生活知恵袋
HOME サイトMAP 光熱費節約 水道代節約 お料理 お掃除 健康
住まい 衣服 美容 マナー
マナーTOP  訪問編  結婚編  葬式編  その他  知恵袋投票結果  クイズ!  アンケ(2択)  アンケ(複択) 
HOME > マナー知恵袋TOP > 葬式編 > 香典袋の表書きはなんて書くの、御霊前、御佛前、御玉串料、お花料?

香典袋の表書きはなんて書くの、御霊前、御佛前、御玉串料、お花料?


はじめに


香典を入れておく香典袋(不祝儀袋)の表書きは、「御香料」、「御仏前」、「御玉串料」、「お花料」など宗教によって書く言葉が異なります。そこで今回は各宗教ごとに香典袋の表鍵にどのように書けばいいのかを詳しく見ていくことにします。




御霊前は宗教を問わずに使える


香典袋(不祝儀袋)の表書きは宗教ごとに書く言葉は異なりますが、「御霊前(ごれいぜん)」ならどの宗教でも使えます。宗教がわからない場合は御霊前を使っておくのが無難です。

香典の表書きが御霊前



仏式は御霊前または御香料


蓮の花の絵柄付きの香典袋

仏式の場合は蓮の花の絵柄付きの香典袋(不祝儀袋)を使うことがあります。これは仏教では蓮の花は極楽浄土を象徴するものと考えられているからです。これはあくまで仏教での考え方なので、神式やキリスト教式では使いません。


忌明け前は御霊前、後は御佛前

49日の忌明け前までは御霊前を使い、忌明け後は御佛前(ごぶつぜん)または御仏前を使います。ちなみに浄土真宗の場合はすぐに仏になるという考えから、通夜・葬式の時点で御佛前、御仏前を使います。

香典の表書きが御霊前(仏式)

香典の表書きが御佛前


宗派がわからない場合には御香典、御香料

本来は高額の金子(きんす)を包む場合には御香典、御香料を用います。通常は御霊前が使われることが多いようです。また仏式で宗派がわからない場合には御香典、御香料を使うのが無難です。

香典の表書きが御香典



神式は御玉串料または御榊料


仏式の表書きは?

神式の場合は香典袋(不祝儀袋)の表書きには、御玉串料(おんたまぐしりょう)がよく使われます。高額になる場合は御榊量(おさかきりょう)も使うことがあります。他にも御神前料なども使われます。御霊前も使えますが、この場合は読みは「みたまえ」となります。

香典の表書きが御玉串料

香典の表書きが御榊料


玉串って何?

玉串とは玉串奉奠(たまぐしほうてん)のことで、仏式の焼香にあたります。神木である榊(さかき)の枝に木綿や紙を細長く切ったものを下げ、これを霊前に捧げます。玉串はあくまでお盆のようなもので、その上に自分の心をのせて神にささげるという意味があります。


香典袋は無地の物を

神式の場合は香典袋(不祝儀袋)は、蓮やユリのような絵柄のついていない無地の白色の物を使います。



キリスト教式はお花料


キリスト教式の表書きは?

キリスト教の場合は白い生花以外は献花しません。現在は生花に代わってお花料として金子を送るのが一般的です。不祝儀袋の表書きにはお花代、御花代と記載します。御霊前も使えます。

不祝儀袋の表書きがお花料


追悼ミサや追悼式では御ミサ料、御忌慰料

カトリックでは仏式の法要に相当するものが追悼ミサとなります。プロテスタントの場合は追悼式が行われます。追悼ミサや追悼式ではお花を贈ることはあっても金子は送る習慣はありません。

その代わり、追悼ミサや追悼式のあとに会食がある場合は、料理代相当の金子をお花料として持参することはあります。この場合の表書きには「お花料」もしくはカトリックの場合は御ミサ料、プロテスタントの場合は御忌慰料(おんきいりょう)を使う場合もあります。

不祝儀袋の表書きが御ミサ料

不祝儀袋の表書きが御忌慰料


不祝儀袋は十字架と白ユリがついたもの

不祝儀袋は白色無地か十字架や白ユリの花がついたものを使います。水引は通常はないものを使いますが、白、黒白、双銀の水引がついているものでも構いません。



名前は下段の中心に記載


姓名は下段の中心に書きます。連盟の場合は目上の者を中心に書き、その左に目下の物を書きます。人数が多い場合は代表者名を書いてその左に「外一同」と書くか、会社名や部署名を書いてその下に「有志」と書き、「〜会社有志」、「〜部署有志」などといったように記載します。

そして全員分の名前を書いた紙を中に入れておきます。その場合も目上のものを右から順に記載します。



水引や結び方、筆について


水引の色

水引とは香典袋(不祝儀袋)などについている紙製の飾り紐のことです。仏式は白黒か双銀(銀一色)、神式は白黒か双白(白一色)、双銀、キリスト教式は水引は付けません。


水引の結び方は結び切り

水引の結び方には一度結んだらほどけに結び切りと、何度でもほどける蝶結びがあります。何度でも繰り返していい祝い事であれば蝶結びを用い、お悔みごとや結婚など二度と繰り返してはならない事には結び切りを用います。


筆の種類や濃さ

筆は毛筆を使います。「悲しみの涙で薄くなってしまった」ことを表すために薄墨を使う仕来りもありますが、最近は筆ペンを使うことも多いので、普通の濃さでも失礼ではありません。



不祝儀袋の中袋の書き方


不祝儀袋の中袋の表には金額を記載し、裏には左下に住所と名前を記載します。中袋に記載する数字は漢数字を使います。「金五阡圓」、「金弐萬圓」などの表記が正式なものですが、略式の「金五千円」、「金二万円」という表記でも構いません。

よく使われる数字や漢字は以下のようなものです。括弧表記されているものは正式と略式で表記が異なるもので、カッコ内は略式表記になります。

壱(一)、弐(二)、参(三)、四、五、六、七、八、九、拾(十)、百、阡(千)、萬(万)、阡(千)、圓(円)、金



まとめ


香典袋(不祝儀袋)の表書きも宗教によって仏式では御霊前、御佛前、神式では御玉串料、御榊料、キリスト教式ではお花料とそれぞれ記載する内容が異なります。宗教を問わず使えるのは御霊前なので、よくわからないときは御霊前と書くのが無難です。

香典袋も宗教によって蓮の絵は仏式、十字架とユリの花はキリスト教式とそれぞれの宗教でのみ使えるものもあるので、よくわからない場合は白色無地を使うといいでしょう。





※ 参考文献
決定版冠婚葬祭マナー事典
すべてがわかる冠婚葬祭マナー大事典
大人のマナー便利帳
社会人のためのマナーとルール
さすが!と言われる図解ビジネスマナー
三越伊勢丹の最新儀式110番


最終更新日 2019/08/28
 TOPへ   マナーTOPへ   HOMEへ




訪問編一覧
訪問先への到着時間
呼び鈴の押し方
玄関での靴の脱ぎ方
お部屋の上座・下座とは、席次の順番を図で解説
和室の席次(上座、下座)は床の間と出入り口の位置をみて判断
洋室の席次(上座、下座)は出入り口やいすの格式を見て判断


結婚編一覧
結婚へのお祝い金・ご祝儀の渡し方、金額の相場について
結婚のお祝い品は現金と品物どちらがいい、贈り物の選び方や金額の相場は?


葬式編一覧
通夜・葬式での服装、遺族側、弔問者、会葬者別に解説
香典の渡し方や金額の相場はいくらぐらい?
香典袋の表書きはなんて書くの、御霊前、御佛前、御玉串料、お花料?


その他一覧
引越し先での挨拶、挨拶の範囲や時間帯、挨拶品について
握手の仕方





PR





since 2002/09/28
Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved