生活知恵袋
HOME > 食材の疑問 > キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!

キャベツの芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めると本当に鮮度が長持ちするのかを検証してみた!

キャベツの芯をくりぬいて濡れたキッチンペーパーを詰める

はじめに

キャベツの保存方法でよく聞くのが芯の部分をくりぬいてそこに水を含ませたキッチンペーパーを詰めておくというものです。こうすれば鮮度を保ったまま長持ちさせることができるといいますが、実際本当に効果があるのでしょうか。気になったので実際に試してみてその効果を検証してみることにします。

濡らしたキッチンペーパーを使った保存の仕方を解説

まずは濡らしたキッチンペーパーを使ったキャベツの保存の仕方を詳しく見ていきます。キャベツの芯の部分を切り抜きます。

キャベツの芯をくりぬく

この際包丁よりも小さなぺてぃーナイフなどがあると便利です。

下村工業 ネオヴェルダン ペティナイフ 125mm NVD-04
下村工業

amazonで購入 楽天市場で購入

次にキッチンペーパーを芯に詰まるように形を整え、水で濡らします。これを切り抜いた部分に詰めます。

濡らしたキッチンペーパーを詰める

上から包む新聞紙が濡れないように、キッチンペーパーの上にラップをかぶせます。

上からラップをかぶせる

あとは新聞紙で包んでからポリ袋に入れ、軽く口をしめて冷蔵庫の野菜室で保存します。

キャベツを新聞紙で包んでポリ袋に入れる

何もせずに保存するキャベツと比較して効果を検証

1日目のそのまま保存するキャベツ

今回はキッチンペーパーを詰める方法だけでなく、新聞紙とポリ袋に入れて保存する方法も試します。これを何もしないで保存する方法と比較して保存方法の効果を検証していきます。

まずは何もせずに野菜室で保存するキャベツの初日の状態です。葉は葉先までしっかりとハリがありみずみずしいです。

初日のそのまま保存するキャベツ

芯は白くて特に変色は見られません。

初日のそのまま保存するキャベツの芯

重さは637.2gです。

初日のそのまま保存するキャベツの重さは637.2g

1日目の新聞紙とポリ袋で保存するキャベツ

つぎは新聞紙に包んでポリ袋に入れ、保存するキャベツです。こちらも葉先もピンとしていて、みずみずしくて新鮮です。

初日の新聞紙とポリ袋で保存するキャベツ

芯も白くて変色は見られません。

初日の新聞紙とポリ袋で保存するキャベツの芯

重さは1073.2gです。

初日の新聞紙とポリ袋で保存するキャベツの重さは1073.2g

1日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存するキャベツ

こちらは濡らしたキッチンペーパーを詰めて、新聞紙で包んでポリ袋に入れ保存するほうのキャベツです。こちらもみずみずしくて葉先もピンとしています。

初日の芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存するキャベツ

断面は白くて特に変色は見られません。

初日の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存するキャベツの芯

重さは1076.5gです。

初日の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存するキャベツの重さは1076.5g

保存したキャベツの3日目の変化

3日目のそのまま保存したキャベツ

何もせずにそのまま野菜室で保存したキャベツは、3日目にはやや葉がしなびれてきています。

3日目のそのまま保存したキャベツ

断面も少し変色してきました。

3日目のそのまま保存したキャベツの芯

重さは619.3gで、初日の637.2gからは2.9%減少しています。

3日目のそのまま保存したキャベツの重さは619.3g

3日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツ

つぎは3日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツです。葉は若干しなびれた感じがします。

3日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツ

断面は若干変色してきました。

3日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツの芯

重さは1067.6gで、初日の1073.2gからは0.6%減少しています。

3日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツの重さは1067.6g

3日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツ

こちらは濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツです。こちらも葉先までピンとしていてみずみずしいです。

3日目の芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツ

断面は若干の変色が見られます。

3日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツの芯

重さは1081.3gで、初日の1076.5gからは逆に0.4%増えています。保存している間に重さが増えたのはこの方法だけです。

3日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツの重さは1081.3g

しっかりと水分を吸収していることがわかります。その証拠に濡らしていたキッチンペーパーは以下の画像のように乾いていました。

乾いたキッチンペーパー

なので再び濡らしてからキャベツの芯に詰めました。キッチンペーパーは乾いてくるので、2〜3日に1回ぐらい濡らしてやるといいです。

保存したキャベツの1週間目の変化

1週間目のそのまま保存したキャベツ

何もせずにそのまま野菜室で保存したキャベツは、 1週間ともなると外葉はかなりしなびれてきました。

1週間目のそのまま保存したキャベツ

芯の周りの黒ずみも少し増えている感じがします。

1週間目のそのまま保存したキャベツの芯

水分が蒸発し重さもさらに減少しています。重さは600.7gで、初日の637.2gからは5.8%減少しています。ただ思ったほど減少はしませんでした。キャベツは葉が何重にも折り重なっているので、外側に近い葉こそしなびれていますが、中はそれほど水分が抜けていないのかもしれません。

1週間目のそのまま保存したキャベツの重さは600.7g

1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツ

つぎは1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツです。外葉はややしおれが出てきたかなという印象ですが、そこまでハリやみずみずしさも失われていません。

1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツ

芯はやや変色が進んだかなという印象ですが、周囲はまだ黒ずんではいません。

1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツの芯

重さは1059.1gで、初日の1073.2gからは1.4%減少しています。

1週間目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツの重さは1059.1g

1週間目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツ

こちらは濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツです。こちらは葉先までまだみずみずしいままです。

1週間目の芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツ

ただくりぬいた芯の切り口は茶色く変色してきました。ちなみに変色については色素成分のポリフェノールが酸素に触れることでおきるもので、食べても特には問題ないそうです。

1週間目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツの芯

重さは1080.9gで、初日の1076.5gからは0.4%増えています。

1週間目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツの重さは1080.9g




保存したキャベツの9日目の変化

9日目のそのまま保存したキャベツ

何もせずにそのまま野菜室で保存したキャベツは、 9日目にもなると外葉のしなびれた感じも増してきています。

9日目のそのまま保存したキャベツ

ただ外葉を1,2枚はぐと、比較的奇麗でみずみずしい葉が出てきます。キャベツは何層にも折り重なっているので、比較的中の水分は抜けにくい形状なのでしょう。

9日目のそのまま保存したキャベツの外葉を剥いだもの

9日目のキャベツを半分にカットした断面を見ると、まだ比較的奇麗でみずみずしさを保っています。

9日目のそのまま保存したキャベツの断面

芯の周囲の黒ずみもさらに増しています。

9日目のそのまま保存したキャベツの芯

重さは593.7gで、初日の637.2gからは6.9%減少しています。

9日目のそのまま保存したキャベツの重さは593.7g

経過日数重さ(増減率)
初日のそのままのキャベツ637.2g
3日目のそのままのキャベツ619.3g(-2.9%)
1週間目のそのままのキャベツ600.7g(-5.8%)
9日目のそのままのキャベツ593.7g(-6.9%)

9日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツ

つぎは9日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツです。外葉もしなびれてきた感じが多少はありますが、そこまで大きな変化はありません。

9日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツ

芯もそこまで大きな変化はありません。

9日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツの芯

重さは1056.4gで、初日の1073.2gからは1.6%減少しています。

9日目の新聞紙とポリ袋で保存したキャベツの重さは1056.4g

経過日数重さ(増減率)
初日の新聞紙とポリ袋に入れたキャベツ1056.4g
3日目の新聞紙とポリ袋に入れたキャベツ1067.6g(-0.6%)
1週間目の新聞紙とポリ袋に入れたキャベツ1059.1g(-1.4%)
9日目の新聞紙とポリ袋に入れたキャベツ1056.4g(-1.6%)

9日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツ

こちらは濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツです。こちらも見た目にもほとんど変化は見られません。また新聞紙で包んだものよりも若干葉にみずみずしさがあるように見えます。

9日目の芯に濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツ

ただくりぬいた真の部分はかなり茶色の変色してきました。

9日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツの芯

重さは1080.4gで、初日の1076.5gからは0.3%増です。9日たっても初日よりも重さがあるのは驚きです。

9日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めて保存したキャベツの重さは1080.4g

経過日数重さ(増減率)
初日の濡らしたキッチンペーパーを詰めたキャベツ1080.4g
3日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めたキャベツ1081.3g(+0.4%)
1週間目の濡らしたキッチンペーパーを詰めたキャベツ1080.9g(+0.4%)
9日目の濡らしたキッチンペーパーを詰めたキャベツ1080.4g(+0.3%)

ちなみに今回の検証については以下の動画でも取り上げているので、併せて参考にしてみてください。

キャベツの冷凍保存の仕方

ちなみにキャベツは冷凍保存しておくことでも長期保存が可能です。千切りにしたり、ざく切りにして塩もみしてから冷凍保存もできます。またキャベツの葉をそのまま1枚茹でてから冷凍保存することもできます。

冷凍保存は1か月ほど可能です。くわしくはキャベツの冷凍保存と解凍方法、レンジや自然解凍の仕方で解説しています。

まとめ

今回は芯をくりぬき、そこに濡らしたキッチンペーパーを詰めてから新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存する方法が、本当に効果があるのかどうかを検証していきました。キャベツは何もせずに保存しても、水分が抜けにくい構造なのか、外葉こそしなびれてきますが、中の葉は比較的鮮度を保っています。

新聞紙とポリ袋に入れるだけでも外葉の葉はそれなりにみずみずしさをキープできますが、若干鮮度は落ちてきます。一方で濡らしたキッチンペーパーを詰めたキャベツは、9日たっても外葉までみずみずしいままです。やはり言われている通り、鮮度をキープする効果が高いということがわかりました。

ただ切り口部分は食べても問題はありませんが変色してくるので、その点が気になる場合は芯はくりぬかず、新聞紙で包んでポリ袋に入れる方法にとどめておくといいでしょう。

公開日 2020/10/10

この記事が気に入ったらフォローをお願いします。

最新情報をお届けします。

 

この記事を書いた人

kain

kain

生活知恵袋管理人のkainです。2002年より当サイトを運営。野菜を中心に食品に関する見分け方や保存方法などを、実際の検証とともに解説した記事を多数執筆。光熱費や水道代の節約、衣服や住まい、掃除に関する豆知識も紹介。

>> 詳しくはこちら

  



その他の野菜の食材の疑問


ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ゴーヤ(苦瓜)はワタと種をくりぬいて保存した方が本当に効果があるのかを検証してみた!
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
ごぼうは土付きと洗ってあるもので長持ちするのはどちらかを検証してみた
里芋の切り口の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
里芋の切り口の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
赤い斑点の出た里芋が食べれるのかを実際に食べて検証してみた!
緑がかったじゃがいもって食べられるの?
緑がかったじゃがいもって食べられるの?
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
芯が太いにんじんは本当に味が落ちるのかを検証してみたら意外な結果に!
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
お店で売ってるようなトロ〜とした温泉卵を作りたい、温泉卵の作り方を徹底検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
あめ色たまねぎを短時間で作るにはどの方法がおすすめなのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
とうもろこしはレンジと茹でるほうでどちらがおいしいのかを検証してみた
レタスの芯の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
レタスの芯の色、それ何日目?実際に観察してみた、見分け方の参考に!
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯の切り口に小麦粉をつけて保存したらほんとに長持ちするの?その保存効果を検証してみた
レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた レタスの芯につまようじを刺して保存すると本当に長持ちするのか検証してみた
食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
珍しい野菜、果物の特徴や使い方を解説
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved