生活知恵袋
HOME > 食材の加熱調理の疑問 > ブロッコリーは茹でるのと蒸すのとレンジでどれがが正解?検証してみたら驚きの結果に!

ブロッコリーは茹でるのと蒸すのとレンジでどれがが正解?検証してみたら驚きの結果に!

ブロッコリーを茹でるのとレンジで加熱するのと蒸すのを比較

はじめに

ブロッコリーは下処理で茹でてから使うこともよくあります。通常鍋に水を入れて火にかけ、そこにブロッコリーを入れてゆでますが、他にも蒸し器で蒸す方法やレンジで加熱する方法もあります。

どれがいいのか気になったので、今回はそれぞれ3つの方法を比較してみて味や食感の違いを実際に検証してみることにします。

まずはブロッコリーを茹でてみる

ブロッコリーを切り分ける

まずはブロッコリーを茹でてみることにします。ブロッコリーの蕾を中心の太い茎から切り離します。

こちらは切り離したブロッコリーで100.8gあります。

茹でる前のブロッコリーの重さは100.8g

ブロッコリーを茹でる

つぎに鍋に水を入れ水1リットルに対して大さじ1の塩を加えます。火にかけ沸騰したらブロッコリーを加えて3分ほど茹で、ざるに上げます。

ブロッコリーを茹でる

茹でたブロッコリー

こちらは茹でたブロッコリーです。茹でると全体的にしなっとしてしっとりとしています。また色も濃い緑色になっています。

茹でたブロッコリー

並べてみるとこんな感じです。左は茹でる前のブロッコリーで、右は茹でた後のブロッコリーです。色やしっとり感がだいぶ違うのがわかるかと思います。

茹でる前のブロッコリーと茹でたブロッコリー

重さは132.6gです。重さは31.5%増加して、当所の100.8gの131.5%になっています。

茹でた後のブロッコリーの重さは132.6g

ブロッコリーをレンジで加熱

ブロッコリーをレンジで加熱

次はブロッコリーをレンジで加熱します。こちらも茎から切り離します。こちらは重さは100.0gです。

レンジで加熱する前のブロッコリーの重さは100.0g

これを耐熱容器に入れ、上から100gに対して水大さじ1ふりかけます。

さらに上からラップをふわっとのせます。これでレンジにかけます。時間は600Wなら2分、500Wなら2分30秒です。

ブロッコリーをレンジで加熱

レンジにかけたブロッコリー

こちらはレンジで加熱したものです。熱が入ったことで少ししなっとしています。また色も濃い緑色になっています。

レンジで加熱したブロッコリー

並べてみるとこんな感じです。左はレンジにかける前のブロッコリーで、右はレンジにかけた後のブロッコリーです。こちらも色やしなっとした感じがだいぶ違うのがわかるかと思います。

レンジで加熱する前のブロッコリーと加熱した後のブロッコリー

重さは95.6gです。重さは4.4%減って、当所の100.0gからは95.6%になっています。茹でた場合だと31.5%と増加しましたが、レンジの場合は逆に4.4減少してしまいました。

レンジで加熱した後のブロッコリーの重さは95.6g

ブロッコリーを蒸してみる

ブロッコリーを蒸す

次はブロッコリーを蒸してみます。まずは蒸す前のブロッコリーです。重さは100.8gです。

蒸す前のブロッコリーの重さは100.8g

蒸し器に水を入れ火にかけます。沸騰したら台の上にぶりっこリーを並べて置いていきます。

ブロッコリーを蒸す

あとは蓋をして弱めの中火で4分ほど蒸します。

蒸したブロッコリー

こちらは蒸したブロッコリーです。しっかりと蒸気を吸収して全体的にしっとりとしています。色も濃い緑色になっています。

蒸したブロッコリー

並べてみるとこんな感じです。左は蒸す前のブロッコリーで、右は蒸した後のブロッコリーです。表面がしなっとして色も濃い緑色になっているのがわかるかと思います。

蒸す前のブロッコリーと蒸したブロッコリー

ちなみに生のブロッコリーと茹でた後のブロッコリー、レンジにかけた後のブロッコリー、蒸した後のブロッコリーを並べるとこんな感じです。茹でたブロッコリーと蒸したブロッコリーが表面がだいぶしっとりしているのがわかるかと思います。

茹でたブロッコリーとレンジで加熱したブロッコリーと蒸したブロッコリー

重さは103.5gです。重さは2.6%増え、当所の100.8gからは102.6%になっています。

蒸した後のブロッコリーの重さは103.5g

茹でた場合で31.5%増加、レンジの場合は4.4減少でしたが、蒸した場合は2.6%とやや増加しました。

ブロッコリーを茹でる、レンジで加熱する、蒸した時の重さの変化

味や食感の違いは?

茹でたブロッコリーの味や食感は?

肝心の味や食感ですが、まずゆでた方は触感は大分柔らかくなっていて食べやすいのですが、味は薄まっていました。またやや水っぽかったです。

茹でる場合はどうしても水に浸けておくので、その分ブロッコリーの栄養成分なども一緒に抜け出しやすいせいか、味も薄くなるようです。

レンジで加熱したブロッコリーの味や食感は?

一方レンジにかけた方は味の方は茹でたものよりも大分ブロッコリーの味が濃厚でした。ただ水で茹でてない分、つぼみのシャキシャキ感が強く、食感に関しては柔らかくてしっとりとした茹でたものの方がよかったです。

蒸したブロッコリーの味や食感は?

最後に蒸したほうですが、こちらは茹でたものよりも味は濃厚でした。ただレンジで加熱したものよりはやや薄めでした。しかしながらつぼみの方はしっかりと柔らかくなっていて、食感は茹でたものとそれほど変わりませんでした。

それぞれの味や食感の変化をまとめるとこんな感じです。

各加熱調理でのブロッコリーの味や食感の違い

ちなみに今回の検証についてはこちらの動画でも取り上げているので、よかったら合わせて参考にしてみてください。

まとめ

今回はブロッコリーを茹でる方法とレンジにかける方法、蒸す方法のどれがいいのかを検証してみました。検証結果は味に関してはレンジで加熱した方がブロッコリーの味が濃厚でした。ただつぼみのパサパサした食感は結構気になります。

茹でたものは逆に食感はしっかり柔らかくなっていてよかったのですが、味は薄くて水っぽさもありました。

どちらも一長一短があったのですが、蒸したほうに関しては、味はレンジで加熱したものには少し劣りますが、それでも比較的ブロッコリーの味はしっかりあり、またつぼみも十分に蒸気を吸っていてしっかりと柔らかくなっていました。

食感と味と総合的に見たら蒸したものが最もよかったです。なので個人的にはブロッコリーの加熱調理では蒸す方法をおすすめします。

最終更新日 2022/10/18

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の食材の加熱調理の疑問


オクラは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら意外な結果に!
オクラは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら意外な結果に!
かぼちゃは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
かぼちゃは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
ゴーヤは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
ゴーヤは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
じゃがいもを蒸す、ふかすなら皮付き、皮むきどっちが正解か検証してみた!
じゃがいもを蒸す、ふかすなら皮付き、皮むきどっちが正解か検証してみた!
じゃがいもを茹でるなら皮付き、皮むきどっちが正解か検証してみた!
じゃがいもを茹でるなら皮付き、皮むきどっちが正解か検証してみた!
じゃがいもはレンジ、茹でる、蒸すでどれが正解なの?検証してみたら驚きの結果に!
じゃがいもはレンジ、茹でる、蒸すでどれが正解なの?検証してみたら驚きの結果に!
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
とうもろこしは買ってすぐ茹でて保存しないと味が落ちるって本当?検証してみたら驚きの結果に!
とうもろこしは買ってすぐ茹でて保存しないと味が落ちるって本当?検証してみたら驚きの結果に!
にんじんは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
にんじんは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
ピーマンは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
ピーマンは茹でるのとレンジでどっちが正解?検証してみたら驚きの結果に!
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved