HOMEへ
食材辞典
料理のいろは
肉料理
ご飯料理
魚料理
野菜料理
海草・貝料理
卵料理
きのこ料理
サイトマップ
HOME > 食材の見分け方・選び方 > カリフラワーの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!

カリフラワーの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!




カリフラワーの画像


はじめに


カリフラワーはキャベツの仲間で、ブロッコリーの突然変種により誕生しました。日本に入ってきたのは明治初期で、本格的に普及しだしたのは戦後に入ってからです。 カリフラワーは夏野菜の代表的なもので、水分が約95%と非常に多く、水分が抜けると味や食感が極端に落ちます。このため鮮度のいいものをなるべく早く食べるようにしたいものです。

ここではまずはカリフラワーの旬や含まれる栄養素、カリフラワーの種類について取り上げ、続いて目で見て確認するカリフラワーの見分け方と、触ってみて確認するカリフラワーの見分け方・選び方について解説していきます。






カリフラワーを旬で選ぶ


カリフラワーの旬

カリフラワーは年間を通じて出回っていますが、冷涼な気候があうので、旬は11月から3月です。おもな産地は徳島、茨城、長野、愛知、熊本で、夏場は冷涼な気候の長野産が多く出回ります。



カリフラワーの色や形、見た目での見分け方・選び方


つぼみが盛り上がっているもの

味がいいものは白いつぼみの部分がしっかりと締まっていて、こんもりと盛り上がっています。逆に鮮度が落ちてくるとつぼみの粒が開いてきます。

つぼみが締まって盛り上がっている


つぼみが白い

つぼみが白くて変色していないものを選びましょう。鮮度が落ちてくると茶色く変色してきます。

カリフラワーのつぼみが白い


つぼみに斑点が出ていないもの

白いつぼみ部分に斑点が出ているものは鮮度が落ちてきているので、斑点の出ていないものを選びましょう。


外葉が青々としている

白いつぼみ部分を覆う外葉が青々としているものがいいです。

カリフラワーの外葉が青々としている


外葉に張りがある

外葉にはりがあり、しっかりとつぼみを包んでいるものがいいです。鮮度が落ちるとしおれてきます。


切り口が白くてみずみずしいもの

カリフラワーの切り口が白くてみずみずしいものを選びます。鮮度が落ちてくると茶色く変色してきます。

カリフラワーの切り口が白くてみずみずしい



カリフラワーの重さや触感での見分け方・選び方


重量感のあるもの

手に取ってみてしっかりと重みを感じるもの、重量感があるものが水分が多く含まれていて鮮度がいいです。





カリフラワーの重さはどのくらい?

ではカリフラワーの重さはどのくらいなのでしょうか。実際計ってみることにしました。検証したのは縦10.5cm、横11cmのサイズのものです。

カリフラワー1株、1個の大きさ

このサイズでの重さは564.9gでした。さらにカリフラワーの重さは1株、1個、1房で何グラム、大きさやカロリーは?では様々なサイズのカリフラワーの重さや小分けにしたカリフラワーのつぼみ一房の重さなども検証しています。

カリフラワー1株の重さは564.9g



カットしたカリフラワーの見分け方・選び方


断面が均一に白い

カットして売られているカリフラワーは、断面が均等に白いものがいいです。鮮度が落ちてくると茶色く変色してきます。


斑点が出ていない

鮮度が落ちてくると黒い斑点が出てくるので、断面に斑点の出ていないものが良品です。



カリフラワーの種類での見分け方・選び方


色や形の違う様々な品種がある

カリフラワーは花蕾(からい・小さなつぼみが集まったもの)の部分が白からクリーム色のものが一般的です。最近だとオレンジや紫色をした品種も出てきています。また黄緑色で先のとがった花蕾をもつロマネスコと呼ばれる品種もよく見かけるようになりました。

種類見た目特徴
一般型花蕾は白またはクリーム色果皮は固く、果肉も粘質で煮物などに向いています。
オレンジブーケ花蕾がオレンジ色茹でると色はさらに濃くなります。β-カロテンを多く含む品種です。通常のカリフラワーよりも甘みはあります。
パープルフラワー花蕾が紫色茹でるとより鮮やかになる。
ロマネスコ花蕾が緑色でつぼみの一つ一つがピラミッド状にとがっているイタリア伝統品種。うずまき、さんごしょうといった別名も。
カリフローレ花蕾が小型で白色1本1本が小型でスティック状の品種


カリフローレ

下の画像はカリフローレです。こちらはトキタ種苗が開発した品種で、登録商標にもなっています。カリフローレはつぼみ部分の割合が多い通常のカリフラワーと違い、花梗(花の下の軸の部分)の割合が多くなっています。この見た目からスティックカリフラワーともよばれています。

カリフローレ





カリフラワーが傷んだり腐ってくるとどうなる?

カリフラワーは傷んでくると黒い斑点などが出てきます。一部分ならその箇所だけカットすれば食べられます。全体的に広がるともう食べられません。また異臭やぬめりなどが出てきた場合も傷んでいるので食べないほうがいいです。



カリフラワーの保存方法


冷蔵庫で保存

せっかくおいしく鮮度のいいカリフラワーを買ってきても、しっかりと保存できていなければすぐに傷んでしまいます。またカリフラワーをたくさん買ってきた場合などは長期保存できる方法を知っていると便利です。そこでカリフラワーの保存方法についても紹介します。

カリフラワーはつぼみ部分をキッチンペーパーで包み、全体をラップしてポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。これで1週間は保存できます。

カリフラワーをポリ袋に入れて冷蔵庫で保存


冷凍して保存

長期保存したい場合はゆでてから冷凍保存しておくといいです。その場合は1ヵ月ほど保存できます。詳しくはカリフラワーの保存方法と保存期間、長持ちのコツで解説しています。

茹でたカリフラワーを保存袋に入れて冷凍保存



カリフラワーの見分け方・選び方まとめ


まずは見た目のチェックです。白いつぼみの部分がしっかりと詰まっていてこんもりと盛り上がっているもの、色は白で黒い斑点などのないものがいいです。外葉は青々として張りのあるものがいいです。切り口は白くてみずみずしいものがいいです。

次に実際に手にとって確認です。手に取ってみてしっかりと重量感のあるものがいいです。カットしたものは断面が白くて斑点などがないものがいいです。

カリフラワーのチェックの流れ
  • 色や見た目での見分け方
    • つぼみが締まって盛り上がっている
    • つぼみが白くて斑点がない
    • 外葉は青々として張りがある
    • 切り口が白くてみずみずしい
  • 手に取ってみる見分け方
    • 持ってみて重量感がある
  • カットしたかぼちゃの見分け方
    • 断面が白くて斑点などがない




※参考書籍
からだにおいしい野菜の便利帳
もっとからだにおいしい野菜の便利帳
新・野菜の便利帳
野菜のソムリエ
野菜の基礎知識
材料の下ごしらえ百科




最終更新日 2019/12/03



その他の野菜の見分け方・選び方


おいしいオクラの見分け方・選び方
おいしいオクラの見分け方・選び方
おいしいかぼちゃの見分け方・選び方
おいしいかぼちゃの見分け方・選び方
きゅうりの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!
きゅうりの見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!
ゴーヤ(にがうり)の見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!
ゴーヤ(にがうり)の見分け方・選び方、おいしさと鮮度を見分けるコツを紹介!
おいしいさやいんげんの見分け方・選び方
おいしいさやいんげんの見分け方・選び方
おいしいとうもろこしの見分け方・選び方
おいしいとうもろこしの見分け方・選び方
おいしいトマトの見分け方・選び方
おいしいトマトの見分け方・選び方
おいしいミニトマトの見分け方・選び方
おいしいミニトマトの見分け方・選び方
おいしいなすの見分け方・選び方
おいしいなすの見分け方・選び方
おいしいパプリカの見分け方・選び方
おいしいパプリカの見分け方・選び方
おいしいピーマンの見分け方・選び方
おいしいピーマンの見分け方・選び方
おいしいもやしの見分け方・選び方 おいしいもやしの見分け方・選び方


その他の食品群の見分け方・選び方




















食材の見分け方と保存法
食品の重さをチェック
食品の数え方・単位の大百科
いろはに香辛料
調味料の役割








Copyright(C)2002 kain All Rights  Reserved