HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > いろはに香辛料 > クローブの効能、香り、使い方



クローブの効能、香り、使い方



クローブの紹介



フトモモ科の常緑樹で、開花直前の花のつぼみを乾燥させたもの。
その形が釘に似ていることから、日本では昔から丁字と呼ばれてきました。
クローブ(clove)の語源もフランス語のclou(釘)からきています。

原産地はインドネシアのモルッカ諸島です。
現地ではタバコとしても利用されています。



クローブの特徴



バニラに似た甘い香りと、独特の刺激的な香味があり、
肉の臭味けしとしても使われる



クローブのよくあう料理



臭味けしとして、ハンバークやミートソースなどのひき肉料理にもよく合う。 焼き菓子、果物のコンポート(シロップ煮)などにも使われる。

クローブのホール(まるのまま)を、そのまま紅茶やウイスキー、焼酎に入れて香り付けとして使っても良い。他にも肉にそのまま刺して煮込み料理に使われりもします。

ナツメグやコリアンダーとの相性もいいので、粉末では一緒にして使うのが一般的です 。



使用上の注意



香りが特に強いので使うときは少量で。
粉末ではなくホール(まるのまま)なら、調理後に取りだせるので 風味付けに使うときには便利がいい。
良品は茎の部分が明るい赤茶色、つぼみの部分は薄い赤茶色で、ポキッと折れるものがよい。


























Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved