生活知恵袋
HOME > 珍しい野菜と果物 > アイコを食べて見た!味や食感、ミニトマトとの違いも解説!

アイコを食べて見た!味や食感、ミニトマトとの違いも解説!

アイコ(ミニトマト)の画像

はじめに

9月の初旬、いつも行く産地直売所で、ちょっと見慣れないトマトを発見したので試しに買ってみました。名前はアイコというそうです。今回はこのアイコの味や食感を実際に食べて見て、その感想をレポートしていきます。

アイコの価格はいくら?

もともとも産地直売所は旬の野菜を中心に販売していて、価格も比較的安いのが特徴です。こちらのアイコはこのように袋詰めにされて、この量で150円でした。

アイコ一袋分

ミニトマトもスーパーなどで買うと結構なお値段で売っていますが、こちらはこの量で150円なので、だいぶお得だと思います。

アイコの大きさや重さは?

ちなみに手に取ってみるとこんな感じで、大きさは通常のミニトマトサイズが楕円形になって、少し大きくなった感じです。そんなに大きくはないので、一口、二口で食べれるサイズです。

アイコの大きさ

ちなみにアイコ1個の重さは26gほどです。

アイコって何?

そもそもアイコってどういう品種なのかよくわからなかったので、ちょっと調べてみました。見た当初は楕円形の形をしていたので、イタリアントマトの一種なのかなと思っていました。

アイコの画像

イタリアントマトは加熱すると旨味が増すのが特徴で、主に加熱用に利用されます。こちらもその仲間なのかなと思ったのですが、こちらはミニトマトの一種だそうです。

アイコというのは日本の大手種苗会社のサカタの種が開発したものです。名前はかわいらしい女性の名前にしたいということで、社内公募で「アイコ」となったそうです。

アイコの味や食感は?

気になる味や食感ですが、さっと洗ってへたを取り、半分にカットしました。こちらはカットした断面です。このように果肉がしっかりと詰まっていて、みずみずしくておいしそうです。

アイコのカットした断面

それでは実際に食べて見ましょう。ミニトマトはもともと甘みが強いのが特徴ですが、アイコは特に強い甘みを感じました。酸味も適度にあり、非常においしかったです。

ちなみに今回の検証については以下の動画でも取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

まとめ

今回は近所の産直所で見つけたアイコを実際に買ってみて味や食感はどうだったかをレポートしました。ミニトマトは通常のトマトに比べると甘みが強いのが特徴ですが、こちらのアイコもやはりかなり甘みが強く、とってもおいしかったです。

店頭でもなかなか見かけることは少ないかもしれませんが、目にした際はぜひ一度買ってみてはいかがでしょうか。

参考書籍
新・野菜の便利帳

公開日 2021/10/12

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved