HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > 白菜の保存方法、長持ちのコツ

白菜の保存方法、長持ちのコツ




・白菜の保存方法


・保存環境
  

※マークの見方
 常温保存  冷蔵庫保存  冷凍庫保存

新聞紙に包んで保存

もともと白菜は水分を多く含んでいるので、水分を与えて保存すると葉がむれてしまいます。新聞紙は通気性がいいので、白菜を包んで保存しておくのに適しています。5、6日ほどたって新聞紙が湿ってきたら新しいものに交換しましょう。

立てて保存

畑にあった状態と同じように株元を下にして立てかけて保存します。横にして保存すると重みで腐ることがあるので気をつけてください。

冷暗所で保存

冷暗所で保存します。冬場なら3〜4週間は持ちます。夏場は新聞紙かラップに包んで冷蔵庫で保存し、早めに使い切るようにしましょう。

カットしたものは

切り分けられた白菜を買ってきた場合は、切り分けたことで繊維質が壊れ、切り口から急速にいたんでくるので、ラップに包んで早く使い切るようにしましょう。

外側から1枚づつ使う

白菜は上手に扱えば保存のきく野菜です。使うたびに外側から1枚づつはがして使えば、きれいに長く無駄なく使い切れます。




※参考書籍
料理の裏ワザ便利帳
食材完全使いこなし事典
材料の下ごしらえ百科
プロが教える食材の裏ワザ
からだにおいしい 野菜の便利帳
おいしさのコツが一目でわかる 基本の料理



白菜の見分け方・選び方






























Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved