HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
豆・豆腐料理
きのこ料理
検証野菜宅配
サイトマップ
HOME > いろはに香辛料 > コリアンダーの効能、香り、精油成分について



コリアンダーの効能、香り、精油成分について



コリアンダーの葉の画像


コリアンダーの紹介



コリアンダーはセリ科の一年草で、原産地は、南ヨーロッパ、地中海沿岸、中東地域です。現在では世界中で栽培されています。コリアンダーの歴史は古く、紀元前1550年の医学書「エーベルス・パピルス」にも調理法や薬としての使い方が記されています。また紀元前5世紀には古代ギリシャの医学の父ヒポクラテスが薬としてコリアンダーを用いたことも記録に残っています。コリアンダーは主に葉や種の部分を使い、葉はハーブとして、完熟した種子はスパイスとして利用されます。

コリアンダーの語源はKoris(カメ虫)+Annon(アニスの実)という言葉から来ています。その名のとおり、未熟果や茎葉の部分にはカメムシに似た匂いがします。一方で完熟果からは、アニスに似た甘い香りが漂います。アニスとはエジプト原産の香辛料の一種です。和名ではコエンドロといいますがこれはポルトガル語のコエントロから来ています。



コリアンダーの特徴



種子はオレンジに似た、もしくはレモンとセージをあわせたようなまろやかで甘い香りがします。香り付けのほかに、料理のとろみづけなどにも利用されます。生の葉と乾燥させた種子のにおいが、ぜんぜん違うところが特徴です。生の葉は、くせのある強い香りがして、人によって好き嫌いがはっきりとわかれます。生の葉は、中国語では香菜(シャンツァイ)、タイ語でパクチーとよばれ、中国料理、タイ料理などに利用されます。

コリアンダーの画像



コリアンダーのよくあう料理



コリアンダーは、甘い料理、辛い料理双方でよく使われます。葉は強い香りを活かして肉や魚の臭みけしやサラダ、汁ものの浮き身に、種は甘い香りを活かしてカレーやピクルス、シチューや肉料理などの風味付けによく利用されます。また種はパンやクッキー、フルーツケーキなどの焼き菓子にもよく合います。焼きリンゴやなまの洋なしに、パウダーとしてふりかけてもいいです。



料理以外の用途



コリアンダーの精油(植物性の油)にはリナロール、ゲラニオール、ボルネオールなどの成分が含まれていて、消化吸収の促進や気分の高揚などの効果があるといわれています。精油は消化不良の薬として使われるほか、チョコレートやリキュールなどの飲み物にも使われ、香水やお香としても利用されます。





※参考書籍
スパイス完全ガイド
素材よろこぶ調味料の便利帳
野菜の基礎知識
食材図典 生鮮食材篇
からだにおいしい 野菜の便利帳










最終更新日 2015/08/08
公開日 2004/04/01



















Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved