HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方と保存法 > 長ねぎ、葉ねぎの見分け方・選び方

長ねぎ、葉ねぎの見分け方・選び方




ねぎを旬で選ぶ


123456789101112
ねぎには根深ねぎと葉ねぎの2種類があり、それぞれで旬も異なります。関東を中心に栽培される根深ねぎは秋から冬にかけての出荷量が最大で年間出荷量の7割を占め、旬もこの時期になります。もともと寒さに強いとされる根深ねぎは、寒い季節には成長が進み糖質とペクチンが増え、甘みと風味が増すといわれています。葉ねぎは通年で安定して栽培されます。



ねぎを種類で選ぶ


ねぎは大きく根深ねぎと葉ねぎの2つに分類することが出来ます。根深ねぎは長ねぎ、白ねぎ、葉ねぎは青ねぎなどとも呼ばれます。根深ねぎで有名なのは「千住ねぎ」と「加賀ねぎ」です。葉ねぎで有名なのは京都の九条ねぎです。根深ねぎは寒さに強くおもに東日本で栽培されています。葉ねぎは京都生まれのねぎで西日本を中心に栽培されています。

根深ねぎは緑の葉の部分が短く、長く伸びた白い茎の部分(葉鞘部)を食べます。葉ねぎは緑の葉の部分を食べます。

種類主な品種主な産地
根深ねぎ(長ねぎ、白ねぎ)千住ねぎ(深谷ねぎ)、加賀ねぎ(下仁田ねぎ)など関東
葉ねぎ(青ねぎ)九条ねぎ(万能ねぎなど)西日本



根深ねぎ(長ねぎ)の見分け方


白と緑の境目がくっきりしているもの

根深ねぎ(長ねぎ)は白い部分となる葉鞘部が日の光に当たると白から緑色に変わってしまいます。このため栽培時には盛り土をして葉鞘部に日の光が当たらないようにします。こうすると葉鞘部は白く長く育ちます。成長の過程で何度も盛り土をすることが必要となるため、丹念に盛り土をしたものほど、白い部分と緑の部分の境目がはっきりと出ます。

つやがあってみずみずしいもの

全体的につやがあり、みずみずしいものほど新鮮です。よく生育したものは葉の部分がロウの様な物で覆われていて、白い粉が付いているように見えることがあります。

切り口が新鮮なもの

根深ねぎ(長ねぎ)は根元の切り口がみずみずしてくてきれいなものほど新鮮です。

傷のないものを

白い部分に傷があるとその部分から茶色に変色していってしまいます。

白い部分がよくひき締まったもの

巻きがしっかりしていないものは触ってみると白い部分がふかふかしています。中身がぎっしりとつまっていて巻きがしっかりしたものは触って見ると適度な固さで引き締まっています。



葉ねぎ(青ねぎ)の見分け方


葉がピンとしている

葉がしゃきっとしてピンと張っているものほど採れたてで新鮮です。

緑が鮮やかでつやがあるもの

葉ねぎも鮮やかな緑で全体につやがあり、みずみずしいものが新鮮です。新鮮なものは葉の部分がロウのようなもので覆われ、白い粉が付いているように見えます。

根も白くてみずみずしいものを

根は白くてみずみずしいものほど新鮮です。



チェックの大まかな流れ


根深ねぎ(長ねぎ)は白と緑の境目がはっきりしていて、全体につやがあってみずみずしいもの、傷のないものを選びましょう。根の切り口の部分もキレイでみずみずしいものが新鮮です。持ってみて白い部分がしっかり締まっていて、ふかふかでないものほど良品です。

葉ねぎ(青ねぎ)はピンと張っているもの、緑が鮮やかでみずみずしいもの、根の部分も白くてみずみずしいものを選びましょう。






参考書籍
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
からだにおいしい 野菜の便利帳
食材完全使いこなし事典
料理の裏ワザ便利帳
野菜の基礎知識
野菜のソムリエ
材料の下ごしらえ百科
食材図鑑 生鮮食材編



ねぎの保存方法、長持ちのコツ











最終更新日 2016/05/17
公開日 2013/09/25



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved