HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > ごぼうの見分け方・選び方

ごぼうの見分け方・選び方




ごぼうを旬で選ぶ


123456789101112
ごぼうは1年中出回っていますが、旬は秋から冬にかけてです。5月から6月にかけては新ごぼうが出回り始めます。新ごぼうは細くてやわらかく、アクが少なくて味や香りもいいのが特徴です。

主な産地は青森、千葉、北海道、茨城、宮崎などです。青森産は8月下旬〜12月中旬に、北海道産は8月中旬〜11月下旬に、宮城産は7月〜3月下旬に、茨城産は12月〜3月に、千葉産は周年出回ります。



ごぼうの見分け方・選び方


土つきのものを

ごぼうは洗ったり切ったりすると栄養素や水分がぬけやすくなるので、選ぶ時は土付きの物がベストでしょう。土付きの方が長持ちします。

太すぎず中ぐらいのものを

ごぼうは太くなるとス(空洞)ができてくるので、中ぐらい物を選ぶようにしましょう。太さでいうと10円玉ぐらいで重さでいうと200gぐらいです。先端から根元までなるべく太さが均一なものを選びましょう。また縦に亀裂の入ったものは鮮度が落ちているので選ばないようにしましょう。

ひげ根が少ないもの

土壌のいい環境で育ったごぼうはひげ根が少ないものです。ひげ根の少ない物を選びましょう。

先端がしおれていないもの

先端がしおれていたり、ひび割れが見られるものは鮮度が落ちてきているので避けたほうがいいでしょう。

表面がかたく締まっているものを

触ってみて表面がかたくしまっているものを選びます。水分が抜けてしまったものは、みずみずしさやはりが失われ、触るとぐにゃっとした感触になります。

持って軽いものは避ける

持ってみて軽いものは水分が抜けてスが入っている可能性があります。



チェックの大まかな流れ


まずは見た目でチェックです。土がついているものほど鮮度が保ちやすいので、土付きの物を選びましょう。太さは全体的に均一なものを選びます。そのほかひげ根が少ないものや先端がしおれていないものが良品です。次に実際に手にとって確認です。表面がかたく締まっているもの、軽すぎないものを選びましょう。




※参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
プロが教える食材の裏ワザ
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
調理以前の料理の常識
料理の裏ワザ便利帳
野菜の基礎知識
野菜のソムリエ



ごぼうの保存方法、長持ちのコツ











最終更新日 2016/02/19
公開日 2007/03/10



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved