに風邪と言いますが出てくる症状も様々です。風邪の症状は呼吸器のどの部分に炎症を起こしているかでわけることができます。

鼻の粘膜

鼻の粘膜部分の炎症の場合は、くしゃみ、鼻水などの症状が出ます。粘膜についたウイルスを外に流し出すために鼻水がたくさんでるというわけです。

のどの粘膜

のどの粘膜部分に炎症が出る場合は、せきやたん、のどの痛みなどの症状が出ます。たんは粘膜についてるウイルスを外に出すためにでます。せきも同じで外にウイルスを吐き出すためにします。

下気道部分

のどのした、下気道部分(気管、気管支、肺)に炎症が起こると、声がれ、呼吸困難などの症状が出ます。

気管、気管支

気管や気管支に炎症が起こると、せきとたんがでます。

全身反応

血液を通して全身に回ったウイルスはそのつど白血球と衝突して撃退されていきます。白血球の活動が活発になると発熱、全身の倦怠感などがでてきます。


風邪の侵入から撃退まで


まず風邪の原因であるウイルスや細菌の侵入は鼻やのどにある粘膜で遮られますが、粘膜を越えて侵入してきたウイルスは細胞内の貪食細胞により処理されます。貪食細胞の攻撃から逃れて血管内に侵入したウイルスや細菌は白血球により退治されます。このように体内にはウイルスや細菌に対する何重もの防御機構があるのです。

血管内でまず白血球は大量の活性酸素を出しウイルスや細菌を攻撃します。その攻撃から逃れたウイルスがまた増殖してしまうのを防ぐためにウイルスに感染した細胞からインターフェロンが放出され、インターフェロンは感染していないほかの細胞の抵抗性を高めるとともに、ウイルスや細菌を攻撃するためのシグナルを発信します。

シグナルを受けてナチュラルキラー細胞やマクロファージがウイルスを攻撃し始めます。さらにマクロファージはインターロイキン1という物質を放出し、これにより体温調節機能をつかさどる視床下部へと信号が送られ、ウイルスが活動しづらいよう体温が上昇します。

次にヘルパーT細胞がサイトカインやヒスタミンを放出します。サイトカインは強力なウイルス除去作用のあるキラーT細胞の働きを活性化させます。ヒスタミンは鼻水やくしゃみを誘発させ、ウイルスや細菌が体外に放出されやすいように働きます。

こんどはインターロイキンの刺激によりB細胞からウイルスや細菌への抗体が作られ、あらかたウイルスの除去がおわるとこんどはヘルパーT細胞の働きにより一連の活発化した反応は沈静化します。


鼻のむずむず感


鼻がむずむずするのは、鼻の奥、のどへの曲がり角の部分にある鼻咽腔(びいんくう)が、ウイルスや細菌の侵入に反応したときに感じるものです。ウイルスの侵入を完治すると体の免疫力をつかさどるところに信号が伝わり、直ちに全身のリンパ節からウイルスを破壊する働きがあるリンパ球が大量に放出されます。鼻のむずむずはウイルスの侵入の合図というわけです。その後身体は、ウイルスに戦うべく準備をするというわけです。


発熱はどうして起こるの?


人間の体温は脳の視床下部というところでコントロールされています。位置としては目の後の方にあります。風邪をひくと視床下部が働き体温を上昇させます。ではなぜ体温を上昇させるのかというと、ウイルスの働きはおおむね37度前後がもっとも活発です。体温が上昇するごとにウイルスの活動も抑制されていき、40度近くになると活動を停止するあるいは死滅してしまいます。ですからウイルスを退治するために体温を上げようとするわけです。体温上昇までの流れですが、まず最初に血液中のウイルスを白血球が発見します。白血球はそのことを周りの細胞に知らせます。今度は周りの細胞が視床下部までウイルス発見の信号を送ることで視床下部が体温の上昇に走るというわけです。ただし40〜42度と高温になりすぎると人間のたんぱく質も死んでしまうので、高温になりすぎないよう、頭を冷やすなどして気をつける必要があります。


熱が出ると体がだるくなるのはなぜ?


発熱時、身体のなかでは、ウイルスとの戦いが行われています。今あるエネルギーを最大限に活用してウイルス退治にあたりたいわけで、他のこと(動いてまわる、頭をつかう、はなす)にエネルギーを割きたくないわけです。ふらふらする、だるくなるという信号をだすことで無駄なエネルギーを使わせないようにして、ウイルス退治に集中させようとしているわけです。


風邪に何度もかかる理由


1度風邪をひくと、体の中に免疫ができるので2度とかからないはずなのですが、実際は何度も風邪をひいてしまうものです。理由は簡単で、風邪のもとであるウイルスや細菌にはいくつもの種類があるからです。免疫ができても別のウイルスに感染してしまったら意味がないということです。


急激に気温が変化するときは風邪を引きやすい


季節の変わり目など温度の変化が激しいときには体温調節をつかさどる自律神経の働きが追いつかなくなって狂ってしまうことがあります。そうなると免疫力も低下してしまうので風邪をひきやすくなります。冬の時期よりも秋から夏にかけてや冬から春にかけてなど、気温の変化が激しい時期の方が風邪の患者はおおくなるようです。特に秋から冬にかけての気温の変化では、ウイルスは低温、低湿度で活動を活発化させる特徴もあいまって、さらに風邪にかかりやすくなるので注意が必要です。


風邪という言葉の由来


風邪とは本来漢方の言葉です。風によってもたらされた邪悪なもの、それによって生じる症状ということで、風邪という名前がつきました。



※ 参考文献
新赤本 第六版家庭の医学
食べて治す医学大事典





最終更新日 2016/07/10
公開日 2004/03/02
 TOPへ   健康TOPへ   HOMEへ




体調編一覧





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved